テレビ画面の映像が揺れるのがとても気になる・・・。
ドラマなんかでは、動揺とかショッキングな出来事とか 心の揺れをそういう表現法として使われているように思うが、去年くらいからなんだかひどく多様されてて気になっている。
この頃ではCMやNHKの朝ドラにまで・・・。
昔からあったかなぁ。
気にしてなかったたけなのか?
酔ったりする訳じゃないんだけど、気になり出したらもう、色んな場面で画面が揺れてる気がして仕方なし。
こないだは スポーツニュース的な映像にすら揺れるっ!と思ってしまった(単なる手ブレ)。
そういえば、衛星でだか録画の精度だかなんだか解らないけど、ニュース映像がモヤッとずれるのも 妙に気になってしまう。
単なる好みなんだろか?
普通さほど気にしないもんなんだろうかー。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2012-01-10 14:30 | ひとりごと
Ben Kweller の来日が決定した模様。
しかも今回はバンドセットということなので期待高まります。
2月7日にはニューアルバムもリリース。
前作は、ど・カントリーで個人的にはちと好みでなかったのですが新譜はどうなんでしょうか。

来日は東名阪の3都市。
何らかの抱き合わせでフジにも来るんでは・・・とゆー予感もありますが、ライブは単独で見たいところ。

2月末の来日なので、もう来月の話なんだなー。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2012-01-09 15:44 | 音楽
外れたコートのボタンを付けようと、探している間に電車に乗り遅れた・・・。
どこに置いたんだろう。
忘れないように、ちゃんとここに置いとこう、と思っていた場所を忘れた。

広島まで行くには電車に乗らねばならない。
これまで自転車と歩きでほぼまかなえるエリアに住んでいたし、ちょっと出ればバスも次々来るしで 時刻表を注視する生活を忘れていた。
というのは言い訳ですが。
ごどもの時から元々、いつも時刻表ギリギリの人間でしたわ。
何十分も遅れるというほどルーズではないが(多分)、大抵いつもあと2~3分っっ!てところで間に合わない・・・。
10分前行動を推奨する父には、ごどもの頃から散々注意されていたのに、なかなか直らないものである。

とはいえ、三原で電車に乗り遅れるというのは致命的である。
1時間に1~2本しか来ないのである。
しばらく訓練だと思って、10分前行動を鍛えてみることにする。


それにしても、電車での移動時間というのは退屈なものであるが、私は結構この時間が好きである。
これから、ボタンがひとつ外れたコートで広島に向かう。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2012-01-06 13:28 | 日々
夕方 外を歩いていると、クリスマスケーキが入っているとおぼしきクーラーケースを下げたおじさんとすれちがう。

大人になると どこそこのケーキがいいとか美味しいのでないと、とか段々うるさくなってきて 自分ではあまり量販店系のケーキは買わなくなった。

この手の季節もの(ウナギやケーキなど)は今まで得意先の付き合いで勧められる事が多くて、なんだかな・・・的に思っていたが、おみやげを手に家に向かう そのおじさんを見て、愛らしいのう、と思ったのであった。


最近、包丁を新調。
今までのだって、そんなに悪いものではなかったはずだが、長年の酷使とお手入れ無精で すっかり切れなくなっていたようだ。
新しい包丁は、ほんとうによく切れる!!お肉やネギを切った時など感動的で、これまでのあやつはペーパーナイフだったのだろうか・・・と思うほどだ。
今までよくあんな包丁で料理してたな、と我ながら思う。
今度はマメにお手入れをすることにします。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-12-23 21:38 | ひとりごと
昨日は偽妹宅にて友人数人とシュトーレンの会。
各々がシュトーレンを持ちよって、切り分けて食べくらべるのだ。
友人たちはもれなく皆、食に対してかなり探求心が深いひとばかりなので、おかげでここ数年は何かしら色んなお店(や手作り)のシュトーレンのご相伴に預かっている。
今年は私はBRIO101というベーカリーのものを持参する。

持ちよりの美味しいおつまみやシチューなどを食べてにぎにぎしく会は進行。
私はその日は終電に乗らねば、だったので、断腸の思いで 会をあとにする(涙)
連泊予定にしとけばよかったなぁ。
会の途中で帰るのほど、つまんないものはない。

