<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

明け方に戻ってそのまま眠った私は、宿メンバーの本日の起床時間(9時半)、を知る由もなく。アラームを元気に9時に鳴らす。が、本人だけが目覚めず 皆を起こしてしまうという失態。しかもスヌーズで何度も。すみませぬ。
祭りも今日で最後!と思うと、さみしい。心なしか宿メンバー間にもしょんぼり気分漂う(ただの疲労か?)。
今日は朝からドラゴンドラ乗るぞー(また?!)とゆーことでいそいそと会場へ。
しょんぼり気分を吹き飛ばせ!!

浅井健一 @Green
私はこの人の声を聞くと、どーしても宍戸さん(割礼)を思い出してしまう。で 聞きたくなる。今や音源ありません。
ギターの人がものすごい、土屋昌巳に似てるな・・・でも若いし違うかと思っていたら、やはり土屋昌巳さんであった。サポートしてるの知らんかった。にしても若っっ。どーなっとんじゃ。

ドラゴンドラ今回は宿メンバー数人と。楽しかった!ひゃーとか叫ぶ。山の上ではmatsusaka daisuke。気持ちいい。
ひとしきり楽しんだ後、下山。帰り道は通り過ぎるゴンドラに「この後危ないよ!!」 「クマが出るぞー!」と叫びまくる。笑いすぎて腹いた。


サニーデイ・サービス @Heaven
復活サニーデイ、何から始まるのか聞いてからジミーに移動しようとヘブンへ向かう。ヘブンのピザを求め並ぶ。受け取る直前になって土砂降り。誰だ雨女は。

サニーデイ・サービス、ステージに田中さんと丸山さんがいるのを見て不思議な気持ちになる。とにかくヘブンはすごい人。すごいなサニーデイは。正直、音がたどたどしいような、そんな気がしたのは気のせいか。強い雨のせいか。ずっと見ていたかったんだけど、今回ほんとうにジミーが見たかったので、さよなら!街の恋人たちよ恋に落ちたら恋はいつも の3曲を聞いて、人を掻き分けグリーンへ。あの始まりのベース音が聞けただけでも行った甲斐あったかな。


Jimmy Eat World @Green
あーしかし!ジミーはすでに終盤へと差し掛かっている様子だ。やっぱり最初から見とけばよかった・・・心変わり。テンションにすぐには付いて行けず悔しい。雨が上がった空に向かって sweetness、気持ちよかったー!もっと聞きたかったよ。。。


BRAHMAN @Green
ここにきて疲労がピークに。いすに座って居眠り。。。ブラフマンのことは今まで知らなくて(名前も間違ってたくらいだ)。居眠りから覚醒したころ、ライブはピークを迎えておりすごい熱気。バンドに鬼気迫るものを感じる。丘の上から見ててもダイブの嵐がすごくて、力自慢の外人セキュリティも、その数に追い付けないほど。なんか、すごかった!
モッシュから帰ってきた人の充実した顔が物語ってて良かった!


Fall Out Boy @Green
偽妹Mの予習CDを聞き込んで臨んだFall out。どんとこーい!くらいの意気込みでモッシュピットまで行く。が、いかんせん歌詞まで覚えてないのでスイマセンみたいな気持ちに。だって何かにつけ歌わそうとするんだもの。わかんね。ベースの男前がMC担当のようで、1曲ごとに何か言うのだけど 話が長いので途中でわからんくなる。つくづく、ジミーがフルで見たかった(しつこい)。


Animal Clollective @White
トイレついでにホワイトへ。すごく並んでたので 結構聞けた。これは1人で見ててもつまんないわー、と思い途中で帰る。
Weezerへの民族大移動も始まりかけていたし。


Weezer @Green
来広した時もなぜか見なかったWeezer。全身で楽しむのじゃ!とモッシュピット後方へ。ライブ始まるが、どうも居心地が悪い。少し下がって見ようと 泥んこピットへ。フロア(というのか?)全体が見えてなかなかよい。数曲聞いてから、今度は山からもっと全体を見ようと 基地まで戻る。聞きたかった曲も沢山聞けたし楽しかったけど、ホントに最終日のヘッドライナー?と思うほどあっさり終了して拍子抜け。。。まだまだ演って欲しかったなぁ。


