<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フェス大好き人間のようだが、今年はsummer sonicにも行った。

体力(気力か)がないので、昼過ぎからゆっくり目で出掛ける。
おとな。
それにしても暑かった(こればっかり)

一番見たかったDeath Cab for Cutie は ただ見て聴けたらとにかくそれで大満足なので とても楽しめた。
新譜メインの構成だったのに、あの曲せんかった・・・のが悔やまれる・・・・・・。
聴きたい曲、まだあったなそう言えば。欲を言えば。
聴けたらいいとか言いながら。

フランツ・フェルディナンド、むしろこっちのが楽しみにしていたか。
期待に外れなく、とても面白かった。
本来、目をハートにして見るのが彼等の正しい見方なのだろうか?
昔フジで彼等を初めて見た衝撃が今も消えず、今回も多いに笑ったのであった。
イギリス俳優、ビル・ナイ的な印象なんだが・・・。
大まじめに芝居がかった感じに笑いがでます。
もちろん大好きです。
根本的に曲が好きです。

passion pit がよかった。
シガロスの世界観もすごかった。
電波受信的な印象。
α派に浸りすぎて、会場後方にて意識飛んでしまった・・・。

花火もたくさん上がって、なんか良かったなー。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-24 07:56 | 音楽
毎朝つかう駅の階段は、始め3段くらいの段差がまちまちなので、いつもガクガクっとなる。

脳というのは賢いので、階段を昇り降りするとき 体に次の動きの予測指令をするのだと何かで読んだ。
階段の最後の段をはかり間違うと、ヘンな感じがする、のはそのせいらしい。

今朝、ついに頭と体が その段差をインプットしたらしく、ガクンとならなかった!
脳が習慣を学習したらしい。ふしぎだ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-23 12:33 | ひとりごと
着ていく服を毎日選ぶ。

以前の職場は長くいたせいか、遊びに来てるのか仕事に来てるのか解らないようなヘンテコリンな服でも全く大丈夫であったが、さすがにまだそういう訳にもいくまい。

服は毎日着ていないと身に付かなくなる。どんなに気に入って買ったものでも着なくなったらいつの間にか似合わなくなったり居心地が悪くなったりするから。

新しい場所で、居心地の良い服のローテーションが決まるまでまだ少しかかりそう。
今日ワードローブを見たら、着てあげたい服が結構あった。最近あまり着てなかったものも多かったから、なるべく復活させてあげなくては・・・。

しかし今持っている服たちを活かしたい反面、外に出るようになるとまた新しいものが欲しくなったりして物欲全快でこまる。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-17 07:52 | ひとりごと
このジーンズもいい色に落ちてきたなぁウンウン、とひとりほくそえみつつ歩く。
ふと、鏡に映るシルエットを見て思うのは、こやって何年間もかけて色落ちさせてはみたものの、いまの時代と形が合ってない・・・ということだ。

雑誌を立ち読みしながらふと考える。
ていうか何年もかけて落とした色とおんなじような色のん、「今」売ってあるじゃん。
いい塩梅に色落ち(風味)にさせた、形良さげな一本が・・・。

いやいや自分で育ててこそジーンズでしょう!とか思わなくなったな。
シルエットが古くさければただのジーパン。かなしい。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-16 02:41 | ひとりごと
今年もフジロックに行った。
去年に引き続きキャンプであったが、
キャンプだと、その達成感の方が勝ってしまうような気がするのは私だけか。

キャンプは楽しい。
ものすごい量の荷物を運び込んだり 風呂の行列に2時間も待ったり 果てしなく遠いテントまで歩いたり、そういうのは比較的苦にはならない。
しかし下山し、ライブのことを思い返してみると、キャンプの印象の方が色濃く、見たステージの詳細が以前のように事細かく思い出せないような・・・(汗)。
3日+2日間ほぼ野外、はやはりサンデーキャンパーにとって非日常なのだなぁ。痛感。

加えて今年は珍しく3日間とも快晴。信じられない程暑かった。
必ずどこかで雨が降るものと思い 念入りに雨対策をしていたが無駄に終わる。
日照りと暑さで 少しくらい降ってくれとか自分勝手に思ってしまった。
楽しみにしていたtoe とジャック・ホワイトは苦行にすら感じてしまう。

メモ兼ねて記憶を強化。

今年のフジロックで最高に良かったもの
Gossip (サイコーサイコーサイコー!)
The Shins
エルビスコステロ


よかったもの
The Heartbreaks
twenty one pilots
The Stone Roses

全部は見れなかったけど、印象深かったもの
The Kooks
ocean colour scene
ALT-J
Justice

Stone Roses は今年の個人的目玉であった。が 絶え間なくずーーーっと聴き続けてるわけじゃないので、あの時聴いてたあの曲、みたいに感じてしまったのはちょっと無念か。。。けどコステロだって常時聴いてるわけじゃないのにとてもよかった。思い入れが強すぎるのだろうか?
見れたことはとても嬉しかった。
レニがいたことや、イアンとジョンとかイアンとマニとか接近するたびうししと思う、ファン心理なのであった。
Heartbreaks の初期衝動的きらめきがよかった。好きになる音とかの聴き始めって、こんな感じよーねー、とか思う。
Kooksはチラ見して移動・・と思ったが、始まった途端 見ずにいられないような求心力があった。同じくOcean。
ノエル リアムがそれぞれにオアシスの曲をやっていたのを聴いてほうほうと思う。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-15 18:08 | 音楽
長い充電期間が終了し、働き始めたところ。
7月に短期で行っていたバイト先はもくもく作業で一日終わるという蟹工船のような職場であった。
昔のおねえさま方にまじり我を消してのひと月。なかなかしびれるお仕事であった。

8月からは地味に事務員。
事務は、前にいた会社しか経験がなかったので不安もあったけれど、今のところ問題なく過ぎている。
短期契約なので 補佐的な仕事がメインではあるが、データを作ったり文書を作成したり。←こういうのが他所でサッと出来るかが心配だったので。思いのほか作業もできてホッとしている。

久しぶりの仕事感覚も新鮮で楽しい。何より、毎日着る服を考えて外に出れるのが嬉しい。

先月のバイトのときにも実感したのは、これまでの経験が 自分の想像以上に役に立っている!ということ。 仕事にも、ひと付き合いにも。
色んなことが 生きてくのにはプラスになってくもんだなーと感じる。
何にしても、ここまでこれたこと全てに感謝したいところ。



先月、貴重な休みで広島へ。今日一日で髪を切ったり要るもの諸々買い揃えたり 時間ないけどもし余ったらスークで久々お茶もしたいし忙しいわぁー、とひとり焦っていたら母から電話が。広島来てるならランチしょーやーとのこと。
・・・・・・
時間ないのに~!とか思ってしまった自分がかなしい。
以前は何かとチョコチョコ会っていたがそれが激減してしまい、母もやはり淋しいのだろうなと。ちょっとの時間、会ってお茶でも・・・というのはわずかでもとても大事な時間であった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-14 19:19 | 日々