久しぶりに買った広島銘菓 川通り餅と昨日のシュトーレンで、数日はおやつが楽しくなりそう。

2日いる間に、偶然ばったりびっくり!の嬉しい再会が少なくとも3人はあり、さすがの地元であった。
b0067547_12392440.jpg

[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-12-15 12:16 | 日々
広島には月に1~3回程度、遊びに戻っている。
友だちはほとんど広島にいるし、住んでいる三原には落ち着けるコーヒーショップすらない(もちろんお店もない)ので、誰とも会わない+声すら発しない日々が続くとつまらなくなる。

昨夜は広島でごはんを食べ、偽妹Mの家に泊まる。
お風呂で使ったボディソープがとてもいい香りなので、
「あのイソップのボディソープすごくいいにおいするね!!」と言うと、
「きょうこちゃん、あれリンスよ・・・」と言われる。
ごきげんで顔とか洗ったわよ・・・。

泡立たんし!とかシャンプーの横にあったらふつう解らんか?とか言われる。
Mはリンス使わんと思っていたし、舶来もんのクリームクレンザーで泡立たたないのかと。
恥。
顔だいじょぶかしら。 もう一回洗い直したけど・・・。

今日は母とランチのつもりが急遽ダメになり、ひとりで映画みる。マネーボール。
三原には映画館が一軒もない。
それはちょっと、不満だなぁ。
映画を口実に、ちょこちょこ戻ってきたらいいや、と思っていたけれど 時間と交通費かけて頻繁に映画、は、なかなかちょっと。
こうやって 段々遠のいていくのかなぁ、自分の地元が。
それはちょっと淋しいな。

しかし住んでる所にも、お茶できるとこがあったらいいのに。
ショッピングセンターのフードコートとか好みじゃない喫茶店にはあまり行く気がしない。
外で気分転換できるのって、大事。
今いちばん気に入っているのは、図書館の自習室。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-12-14 15:01 | 日々
部屋が寒い。

携帯の予測変換で「へ」と入れたら「部屋が寒い」と出るくらい寒い。
出勤していて昼間に部屋を使ってなかったときは 光熱費はかかってなかったんだな~と、ケチンボな私は考える。そして暖房など一切使ってはならぬ、となぜか思う。
部屋からは海と山と川が見えるのが気に入っている。
朝起きてまず、窓の外を見るようになった。

この頃よく歩いている。
住んでいる所から歩いて川まで行く。川べりの遊歩道を歩いていくと、すぐ海に出る。海に流れ出る間際の河口なので、川幅がとても広い。 海は港のそばのため 浜ではないけれど、遊歩道が続いているので、ついでに海沿いも歩く。
毎日見ていると、海の色が違うのがわかる。
今まで人の「海が見たい」感覚が解らなかったのだけど、ここにきてやっと 海を見るのもいいもんだなーと思いはじめた。
日によっては釣り人がいる時もあるので、釣れている魚をのぞいたりしている。今はサヨリとママカリの小魚(名前解らん)が釣れているみたい。
平日の昼間に時間をかけて散歩・・・なんてまさに無職!な感じですが、まぁ仕方ない。

山もかなり近いので、JRに乗った時の山の中を走る景色はとても好きだ。
今日も山がオレンジや黄色でもりもりとしている。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-12-08 13:44 | 日々
ひさしぶりに近況など。
わりに長く勤めていた会社を夏に辞め、秋から三原に移り住んで3か月たちました。

ここ1~2年はネットとの付き合いがあまり自分には添わなくなっていて、Twitterなども活用出来るほど自分には合ってないみたいで、何となく遠のいている。
PC手放して会社のPC環境もなくなり、なのでスマートフォンにしてみた。ちょっとした調べものをするのには手軽で良い。
携帯電話の画面を長く見てるのが好きでないので(目がまわる)こうやって何か書いたり見たりはますます遠まきに・・・。アプリも謎なので ゼロ。スマートフォン活用してないです。

住んでいる三原のこと。
広島と岡山の中間あたりか。広島から鈍行で1時間15分。
今は近所を研究中。近くにどんな建物があるかとか、この道はどこどこにつながっているとか。 地元の知人ゼロなので、自分で掘り下げていかねばなりません。
この感覚、新しい土地に住み始める感覚は懐かしく、嫌いではない。