このあたりで 本日撤収組の宿メンバーの人たちとお別れ。さみしい。もっと一緒に遊びたかったなぁ。来年また会えるといいなと思いつつ。
時間もあるので、居残り組の②氏とともにロイクソップ見に移動。途中こける。


Royksopp @White
何気なしに見たロイクソップが異様に良かった!お客さんの色もガラッと変わり、夏祭りの雰囲気。なんかいい。うまく言えないけど。すごく平和なかんじだ。
ロン毛の男前が妙になまっててすてき。ステージ上になんか変な物体が・・・と思ってたらフクロウのかぶりもん!かわいい!ていうかフクロウって判った時の②氏の顔が子供みたいやった・・・。かぶりもんはクールな人をも幼心に変えてしまうのですな。


Besement Jaxx @Green
ホワイトから戻ると、クロージングのBesement Jaxxが始まってる。私はクロージングまでいたのは初めてなのだけど、さすがの集客。どのHLより多かったような。泥んこピットの脇の方までびっしりの人。ベースメントはかなりのアゲアゲでした。曲ごとにお衣装替えがあって、いったい何人いるのや?!と思う。面白かったー。何しろ巧い。そしてここにもかぶりもんが・・・。
ザリガニと妖精の競演?おもしろかった。

居残り組M氏とも途中合流し、Redへ。夜のRed 楽しい。来年はもっと来よう。夜どおし踊りたい。もっとこうしよう、とかもっと予習しとこう、とかそんな事ばかり考える。これからもずっと、こうやって楽しいことが続けばいいな。
9人いた宿も最終的には川の字。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-31 18:53 | 音楽
set list
I wish you'd met her
morning star
easy read
easy on the eye
all the dark horses
in the music
prisons
send for henny
oranges and apples
people
weightlifting
the engine


トラキャンは新譜からの選曲が多かった。正直もっと定番の曲が聞きたかった気も。 直近で見たのは前回のフジ出演時。その時も落ち着いたセットだったように思うので、この頃はずっとそういう感じなのだろうか。
私はと言えば、ライブ中もなぜだか気が散って仕方ない。始まってしまうともう、ライブが終わってしまうと思うと。
新曲のeasy on the eyeよかったな。weightliftingを歌われると わー、待ってくれーと思う。なんだか落ち着かない。まだ全然ちゃんと聞けていないのに・・・。
自分のために、ここまで見に来てよかったんよねと思う。

ライブが終わってしまって 去り際にフランシス、愛する人にキスを忘れないで(don't forget the kiss to one for love・・・とか何とか)とかロマンチックなことを言ったかと思えば マイケルジャクソンがどーとか言ってムーンウォーク(のできそこない)をして 去って行ったのだった。ぶぶ。

会場にてサニーデイの田中さん丸山さん、と新井さんと遭遇。彼らは楽屋へ。

先立ってあったサイン会、サインにはさほど興味ないんだけど行く。ここで、1人で会場に向かわされるという、なんとも笑けるスパルタがあったのですが。まぁよかったです。
フランシスにツアーの予定を聞くと、今年中の11月か来年の1月には来日できると思うよ、とのこと。それまでまた、頑張ろう。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-30 15:49 | Trashcan Sinatras
一日中降り続いてた雨が思い出せないほどの晴天。暑そう。朝から宿のご飯をもりもり食べ、会場へ向かう。

Birthday @Green
基地を作る為グリーンに入ると チバが歌っている。ふつうにカッコ良かった。ふつうに、ってあまりいい意味じゃないのかな。でも私は彼らの音楽は初めてで、強い思い入れとかがない分 カッコイイなーと思って見てた。

ドラゴンドラに乗るためレッド付近に移動。

Funeral Party @Red
ドラゴンドラに乗る前に、レッドで鑑賞。
これは良かった!新人らしいが改めて聞いてみたいと思う。ディスコパンクやらエレクトロやらの要素が入った音はとても好み。

ドラゴンドラがあまりに楽しすぎる!
動物(着ぐるみ)に出会うと、なぜあんなにテンションが上がってしまうのか?抱きついたり。写真撮ったり。山の上ではギターパンダが。
アイスを食べて 若干はらいた。


JET @Green
をチラ見。


COME BACK MY DAOGHTERS @Red
とても人気高い。
持ってく感じが頼もしく。ブレイク前に静止するのがうけた。楽しく聞けた。


TRASHCAN SINATRAS @Red
いよいよトラキャン。最前列でかぶりつき、とかはしません。曲を堪能するのじゃ。セットチェンジの時からメンバー出てきて自分らでセッティング。今日はどんな曲が聞けるのだろう。


