<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プライマルスクリームの『Screamadelica』のリマスターリリースが話題になっている。ケヴィン・シールズ+アンディ・ウェザオール+メンバーによるリマスター。ぶるぶる。
コレクターズエディションはかなり豪華で、CD4枚組み(+Dixie Narco EPのリマスター+ライブCD+シングルのMixコレクション)ほか、スクリーマデリカのメイキングDVD(見たい!)、リマスターのアナログ2枚組、ブックレット付きのマンモスセットである。
スクリーマデリカ発売20周年盤。来年3月7日リリース予定。
むおおぅ。


昔なじみの兄たちが飲んでいる時、たまに顔を出す。大抵とりとめのない話ばかりしていて まぁ私はそれが大好きなのであるが、何ヶ月か前に「プライマルの曲の中で何がいちばん好きか」という話になった。聞いたところで誰も結論なんて求めていないのだが。

私は断然Don't Fight it~、これしかない。とか ワシはHigher than the sun!初めて聞いた時の衝撃ゆーたら・・・、とか いやいや意外とLoadedも捨てがたい。。。などなど 恐らくどーでもいい会話が繰り広げられる。そこで誰かが Come Togetherを後ろでかけたその瞬間、全員が「あー・・・・(come togetherあったね。。。)」 という空気になったので笑った。
スクリーマデリカは個人的にはいちばん回転したアルバム。20年経ってるのね。。。。

Screamadelica

Primal Scream / Creation



Collector's Edithion
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-11-26 18:42 | 音楽
ホットカーペットを導入。
えびす講になるとコタツを出すと昔から聞くので、今年は暖かい日が続くなぁと思っていたけれど 結局いつも通りということか。お城まわりの紅葉も始まっている。

先週末は、兄夫妻が不在だったため、両親+姪っ子2人の5人で山陰へ旅行。
ずっと行きたかった、出雲の出西窯と 松江フォーゲルパークへ。

こういうメンツの場合、大人たちで子供の面倒をみる、のが妥当なのであろうが、元来の面倒見の悪さをいかんなく発揮し どう考えても両親+長女(私)+妹2人の並びなのであった。
世のお母さんは私欲を抑えてエライなぁと痛感しますです。

出西窯は、想像していたよりもこぢんまりとしていたけど、車じゃないと行けないような場所でしたし、ゆっくり見れて行けて良かった。欲しかった鉢などを吟味して購入。
その足で神在月で沸く 出雲大社へもお参りする。引いたおみくじが、あまりに良くなかったので少々凹む。本殿はまだ改修中でしたが楽しめました。
お昼は定番の出雲そば、夜は食べきれないほどのご馳走を堪能。

フォーゲルパークは植物園と小鳥の楽園でした。前々からずぅっと行きたかったので、姪っ子そっちのけで楽しむ。
特に感動したのはフクロウの飛行ショーで、温室内を飛ぶフクロウを間近で見ることができるのですが、始まりますよーと言った瞬間に、フクロウが自分の頭スレスレに飛んできたので 感動のあまりワナワナして涙が出てしまった(笑)。
お客さんの真上を飛ぶように訓練されているのか、羽根が頭をかすれるくらい 至近距離を飛んでくるのです。翼を広げるとフクロウはかなり大きく、まるで顔めがけて来るように感じるので、かなりコーフンしました。
ショーのあとは、フクロウを腕に乗っける体験コーナーもあり。もちろんしましたよ。普段の私ならフーンくらいであまりこういう事には参加しないのですが、しますとも!!と鼻息も荒く。アドレナリン出まくり。姪っ子も乗せてましたが、姪っ子フレームアウトでフクロウ接写!!!とかしてたので父親にどけや!と怒られました。

植物の方は、ベゴニアの栽培をメインに。お花の直径が20cmほどもある大きなベゴニアでとっても見事だった。祖父が生前、栽培したがっていたお花だったそうで(当時そのベゴニアはあまり出回ってなかった)母も感慨深かったよう。