今は一丁前に主婦ちゅうやつをやっているけれど、失業保険が終わるまでに何か仕事をみつけたいところ。家の中にいることは好きなので、このままでは誰にも会わない+良いところ何も知らない毎日になってしまいそう。
身の回りも片付いてきたのでまずは日記でも、と思い。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-12-04 13:53 | ひとりごと
今年はもう早速しもやけができた。

昨日 バスに乗って仏通寺へ行ってみる。
芸陽バスにも初めて乗った。
本郷あたりのものすごい田舎道を、結構なスピードで走って行くので少々恐ろしかった。
山の木がオレンジや黄色に紅葉していて、それを眺めるのがとても楽しい。
仏通寺はもみじで有名なところで、期待していたのだけど、着いてみるともうかなり枯れ始めていた。
やっぱり先週来ておけば良かったなぁと思いながら、本堂や達磨堂 さらに山の上のお堂などを散策する。
すっかり見終わって もみじも拾って お弁当を食べても、バスまでまだ1時間以上ある。あてもなく文化財の標識など読んでいると、おばあさんに話しかけられる。お互い時間をもて余してますね、ということでおしゃべりなど。
そのおばあさんは80間近にしてかなり楽しいひとで、家族の話から 今まで旅した色んな土地、最近の地元ニュースから朝ドラや タコの調理法まで多岐にわたって一時間。
面白かった。
時間ができるとこうやってひとりでどこでも出掛けちゃうのよー、と言って(実際、外国にも行ってる)話しているのがなんともチャーミングで、結局バスに乗っても話は尽きず、2時間あまり・・・。
とっても楽しかった。
またどこかで会えるといいなと思う。
この頃は家にこもり自己完結~なことが多かったけれど、思うままに外に出てみれば、こうやって新しい事もあるなと。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-12-01 15:10 | ひとりごと
今日は久しぶりの晴れ間だが、ここ最近の雨と夏めいた気候で、脳内フジロックがはじまっていた。
雨の中、野外で存分に開放感に浸りたい!
しかし今年は仕事の人員面と、月末にもろかぶりまくりで、絶対に行けない。。。

フジ熱高まるのとは逆に、サマソニ熱うすれ。
スクリーマデリカライブ再演!も、サマソニでかぁー・・・とか思ったりしてしまう。最初の大阪オンリー的な特別感も、SONICMANIAでかき消され。。。。むしろそっちのが楽しそうじゃし。
行くなら1日券でレッチリ・ジョンスペ・プライマルの日かなぁなど考え中。

そんなこんなで、久しぶりにライブチェックしていたら、THE BLUETONESのライブインフォ。
ブルトン、解散するんじゃ。知らなかったよ。
土曜日だし、ちょっと見てみたいなと思った。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-06-21 17:45 | 音楽
デスキャブの新譜やっときた!
早く聴きたいので急いで家に帰った。
しびれる。
今日も早く帰って、聴く時間をぜひとも作りたい(できれば)。

Codes & Keys

Death Cab for Cutie / Atlantic / Wea



# # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # #

何だか忙しい日々をおくっている。
やらなきゃいけない事、やりたい事、沢山あるのだけど 1日が終わるのが早くてなかなか手が回らない。
決断力がないわりに、じっくり考えたい・・・のも原因のひとつか。
そして じっくり考えたいのにその時間が作れない。。。という、全く生産性のないパターンに陥っている。
大抵、じっくり考えても1ミリも進んでいないもんなので、チャッチャと進めていかねばなのだが。
そんなこんなでまだ、夏服も入れ替えれておらず。昨日やっと毛ものを仕舞う。うう。乱れた部屋いやだ。

いろいろ立ち行かずで焦る。一体どこで時間をロスしているんだろう。
なんとかテキパキできぬものか。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-06-07 17:45 | 日々

2月~4月は仕事や地震もそうですが、怒涛の毎日。
2月中旬は偽妹Mと、フランス・イギリスへ旅行。
3月頭に引っ越し。

前の部屋は居心地がよくて10年も住んでいました。街も住み慣れて気に入っていたので、おなじ圏内での引越しです。
もともと 『もの』が大好きで、加えて中途半端に収集する性質なので(コレクターではない)、10年間に集まった 『もの』を新しい部屋に詰め込むのがたいへんで、まだ毎日片付けています。

