<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

b0067547_170313.jpgワークショップを終え、夜からレイチェル・ダッドのライブを聴きにばばじへ。

ライブはレイチェルさんによる弾き語り。
アルバム 『the world outside is in a cupboard』 の "The Wire"から柔らかに始まる。 ここ数週間、家でずっとこのアルバムを聴いていて一番好きな曲だったので、思わずじーーんとする。

アコースティックギターとバンジョー、ピアノを曲によって持ち替え、曲の合間にニホンゴで曲の説明をしてくれる。ガチョウのことを歌った曲、パーティに行く話の曲、などというように。 1曲1曲、ていねいに 澄んだ声で歌うレイチェルさん、温かくて本当にいいライブでした。

ライブが終わったあとは レイチェルが作成したバッグやCDなどの販売。私が聴いていたのは借り物の音源だったので、改めてCDを購入してみる。
お客さんに「好きな動物はなに?」と聞いてから、CDにその動物のイラストを書いて渡していたのも良かったな。

ばばじは半地下で 古物に囲まれているせいか、いつも独特の空気を放っている。今回のライブもまた、すごく思い出深いものに。

アルバムたちはそれぞれ、大切な1枚になりそう。

b0067547_18211263.jpg

[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-30 00:46 | 音楽
ブリストルから来日中のRachael Daddさんのワークショップへ。
音楽のほかに、手芸家としても活動中のレイチェルさん。大きなスーツケースの中にはカーブーツセール(フリーマーケットみたいなものか)やテキスタイルファクトリーで入手したという古布が沢山入っていた!

3種類の大きさ(CD/携帯/カメラ)の中から好きなものを選び、布のセレクトをした後は各自それぞれが刺繍をしたり、パッチワークでコラージュしたりの作業。最終的な布のつなぎ合わせを レイチェルがミシンで縫うという工程。
私は前日のワークショップの様子をのぞいていて、絶対に布選びでつまづくのが解っていたので(作業がおそい)、前もって手持ちの布を決めて持っていく。

レイチェル、布選びやお勧めのステッチを可愛らしいニホンゴで教えてくれる。
「ヨカッター、ステッチ、ガラナイ」←(刺繍には柄がない布が合うよ)
という感じで。
ワークショップをしながら、彼女自身もどんどん言葉を覚えていっているようす。すでに沢山の動物の名前や単語は学習済みで、会話パターンを駆使してみんなと上手にコミュニケーション。 やりとりの中でレイチェルさんの朗らかな人柄が伝わり、私たちも和みまくる。 

周りの出来が気になりつつも、もくもくと作業を進めてゆく。
ミシンの音と、作業中のおしゃべり、なんだか色々あいまって すごく楽しかった。 予想通り、私は一番最後になりました。

b0067547_1917137.jpgb0067547_19171380.jpgきのこを刺繍しました。

「ヨカッター、モチーフ!」と褒めてもらい嬉しかった。


不思議と個性がでるもの。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-27 18:44 | アート
映画 『パリ、恋人たちの2日間』 を見に行く。
こんな面白い映画がなんで1週間しかないんだ!

NYに住む、アメリカ人とフランス娘のカップルが 彼女のパリの実家に滞在した2日間で起こるいくつかの出来事によって・・・云々、という内容。

国民性や持論の違いがテンポよく会話で交わされて面白かった。
フランス娘が奔放に描かれていたのは表面的な記号みたいなもんで それぞれの違いやらギャップは誰しもあるとゆーことでしょうね。結局のとこ、そういうことが飲み込めなければやっぱりダメなのだろうね、と思えた。
家族にしても恋人にしても友人にしても、人と向き合うことってしんどいけれど、いよいよ最後には相手のことを認識できるか閉め出すかってことかと。
私にはとても心に響いた1本。

見終わった後の 私が思ったラストが、ジュリー・デルピー(監督)が意図したラストと真逆だったので、それはちょっと意外だった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-26 16:11 | 映画
11月1日に、横川シネマ!さんにて
トクマルシューゴ、キセルのライブが決まった模様。
やった!
The Starletsのライブがちょうどその3連休に神戸・京都であるので、旅行がてら行くのもいいかな・・なんて妄想していましたが。ふむむ。