Brite Eyes @Red
セットチェンジの時から本人がっつり座り込んで数曲。もう本番始まってるのか?と思うくらいしっかりサウンドチェック。実はライブより、このリハのんが良かった(しつれい)と私は思う。
立ったまま幽体離脱。ごめん。眠さ最高潮。


忌野清志郎スペシャルメッセージオーケストラ @Green
続いてRedでダイナソーを見るつもり、その前に上着を取ってこよう と一旦基地に戻る。すごい人。清志郎のトリビュートでBooker Tが出てる。見ていこう、と思ったら 清志郎さんの映像(2005年@Fuji)がスクリーンに突然出てきて『Jump』。会場全体が歌っているんじゃないだろうか。浜崎貴司とYO-KINGが みんなで歌おうといって『Day Dream Believer』はじまる。なんだかなんだかとてもぐっと来てしまう。 歌詞がせつない。
それからcharやチャボ、甲本ヒロトと真島昌利(きもちE)、UA(スローバラード)、トータス松本、chara、レオナと次々に豪華な人たちが出てきて清志郎の歌をうたう。最後は雨上がり、で〆。
私は人がカバーした曲を聞くと、なんだかやっぱり本人のが一番いいよなぁ、とつい思ってしまうのだけど この日のトリビュートはすごくハッピーで皆が幸せな気持ちになったと思う!そこに清志郎さん本人がいなくても 全然だめな気持ちになんかなんなかった。


Dinosaur Jr. @Red
すでにやり終えた感がある中、レッドのダイナソーへ。
人が多くては入れないぃぃ。ので、サイド入口のフェンスに上って見る。中はダイブ乱れ打ち、みたいになっとる!て言うか全然見えませんが。かろうじて白髪が・・・。
知ってる曲(タイトル覚えれ)も演っとりましたが、清志郎なんやら、の燃え尽き感で 集中力とぎれとぎれ。


Franz Ferdinand @Green
フランツは実はテイクミーアウッ、と他数曲(タイトル覚えれ)しか知らない。ヴィジュアルばかりが話題になってる気がして聞かず嫌い?だったけど、えかった!個人的には昨日のオアシスよりも楽しかった。
照明とか映像とかのステージ構成がしっかり作られててエンターテイメント!じゃった。あくまでも個人的感想だけど、アレックスが お貴族さま的なお顔立ちなのに若干ドンくさ系・・・なのが高感度大。だって「みんなー!」とか叫ばれたら笑けますわ。「ふじろっく!」とか言うんだけど 地域密着型とゆーか、そんな気すらしました。きっと、いい人。
客電に会場が照らされて、山の上までギュウギュウの人たちの手がうねってすごかったなぁ。最後、ドラムのとこにメンバーが集まってドラム乱れ打ち。おんでござかと思った。
愛すべきバンドだ。アルバム買うぞ。


ライブがひと通り終了後、オアシスにて広島県人会。私はほとんど知ってる人がいなく、少々キンチョー気味。感じ悪くなければよいが(表情筋うすい)。
ひとしきり話した後、宿へ向かう。途中で友人から飲みのお誘いかかったので再びオアシスへ。こういう身軽さが久しぶりで楽しい。
結局5時くらい?まで飲んでたか。よぼよぼと宿へ。

More
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-30 15:20 | 音楽
この日の朝、広島から車で苗場入り。宿で降りてから少々やすむ。外はすでに雨が降っていて、入場する前からカッパかぁ~・・と一同うーむ。
入場してGreenに基地を作り、早々にヘブンへ。天国バーガーとやらを食すのだ。とても美味いらしいのだ。が。いきなり雨ひどくなる。誰だ雨女は。ぼたぼた落ちる雨粒のなか、天国バーガー完食。

Guiter Wolf @white
彼らのことは知らないのだけど、必死ぽくやればやるほど場内に笑いが。なぜ?ハウリングすごい。素肌に革ジャン。


Long Wave @ Red
をチラ見。いいじゃん、と思った割にはほぼ、思い出せず・・・。


DOVES @Green
グリーンに移動し モッシュピット左後方へ。同行JJたっての希望、DOVESであるが、実はあまり曲は知らない。知ってるのはあの曲(タイトルも覚えてない)だけ。あの曲やるかね?と問うと、そりゃやるでしょ!という事であった。で、演った!壮大なあの曲はすごく好きだ。偽妹Mに あの曲やったよ!とメール。ちなみにタイトルはpounding。最後の曲もカッコよかった。