片付けの真っ最中がちょうど震災のニュースと重なり、「ものを持つこと」についてすごく考えました。
もし、自分が地震に遭遇していたら、大事だ大事だと思っているこれらの『もの』、レコードだとか器だとか色々あるが、何か持って逃げるかしら。そもそもその瞬間にそういう事を思いつくだろうか。そしてもし、これらのものが津波ですべて流されたとしたら、私はまた全く同じものを大事だからといって求め直すんだろうか。
集めて所有してるものって、強烈な思いこみの部分もあるような気もしました。

しかしとにかく、今流行りの断捨離とはかけ離れたものの多さで、格闘しています。要らないものを捨てるのも、物資不足の今、ちょっと気が引ける・・・のだけど、この間はとりあえず 雑誌&本を収まる数に縮小しまた。10年20年かけて集まったもので、もったいないなぁと思うのですが この5年開いてもいないようなものばかりで。お約束的に仕分け途中で何度も中を見て作業が頓挫してしまった。
昔に買った雑誌の情報は確かに古い・・・のだけどただ、とてもよく覚えている!のが判りました。
きっと何度もすみずみまで読んでたんだろうなぁ。
インプットしたかった時期に沢山のいい雑誌があって良かったなぁとつくづく思いました。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-04-15 18:25 | ひとりごと

大地震からひと月たちます。
地震があったときは仕事をしていて、会社にいる人たち皆がテレビで中継を見ていました。沢山のコンテナが波に流され、JRの駅らしき建物にぶつかり そしてすごい勢いで波が引いていくところをただ見ていました。
ほぼ同時刻でそういう事を見られること、また普通に仕事に戻っていくことに恐ろしさを感じました。
すぐに本社や東北にある支社に連絡を取り、本格的に大変なことになりそうだぞと思いながらも、その日は会社の送別会で 普通に皆で外に出て行きました。のん気に帰宅しテレビをつけると、町がまるまる燃えていたのでショックを受けました。

明けてからは会社が大変でした。私が勤めているのは食品の会社なので、各方面の仕事が殺到していました。今まで経験したことのない程の仕事量です。ひと月たって、やっとこなせるようになってきたところです。
私が受け持っているのは保存食にあたる部門なので、自分の今の頑張りがいつかどこかで被災地に通じる気がして、とにかくとにかく無心になって仕事をしています。けれどあまりの仕事量に、毎朝頑張るぞと決意してても心が折れる。被災地の人に比べたら、と都度自分を奮い立たせるけど、大変さが日常になってしまうと 色々な気持ちをすぐに忘れてしまってダメですね。とても情けないです。

会社は新年度になって、話題はやはり震災のことが多いですが 西日本が元気にならないと、日本全体は良くなっていかん!ということで明日からも頑張ります。
テレビでも頑張ろうばかりですが、仕事は元気にします。生活は普通に。
沢山の人が普通にご飯を食べて眠れて仕事をできるようになれるといいなと願っています。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-04-15 18:24 | ひとりごと
先日、所用があり家に帰る。
最寄のJR駅まで父が車で迎えに来てくれるというので、偽妹M(実家が近い)とともに車を待つ。
近くでパッシングしてくる車。
車は父のと同じようだが、中にいる人のシルエットが明らかに違う。。。
こわごわ近寄ってみると、ニット帽をキッチリとかぶった父がそこにいた。
父は生まれてこの方オシャレなどしたことのない性質であるので、帽子をかぶった姿など、今までもちろん見たことがない。何なんそれ?と思わず問う。
すると、首の後ろを暖めているのだという。
急激に首を冷やすと、血管に良くないので予防のためにしているのだそうだ。父方は脳梗塞など血管系の疾患が多いので、それを聞いて おぉ、それはぜひ暖めてくれ!!と思う。
しかし、父のニットキャップはオシャレとは程遠く、まるで漁村の漁師のような無骨さを持ち コロコロとした等身と相まって思わず「カワイー。。。」と思ってしまったのだった。
自分の父に対してカワイーと思うのも変な感じで、父に対しては「うける」とだけ言っておいた。

