2013年 06月 11日 ( 2 )

b0067547_1810324.jpgフィリップ・ジャンティ 「動かぬ旅人」
やはりどうしても見たくて大阪まで足を伸ばす。日帰り。
森ノ宮ホールは始めてだが昭和色つよい。リッツ(映画館)を彷彿とさせる。

フィリップ・ジャンティの舞台ではこれまでに何作か見たけれど、見るたびに 布やビニールなどの素材やあの人形たちがが、どうしてあんな動きをみせるのか、目が奪われ感動してしまう。
ファンタジーだとかシュールだとか言う言葉すら、陳腐で追いつかないほど。
見ている間中、紙が!布が!!小さい人形が!!!とぶるぶるしてしまった。
私はあまりファンタジーとかロマンチックなものに興味がわかないのだけれど、フィリップ・ジャンティのあの世界はユーモアにあふれていてちょっと不気味なところが好きだと思う。

今回は広島まで来てくれなかったので残念。
[PR]
by orebic5_kyon | 2013-06-11 18:07 | アート
5/29 wed. 2013
カエターノ・ヴェローゾのバックメンバーとしても活躍するヴィニシウス・カントゥアリアとダヂの2人と、ジェシー・ハリスを加えた3人でのスペシャルユニット。
ブラジル音楽には詳しくないので、もちろん私は知らなかったけれど、この3人が一緒にプレイするというのは(しかも広島で)かなり奇跡のステージだそうで、それは行かねばと思い 仕事終わりに新幹線でビューンと駆けつける。
いつものジェシー単独よりは少し人が多かったか・・・?
3人が代わるがわるに演奏したり歌ったり。
アンコールにはサービス的に?don’t know why などあったけど、ジェシー・ハリスのライブというよりはやはりブラジル色が濃くボサノバなども混じり気持ちがよかった。こういうライブもいいなと思う。
しかしジェシには毎度、あの集客で広島まで来てくれるというのに感激す。同時にもったいないなぁと強くおもふ。

会場物販にジェシの新譜あり。日本版が前回と同じく絵本仕立てにしてあり可愛かったので、日本版CDを購入。
[PR]
by orebic5_kyon | 2013-06-11 12:44 | 音楽