DOVES(アコースティックセット )@岩盤
もち豚串を食べてから、アコースティックセットがあるというので、岩盤へ。わくわくしつつ待っていると1曲しか演らなかった!その後はインタブー。なんじゃ。


The Virgins @ Red
移動してると、いい曲が流れているのでレッドに入る。ニューウェーブ風にも聞こえる。最近こういうUSものって流行ってるのかしら。良かった!アルバム聴きたいな。


Patti Smith @Green
私はパティを聞いてこなかったのだけど、やっぱりひと目は見たい!という超ミーハーな心境で基地で休む。するとおもむろに演奏始まる。パティはおばさんというよりむしろおじさんという感じだ。いい意味で。自然体。


ハナレグミ @White
新譜をこのところずぅーーっと聴いていたのでとても楽しみにしていたハナレグミ。最初から全部は見れなかったけれど、とても良かった。この日のベストアクト。途中スチャダラBOSEがゲスト参加し、ブギーバックうたう。『光と影』 『明日天気になれ』で何だか色んな思いが巡ってきて涙がこぼれてしまう。声の波動に心をゆさぶられる。
終焉後、うぐぐ・・となって同行JJによかったねーと言い、どうしてもこの感動を伝えるのだ今すぐに!と思い立ち、見たかっただろう友に電話。電話口でふぐふぐ、てなる。
よかった!兎に角よかった!!来てよかった!


Tortoise @Heaven
チラ見。
んーと、どれがジョン・マッケンタイア?とか思いながら見る(あんまり知らない)。こういうところでトータスの音を体感するのはいいかも。


Paul Weller @Green
グリーン基地にて、ポール御大を鑑賞!『Shout To The Top』 『The Eton Rifles』 聞けて、おー!と思う。フロントの3人が歌う部分になると じりっと前に一緒に出てくるのが何ともかっこいい。クラドック先生ももうすっかり、おいさんの貫禄。最後にサマソニ大阪では聞けなかった 『Town Called Malice』。なんかー何をやっても格好良い人っているのね。


OASIS @Green
ほぼ一日中、降り続けた雨に体力も消耗。OASISが始まった時も強めの雨。丘の上の基地で全体を見ながら楽しむ。フジみたいに野外で沢山の人がいると、こうやって離れてても 会場全体が見れてそれだけで興奮する!照明で雨が照らされるので、雨ってすごく上からも同じよーに降ってるのね、と当たり前のことをぼんやり考える。
1~2枚目からの選曲が多くてよかった。Wonderwall からSupersonicLive Foreverの流れすごかった。大アンセム。続いてDon't Look Back in AngerChampagne Supernova。豪雨のためか、ヘッドライナーなのにアンコールはなし。
スクリーンにアンディが全然映らないのは気のせいだろうか?
相変わらずのぽっちゃり指兄弟、に1人密かに笑った。



雨で川が増水してるため、史上初 オールナイトフジが中止・・・。
仕方なくトボトボと宿に向かう一行。しかし行き場を失った人々でごった返し。宿に着くまでなんと1時間以上もかかってしまった!
明け4:00からのLily Allenは疲労のため断念。 
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-29 17:03 | 音楽
b0067547_17532232.jpgフジロックから昨夜帰還。

出会う人みんなにとても優しくしてもらって嬉しかったな。フジロックの3日間はあまりに非日常で楽し過ぎてほんとうじゃないみたい。
またライブが見たいっていうより、またフジロックに行きたいって思う。不思議だなー。

行ってよかった!
ありがとう ありがとう!
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-28 18:17 | ひとりごと
他の祭りのことに気をとられて知らなかったけれど、今年の京都音楽博覧会にはBen Kweller が出るのだそう。
くるり、奥田民夫、BO GANBO3、ふちがみとふなと ですって。
ふぁぁぁーー。
酷ですわ。
いちばん扱いが小さい(失礼)であろう、Ben Kweller がいちばん見たいんです。9月22日(火祝)ですって。