**************************************************

b0067547_1714218.jpg昨日は市民球場へカープ観戦。
9/28(日)が市民球場でのラストゲームなので、昨日のゲームが私の最後の市民球場になった。負けましたが。どの席もほぼカープファンに埋め尽くされ、応援すごかった!
子供のころから親しんだ球場がなくなるのはやっぱりさみしいなぁ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-25 17:03 | 音楽
先日、ばばじさんであった 『ご飯とお酒と音楽と秋の酔い』 に出向く。ばばじの料理をおつまみにして、小豆島の酒ぐら森國酒造さんのお酒を飲みながら、ライブに耳を傾けました。ライブは新井仁さんとフィル・ホッパーさんのアコースティックセットでした。

その日は ばばじの料理を好みで3品選んでというスタイル。美味しそうなおかずがカウンターにずらり並び、小料理屋さんみたいになっていて楽しい。
森國酒造さんのお酒は日本酒を飲まない私にもとても飲みやすかったので、自分用にも買って帰る。
b0067547_2232084.jpgお酒のパッケージデザインをされているのは高松のumieさん。利き酒セット(小さいボトル×4本)などは思わず欲しくなってしまうようなデザインで、これもやっぱり買ってしまう。ラベルから外装まで統一されててすてきでした。
小豆島の森國さんの所にはギャラリーやカフェも併設されているとのことで、umieさんのカフェとともにいつか必ず行ってみたいと思う。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-23 22:32 | 日々
レイチェル・ダッドさんの初広島ライブがいよいよ今週末。
ワークショップは土曜日が定員のため、金曜日にも開催されることになっています。

おとつい、ワークショップ会場になるBean'sさんにお邪魔し、レイチェルさんの作品サンプルを見てきました。かわゆすぎてアドレナリン大放出。参加者がそれぞれに作品モチーフを考えるっぽいですが、私は絵心とか欠乏中なので かなり悩む事に(悩ますことに?)なりそうです。
Bean'sさんの日記に画像がアップされています。

ばばじでのライブも、きっと素敵なものになりそうで楽しみです。
作品の物販もいくつかあると期待して・・・。

レイチェルのPV↓↓ 本人のミシンワークに かなり度肝抜かれます。


[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-22 17:09 | アート
b0067547_1646397.jpgTrashcan Sinatras ニューシングル
"Oranges and Apples"

10/13 リリース(ダウンロード)
うきうきうきうき。

[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-22 10:34 | Trashcan Sinatras
3連休、なか日。果てしなく眠る。
こうやって無駄ともいえる時間の使い方は自ずから好んでやっているのだ。ふふふ。

もぎとった隣家の手伝い休みを利用したいところだが、結局夕方になって外へ。
オーストラリアから来日のウェリントンズと、totosのライブを見に行く。
2つとも、とても良かった。ウェリントンズはファウンテンズのカバーを演奏。
しかしライブは1人で見に行く。暗。


連休3日目。さすがに外へ。
秋のお洋服を物色。やはり毛ものは胸がときめく。
少し前から地味にマウンテンパーカを探している。とある店で赤のマウンパー発見。とてもかわいい。本当は黒が欲しいんだけど、と言いながら鏡の前に立つ。
赤に、白抜きで「3」 のワンポイント。
これは・・・・ 僕も好きです、な衣笠じゃないですか、と思い手が止まる。鉄人は大好きでしたけども。赤に白抜きナンバリングのパーカーを広島でおしゃれに着こなす自信なし。
理想のマウンパーよ、何処に・・・。

隣家へ。
今日も手伝いはひとり。(通常は2人) ええーって放ってみるも無視。
サーフィン大会中止になって、家にいる娘はどうしたんじゃー(心の声)とじんわり主張してみるが、今日ははなから1人体制だったという。
っへえ~~、そうですかぁ。でも土曜も1人だったじゃーん、とかプリプリしてると、察知したのか 小豆ご飯を与えられる。
べつにー、パン食べてきたしーー、とか思いながらプンスカ食べているうちに ま、いっか。と思えてくる。
あっさり、懐柔。