数日後、部屋にて偽妹Mと鍋を囲む。
髪がうるさいのでヘアターバンを装着す。
振り返った途端に爆笑のMであった。
父に似すぎの自分なのであった。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-01-31 18:01 | 日々
昨夜の韓国戦は面白かったです。
サッカーのルールも解らない素人なので、簡単に熱くなれます。
日本代表の岡崎選手が画面に映るたび、ステレオラブのジャケを思い出してしまいます。指差しとかされると、ぷって思います。

Refried Ectoplasm (Switched on 2)

Stereolab / Drag City



あぶく銭は、ぱっと使わないと新しく入って来ないと言いますが
私はそういう気前のいいお金の使い方がとてもヘタで、思わぬ臨時収入なんかがあってもチビチビ使ってしまい、いつの間にかしょーもないものに消えてる。。。という事がほとんどである。
お正月に母が、フレスタ(スーパー)のギフト券を何枚かくれた。発行日時2005年・・・・。いつか何かに使おうと 後生大事に温めていたようである。
親子よの。。。。
とふと思う。

その昔、祖母が亡くなったときに 荷物を整頓していたら、恐ろしく古い手形が出てきたことがある。確か十円札・百円札の世界で、当時は大金だったのだろうけれど 祖母もひっそりタンスで温めていたらしく、母が何故あの頃替えておかない?!(貨幣価値が今と違う)と嘆いていた記憶がある。
タンスの肥やし遺伝子か。。。?


スーパーの金券はちゃんと使えるのだろーか!?と不安になるが、スーパーで聞くとまだ使えるというので お米を買った。
また、米一揆が起こりそうな予感だったのでウキウキです。ありがたや。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-01-26 16:23 | 日々
たいてい年末近くになると、翌年のスケジュール帳は何にしよう?とぐるぐる同じことを考える。のであるが、今年のスケジュール帳は迷わなかった。というかまだ買ってない。
いつの頃からか、スケジュール帳は常に持ち歩くもの、になっているが 最近とんと予定を書き込むこともなく、会社の卓上カレンダーで事足りるという超ひまじんもしくは今日の予定は今日決めるみたいな突発的なことばかりなので必要ないかなと思い携帯するのをやめてみた。
やはり不便だなと思ったら買うことにする。

ここ数ヶ月、足踏みはしてるのに景色が変わらないというか、いつの間にか時だけが過ぎてる感覚でへんなかんじ。スケジュール帳だけでなく気付けば部屋のカレンダーもまだ12月のまま。。。
日々の速さに合わせ、気持ちをもっと立体的にしたいところ。


昨日は会社帰りに、最終日の坂野友紀+堀仁憲 二人展を見にLOUTOへ寄る。
堀さんのまるい急須をずっと狙っていて、欲しい欲しいともらしている。最終日にもかかわらず、そのまるい急須はかろうじて生き延び鎮座していた。あの急須がテーブルの上に乗っているところを想像したらもう、たまらんのですが、財政難につきあきらめる。こんなに欲しいのだから、きっといつか手に入る日はくるだろう。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-01-25 17:44 | ひとりごと
今年の風邪は長い。
12月の頭にひどいのを引いて、治りかけまた新しいのを引いて・・・を繰り返し、昨日あたりからまた新しい風邪の気配が。
気のゆるみ。。。
体力の衰え。。。
薬に頼らず自然治癒力を信じたいところだが、今の衰えっぷりにはさすがにケミカルを頼らざるを得まい。

私の周りでは風邪の引きかけには『リココデ』(小児用シロップ)を飲んで寝る、のが定番とされているが、これは他県ではあまり通用しないと聞く。
なので、昨日は映画 「ソーシャルネットワーク」を見に行くのをあきらめ、リココデ(もどき)をインして帰宅。


b0067547_1724589.jpg2月11日は レイチェル・ダッドが久しぶりの来広。
いいですねぇ!嬉しすぎる。
横川シネマにて
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-01-20 17:08 | 日々
今朝、ストーブをつけようとして髪が燃えた。ドリフかと思った。

起きぬけの、ボーとした頭でマッチをこするからこういう事になるのだった。
目の前がメラメラ~と燃え上がったが、人間とはこういうとき瞬時に事態を把握できないものですね。脳に到達するまで3秒(それでも長い)位はかかったかと。30秒ほどにも感じられましたが。
一瞬で目、覚める。

