<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

そういえば、今年は台風ってあったっけ?とおもう。
私が気付いていないだけだろうか。

昨日、予報では9月中旬まで残暑つづく、と言っていけれど、何だかもう 秋の涼しさを感じ始めている。これからまた、暑くなるのかね。
今年は去年よりも10日くらい、暑くなるのが早かったから 夏の終わりも早く来るのだろうねと思っていた。
むりむり着ているノースリーブも、そろそろ限界・・・。あぁ、ノースリーブ。
着れないのなら、一気にタートルの季節に突入して欲しい。


***********************************************
■イイダ傘店 「平成二十年 秋」 雨傘展■

・京都 恵文社 一乗寺店   2008年9月9日(火)~15日(月祝) →
・福岡 アートスペーステトラ 2008年10月23日(木)~26日(日) →

春の日傘展のときは、福岡まで行く余裕がなかったので、次回 雨傘展には行ってみたい。新作テキスタイルも素敵そう。
10・11月中はHPでも発注できるようなので、万が一のときは。

***********************************************
■シルヴィ・ギエム / ベジャール ガラ■

・広島厚生年金会館 2009年1月15日(木)

モーリス・ベジャールの追悼公演ということで、3演目を上演。
現在、日本では躍らないと公言している 『ボレロ』も解禁される。 絶対に見に行くつもりだが、14000円・・・、高っ。バレエは良い席で見ないと意味なし、となぜかそう思うので 出費だが仕方ない。
しかし、すでに受付が始まっているネットと電話の先行予約は どこの席が取れるのか解らないしで、便利なんだか不便なんだかよくわからない。

それにしても、こういう予定を見ていると、楽しみな反面 見えない先のことを考えるようで 淋しいような、へんな気持ちになる。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-27 14:42 | アート
えっと、週末はずっと隣家にいた。
なぜなら、実はもう一人いる 助っ人が怪我をしてしまったからである。
土曜日は超殺人的な忙しさを乗り越え、日曜日は 友人たちとゴハンの予定がーーあるんですけどーーーと訴えたので途中まで労働。
ある程度の忙しさがないと、頭は回転しないもんですが、何をやってるのか解らなくなるほど忙しいのはダメですな。ふんがっってなるね。

Talking Through Tin Cans
The Morning Benders / / +1 Records



ものすごく良いです。最近よく聴いています。(→

*******************************************

昨日は月末に向けてのお仕事などをこなし、今月は早々に仕上げたぜぃ!とか思っていたら、同じくらいの伝票が 遅れて今日どっかりとやって来た。
っほぉ・・・、と思ったけど 心の中でぐっとがまん。おとな。
が、全く別のところで 荒々しいおばちゃんに電話口でどやされる。普段はへいこらしてる私ですがさすがに頭に来る。まだまだですのぅ。
イライラしてんのかねぇ。

明日は今年3度目の市民球場ヤクルト戦。
雨が降らなければよいが。。。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-26 16:04 | 日々
お盆前に撤去された自転車を取りに行く。
駐輪場(¥100)の真隣りに路駐していてやられる。¥100をケチったばっかりにー!(保管料¥2000)
あほである。

保管所の近くには 会社の取引先が沢山あるので、営業車で連れて行ってもらえないかなぁ・・・なんて密かに思っていたのだけど、どうもこういう頼みごとって苦手で。
で、結局父親に連れて行ってもらう。男友達にさらっと、とかじゃないのがなんともアレですが。
商工センターまで車を走らせ、自転車を受け取る。
車に乗るかのー?と父は色々工夫してくれたが、乗らず。
私は横で「よっ」とか「ほっ」とか掛け声だけ出していたので叱られる。
でも軽だし、最初から乗らなかったと思うのね。というわけでTシャツ+手ぬぐいを首に巻き、俄然やる気で漕いで帰る。

家に帰ると、友人からお野菜のお裾分けがありほくほく。
蒸し茄子にしてミョウガをいっぱいかけて食べよう。ビバ茄子。

今週末から公開の映画版 『sex and the city』が楽しみ。
それに合わせてのプロモーションが今すごい。
昨日は夜中に再放送を見てしまい、ねぶい。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-21 15:07 | 日々
スケジュール帳は、すでに3分の2を過ぎており こうしてると今年もすぐに終わってしまうんだろうな、と気付き 少し焦る。
今年初めて使った MOLESKINのスケジュール帳は、書く箇所が週毎に沢山あったが さほどメモを取らなくなった自分にはあまり合わなかった。来年はやっぱり 見開き1ヶ月を買おうと思う。


映画 『歩いても 歩いても』 見る。
よかった。

ふとした何気ない家族のひとコマは きっとどこにでもある暮らしなんだろうけど
すごく親密な気がしてくる。
坂の途中にある家も まさに自分の実家の風景そのままなので驚く。近所に別の団地につながる階段なんかもあって。
友達が住んでいる住宅地もこういうタイプが多いし、つまり平均的なものなんだろう。まるで近所みたいだな、と思う。