この日もたらふく食べ、就寝。
映画イントゥ・ザ・ワイルドを見る前に、と読み始めた「荒野へ」さっぱり進まない。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-16 23:10 | 日々
土曜日、江波にある雑貨店Bean'sへ。
kimaさんのバッグ展とネパールの紅茶などの販売をのぞきに行く。

お店に着くと、馴染みの友人もちょうど集っており そののちkimaさんやネパールの人も合流しにぎにぎとする。
展示してあるのは綿織布に木版でプリントしてある、カラフルな布を使った色んな形のバッグ。とても可愛い。 カディコットンというと、Khadi and coやらアーツ&サイエンスのブラウス!やらに結びつき、すごーく高価なものだと思ってたけど、インドでつくる 手紬ぎ手織りの綿布を総称してカディというらしいです。
日本では情報が先走って、何事もなんやら風なのかもしれんね、などと思ってみる。やはりその土地その暮らしで使うものに美しさがある、と思えるし。
まぁ、流行りものなどつい買ってみたりするのであるが。

kimaさんはインド北部にかれこれ2年くらい住んでいるので、写真を見せてもらったり、その暮らしぶりを聞いたりする。病気の治し方(シャーマン>医者)や、現地でしている仕事(刺繍)のお仕事の話など 面白い話がたくさん聞けた。


これまでずっと私は、外国はすごく近い所にあって いつでもまた住めるとどこか思っているところがあった。けれど、今回 自分の中で外国が遠い所になってしまったんだな、という実感があった。日本からみる外国、になってしまった気がする。
それがとても淋しい。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
Bean'sを出るころになって 雨が落ち始める。
この位なら行けるね、と思っていたが 舟入で友人と別れた直後、どしゃ降りになり いきなりずぶぬれになる。いやいや、まだ行けるね、と思って数分進んでみるが、シャレにならん程強く降りだしたので観念してコンビニ傘を求める。
どんだけ降っとんや?と店員さんが外に出てくる。はずかしい・・・。

隣家へ行く。
自分がいかにずぶぬれになったかを説明するのに 何故かテンション上がる。
隣家が終わってから、友人が集う 夜のカフェへ。
すごく久しぶりに会った人や、その子供、古くからの友達と会って話をして とても楽しく、いい気分転換になった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-13 17:59 | 日々
こないだ、友人に勧められたヨガの教室に行ってみました。
昔に通ったことのある教室は部屋を暑くするのにストーブを焚いてあったのだけど、今回の教室ではミストと遠赤外線仕様のスタジオがあって、汗をかきにくい私も汗だくに!
メニューも基本動作がメインで楽しかった。設備も整っていて大満足。
ただ、鏡に映る自分が明らかに以前より もたっとしてましたな・・・。
偶然にも友達が2人ほど、ヨガ始めたというし、私も頑張ってみようかしら。

**********************************************

2年近く前(!)になるけれど、ニール・カサールを松山へ見に行った時、一緒にツアー同行されていたtrico!こと良原リエさんのライブを見ました。
旅先(おそらく)で録った外の音などを演奏に絡ませたり、数種類の鍵盤を弾いたり。楽器や音が中心のライブはあまり体験していなかったので こういうのもいいなぁ、と思ったのです。

今回、新しいアルバム"everyday trip"がリリース。
もともと、色んなアーティストの曲に参加したり(ハンバートハンバート、空気公団などなど)、CMやTVで音を出したりされてるのですが、今作の参加アーティストはなんとHauschka(ドイツの音楽家)やふちがみとふなとの船戸博史さん、山口ともさん他 豪華な顔ぶれ。。。
リエさんのブログも好きでよく読んでいます(料理など玄人はだしなのです)。なにより、暮らしぶりがほんとうに素敵で。
Myspace →

EVERYDAY TRIP
trico! / FLYREC
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-10 11:02 | 音楽