頭も熱かったので心配になったけれど、前髪を少しばかり焼失した程度で済んだ模様。でもさっき会社の子に結構燃えてるよ、と指摘されたのですが大丈夫でしょうか女性として。
年末にパーマをかけた時、お決まりの「家でも燃えたんか~」と言われたりもしましたが、こういうこと冗談で言っちゃいけないなと思ったのであります。


今年になって、もう20日も経とうとしております。
このごろは、インプットもアウトプットも億劫になってまして 本や雑誌を読んだり、お店に寄って色々見たりが面倒でいけない。そういう時は体も心も静かに過ごしたがってるのだろうけど、何をしてるのか解らないまま いつの間にか時間が経ってる。
うまい具合にセールもいつの間にか終わってるので助かったが。
今年はもっと時間を上手に使おう。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2011-01-19 16:25 | ひとりごと
先日、親しい友人と集まって飲み食い。
デジタル放送の話題。最近ではテレビ自体を持たない人もいるらしいと聞き、えー!じゃあドラマとか何も見ないのかね最近の子は?と問う。すると、最近はパソコンをテレビ代わりにする人も多いのだと聞く。私なんてこの間っ・・・と、『龍馬伝』の最終話が録画途中で見れなかったこと、他の番組もテープ残量切れ(VHS)で録画できなかったことなどなど鼻息荒く語る。ハードディスクちゅうもんがあったら、テープ残量とか気にせんでもええっちゅうことやんね!?と得意げに言ってみる。
すると、オンデマンドで見ればいいんじゃないの?
との答え。
最近はドラマなど見逃しても、テレビ局HPであとから見直したり、youtubeで見れたりするそうですな。。。。
ふーん。
でもパソコンが・・・・(ない)としつこくゴネていると、親切な友人がアイフォン(i-pod?)で検索して龍馬伝の最終話を見せてくれたのでした。
パソコン持ってないとか言っても、単なるものぐさなのですが。
来年こそは、地デジテレビかパソコンを導入せねばと改めて思った次第。


b0067547_1783464.jpg先週は映画『リトル・ランボーズ』見る。
劇中で出てくる廃工場が、日本では見られない建造物(TFC did I sayのジャケのような)で思わずときめきました。内容も夢があってほろりとさせる、とてもいい映画でした。
年々 映画を見る本数やCD・レコードの枚数も減っていってるのだけど、来年もいい映画や音楽に出会えるとよいなと思っています。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2010-12-29 17:13 | 日々
今週末までの映画 『ハーブ & ドロシー アートの森の小さな巨人』を見に行く。

ヴォーゲル夫妻は現代アートのコレクターで、NYに住んでいる。彼らが40年近くかけて集めた膨大な量の作品を 美術館に寄贈するにあたり、彼らがどういう人物で、どんな経緯でアート作品を集めてきたか。 本人達とアーティスト、美術館キュレーターのインタビューを中心にしたドキュメンタリー。


よろよろとお互いを支えあうように歩く老夫婦。今でもNYのギャラリーを歩き回り、日々アートを楽しんでいるという。
なぜこんなに作品(4000点以上!)を集めたのか。それは、ただ 「好きだから」。
冒頭のそのインタビュー聞いただけで、私は涙がぶわーとあふれた!
彼ら自身がアーティスト(表現者)ではない、というのがいい。
貧しそう(に見える) なのもまたいい。
アート収集は 決して金持ちの道楽でも、作品価値を楽しむためでもない。純粋にただの「見る人」。彼らは心からそう思っているようだった。

このアートはどういうものですか?と聞いてみても、「好きだから」「いいでしょう?」と言う。
いいと思うから買っちゃう。

狭いアパートの部屋のなかで、飾られもしないで保管されている作品たち。コレクター癖というのは収集する行為自体に依存することもあるかもしれない。けれど、どこに何があって あの作者のどういう時代のシリーズの。。。。と楽しそうに話すのを見ると、彼らが作品ひとつひとつに愛情を持っているのがわかる。売ってお金にする意味もわからない。飾って愛でていなくても 「持っている」ということに意味がある。のだな、と私は思う。

作品に関する知識も半端なくある。
それは長年アーティストに関わっていたり作品をずっと見続けていることで得た経験だった。夫婦がお互いの美術に向き合い方を尊敬し合っているようす、それが美しいと思った。
[PR]
# by orebic5_kyon | 2010-12-17 17:34 | 映画