お花とか小鳥が! は子供たちにとっては何種類も必要ではないらしく、途中で飽きてましたが ムリいってハヤブサショーまで見てしまった。道中いちばん暴君なのは長女でしたな。
また行きたい。

b0067547_1813921.jpgb0067547_182577.jpgb0067547_1822443.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-11-19 18:10 |
昨日は仕事終わりに父に拾ってもらい、実家へ冬服を取りに行く。
今年も秋をすっ飛ばしていきなり冬・・の寒さなので、どうにも上着がないとしのげない。実家へ戻り衣装ケースとストーブを車に詰め込む。途中、定食屋でご飯を食べる。
考えてみると、父と2人でお店に入って食事をすることなどほとんどなく。父が外食嫌いというのもあるが、大抵みんなで~の時ばかりなので、何だか照れくさいような。
父はとっくに定年を迎えているが、今もそのままの職場で働き続けている。誘ってもらえる所があるというのは良いねぇ、と言うと父の小自慢劇場が始まる。さほど嫌いではない。求められている(であろう)仕事ぶりを 昨日は頼もしく思ったのだった。

家に帰って荷物を運び込み、そこから夜中までかけて衣替え。
「着ないが気に入っていて捨てれない服」をただ詰めなおす、という作業も もれなく毎シーズンしている気がする。潔くぱっと捨てることができたら、どんなに身軽でシンプルな生活になるだろう。。。と毎回思うが そうやってどんどん量が膨れてゆく。
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-11-10 17:59 | 日々
一部の人たちの間に、さんざ騒ぐ&しょげる、でふれ回っていた財布の紛失の件ですが、拾われ届けられ、本日 江戸から財布が舞い戻ってきました。
中身もソックリ無事に!
良かったーーーー。
ご心配をおかけした皆さん、お騒がせしてすみません。

旅行中、少しでも身軽になろうと 免許証や保険証 クレジットカードも全部一緒くたに。加えて新幹線のキップまで入っていたのでダメージでかかったです。こういう時に限って事件て起きるものなのですね。。。
いつもあるものが忽然と姿を消すと、瞬時に理解が出来ないもので 何度もカバンを開けたり閉めたり、無意味な行動をしてしまいました。
忙しい中、沢山の人に探してもらったり心配してもらったりで 本当に大感謝です。 親切な人もまだまだたくさんいるのだなぁ。嬉しいです。

Write About Love [12 inch Analog]

Belle & Sebastian / Matador Records


[PR]
by orebic5_kyon | 2010-11-09 13:34 | ひとりごと
気がつくともう11月が始まってしまってて、今年もあと少しかぁ・・と思うと少々焦ります。1年が、終わる と思うから、焦るというかきっちり出来てない自分にイヤーな気持ちになってしまうもので、新しい年が始まる!と楽しみになれる自分にはまだなれません。

10月の話。
23・24日に 多摩川沿いの『もみじ市』へ。
ごはん屋ヒバリが、オムライス屋ヒバリになるというので手伝いに行ったのです。今年は鉄の成田理俊さんとのコラボで 去年とは全く違った試み。とても面白かった。

ヒバリの販売ブースと成田さんの鉄の作品展示ブースは隣り合わせに連なっており、その合間に飲食スペースを設けました。そのスペースの、カウンターから椅子・テーブル全てを成田さんが制作・設営してくれたのですが、それが非常に格好良かったです。
什器は鉄と木を組み合わせてあるもので シンプルかつ温かみのあるもの。飲食スペースの周りを薄い布と鉄でタープにして囲い、それが風をはらんでいる様子がとてもよかった。普段ヒバリの軒先に出ている看板も、成田さんの作品なので 今回テント下にちゃんと設置。この看板と青空や並んだ瓶詰めを写真に収めているお客サマも多くて何だか嬉しかったです。

肝心のオムライスのほうは、ガス炊飯器のトラブル等々あって かなりアタフタしました。特に1日目は。味は絶対的に美味しいのだけど こういう突発的なトラブルの対応や臨機応変さなど もっと頑張らないとなと奮起すること沢山ありました。もー、写真なんて全く撮る余裕なかった!小さなフライパンにオムライスが乗ってる図とか、良かったんだけど。。。
達成感や充実感はあったけれど、それはトラブルを乗り越えた感覚かもしれません。その日1日、初めてヒバリの食事を口にする人がどう感じるかがイベントでは大事なのだろうし。特に、私はサポートする人間として駆けつけたのだから、そういう面での対応がもっと出来てれば良かったなぁ。。。と私自身は反省点けっこうあります。

私は自分から何かアクションを起こすタイプではないのに、昔から不思議と アクション起こす人の手伝いをすることが多くて何だかありがたいです。色んな体験ができて。やっぱりやって良かったなぁと 終わるといつも思う。
ずっと先も、何かをいつも面白いと思える自分でいたいものです。

b0067547_17505946.jpgb0067547_17512261.jpgb0067547_17514076.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-11-05 17:43 |