もう、ふぁーーとか むぉーーとか 変な音しか出ませんわ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-23 14:04 | 音楽
フジへは今日の夜からしゅっぱつ。
緊張するぅぅぅ。

あれやこれやの準備をするのはとても楽しい。が、旅の準備は最後までいつも何か忘れてそうで不安。昨日は会社の飲みで、豪華中華料理。ぜったいに自力では口にできないセレブなものをいただく。フカヒレの姿煮とか。調子に乗って紹興酒など飲み元気に2軒目へ。あぁ、フジの準備をしなくてはいけないのに。早く帰るぞと思いつつ酒が進み、帰宅したら3時。うぅ。準備・・・。
偽妹Mが作ってくれた予習CDがポストに入ってた。我が家のデッキはいよいよCDRを完全に読めなくなったためCDウォークマンを引っ張り出す。今見るCDウォークマンはでかすぎて笑える。捨てずにいてよかった。が、あまりに音が飛ぶのでイイイーーてなる。


今日は仕事が終わったら なるはやで家に戻り、荷物をつめて駅へ向かう。
フジ登頂から帰ったら翌早朝に平和公園清掃(毎年あるボランティア)。ハンコ。サマソニ。自分越え。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-23 11:06 | 日々
皆既日食がちょうど今、始まっている。
会社からは平和公園が見えるが、窓から太陽は見えないのだった。くやし紛れに、『皆既日食を見てる人』を会社の窓から見たりしました。
平和公園にいるみーんなが空を見上げていて面白い風景。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-22 11:08 | ひとりごと
私はフジロックのチケットを未だ入手していなかった。
フジロックの猛者数名から、「フジのチケットは毎回買っていかん」。という話を聞いていたのだった。ゲートの前でかなり安く入手できるらしい。前回行った時もかなり値崩れして売っていたのを思い出し まーえっか、と何もしていなかったのだが宿やら行き帰りの車やら有休やらが着々と決まってゆくなか いや実はまだチケット持ってないのだよね、などとは到底言えずこの日まで。
ゲート前でダフ屋を探すのもあれかね、さすがにね、大人じゃしね、と思い。フジorgのwantedを物色。ちょうどいい時期だったのもあって、遅割が発生していた。譲渡交渉も無事済ませ、それでもチケ届くまでは少々びびっていたが、土曜日に無事届く。

よ、よかった・・・・。
これでやっと、フジに行けると言えます。
木夜出発!今日から準備を始めます(遅い)。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-21 14:20 | 音楽
家のヴァイ子(パソコン)が変な音を出し始め、見たことない画面でフリーズするようになった。画像データを移しておいて良かった。。。が音源は間に合わず。ムキー。どうやったら直るんだろ?

***************************************

週末 土曜日
朝から美容院へ行き、前髪の量を増やしてみる。
かなりもっさりする。
街中でこまごました買い物をすましばばじごはんへ。

新井仁さん&丸山晴茂さんKent Funayama君のライブ見る。
ケント君はいつものようにポツリポツリとケント節MC。こちらは完全リラックスでのーんびり(笑)。ケント君は新曲や、ツアー道中いじられ話など。

新井さん&丸山さんは、トイドラムを入れての演奏。おもちゃといえどもドラム、の方が新井さんの曲には合っている様な。そう思いながら見てました。
サニーデイのスロウライダーやサマーソルジャーをオリジナルの叩き手で聞けて、おぉ、と思う。サニーデイ時代にはほぼ声を聞く機会のなかった丸山さんは、意外とよく話す人であった。かなりの毒吐きキャラで面白かった。
少々飲んでから、イベントへ移動。
後から新井さんも合流したりして、わいわいと過ごす。


日曜、隣家にて。
最近の不況で、ホールは2人から1人に減。いくらヒマとはいえやはり1人は忙しい。集客読めないので仕方ないが、この日は忙しくヘトヘトに。
鍋焼きうどん、うな丼、春雨サラダを作ってくれ、男子高生か!?(量が)と思いながら完食。。。ふうふう。
隣家から帰ってから、近所のカフェマルクへ。友とお茶する。気付けば深夜。カミナリが面白いほど光り、まるで昼間のよう。稲妻らしい稲妻を久しぶりに目撃して若干あがる。

b0067547_13594647.jpgFree Again / Teenage Fanclub

やっぱりこの曲は良い。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-07-20 14:03 | 音楽