自分が子供で家族が核家族として機能していた時には 家はすごく生き生きとしているものだけど、子供が大人になったり 外に出て行くようになると、途端に自分の部屋だったところはただの部屋(容れもの)となる。
親との会話、家族間のしぐさ、子供のころの行動、
そういう、普通のことがリアルに思い出され。

初めての2階席は他に誰もいなく、独りで思いっきり観れたのも良かった。
映画館を出てまで グスグスすることなんてほとんど無いのに、歩いて帰りながら なんだか余韻に浸れる映画であった。


ゆうべはどうしてもチーズバーガーが食べたかった。
しかもコンビニにあるような、100円のやつ。
帰り道、3件もコンビニに寄ったのにどこにも無くて哀しかった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-20 16:54 | 映画
日常リズム取り戻し週間。

会社帰りに某デパートのショップへ。
8月の頭から気になっていたマフラー(冬物)、ついに手に入れる。

もしまだお店に残っていたら買おう!と心に決めていたくせに
店頭に ちーんと鎮座しているのを見て いきなり怖気づく。

決断できず しつこくお店に通ってしまうのは私の悪いところだ。今回もすでに3回は店に巻きに行っている(めいわくな客)。
なのでエイヤっと買いました。ぴしっとカード切ってやりましたよ。
リボで。

脳内であれこれ買って良かった理由付けをしつつ、戦利品を片手に偽妹Mと合流。ばばじでゴハンを食す。
すでに第2の食卓と化しつつあるばばじは 現在ゴーヤやトマトなどの夏野菜が豊富、しっかりビタミンを補給する。
尽きぬ昔話で笑いながら、家路へ。


今年はもう秋冬ものは買いません、と宣言したものの、
今週末、KAPITALの広島店がオープンする。
場所は並木のリゾート跡あたりか。
他県のKAPITALはどのお店もとても素敵なので楽しみ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-19 13:43 | 日々
ここ1ヶ月、世の中との時間軸が接近せぬまま、盆休み終了。
貴重な4連休でしたが、仕事に出ている方がリズムが戻って良い。

前半、宮島の花火大会。
兄の家は宮島を正面から見下ろすナイスロケーションなので、今年もそちらにお邪魔する。今回は兄の学生時代からの友人4家族も交えにぎにぎと。
絶景の花火を見たのち、兄友らは夜中まで談笑、私は各家族のチビっ子にまみれる。
兄には学生時代からうちに出入りしている仲の良い友人が数人おり、久々に集まっても変わらずの感じ。私は大人になってからの友達しかいないので、母には 「あんたは友達甲斐のない」と言われるが 学生時代は話が合わなかったので仕方がない。そういう人って結構いると思う、と独りごち。

後半2日は隣家。結局、隣家。
日中はこれでもか!というほど寝。なぜこれほど眠れるのだろう。

映画『歩いても歩いても』が終わりそうなので、今日こそは!と意気込んでいたが 結局また眠ってしまう。起き上がってシャワーを浴び、髪を乾かすのだが、髪がムダに長すぎてなかなか乾かぬ!迫り来る時刻を逆算し、観念す。
せっかく起きたので、床の水拭きなどしてさっぱり。
増えていく膨大な荷物にやられ、見えない収納をあきらめている近年。これではいかんなぁと部屋を見回す。物を捨てるべきか、棚を増やすべきか。

クーラーのきいた涼しい部屋でデスキャブを大音量で聴く。
夏の疲れがお肌に出ているので、チョコラBBの高いやつを奮発して購入。
暑さのせいで、ベランダのオリーブ2鉢も瀕死の状態である。
隣家では、連続しておにくを食べる。


b0067547_23233159.jpg先日の大阪にての自慢の収穫。
エリッサ・アアルトがデザインしたファブリック "H55"を見つけたので購入。
ずっと、探していたので嬉しいが、勇気が出ず2mしか買えなかった。まだ身の丈に合わない気がして。
キッチンのカーテンにしようとしたけれど。
もったいなくて切れない。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-18 17:03 | 日々
Summer Sonic 2日目。すでにこんがり。

Sonic Stageの前座 fourteendays(福岡)を見に行く。
エレクトリックなくるりのような感じ。私は好きだとおもう。声もよかった。
最近はラップトップとバンドが違和感なく共存しとるのですね。

Los Campesinos!
イングランド版のオブモントリオール?と思っていた彼ら。
期待を裏切らないへっぽこポップで、なんだか楽しくなってくる。女の子かわいい。vo.の男の子の動きがもじもじしておりおかしい。半裸になるが もろにTシャツ焼けしているのでうける。


Joe Lean and the Jing jang Jong
vo.のパフォーマンスに爆笑しすぎて、やった内容ほとんど覚えてません。
登場とともに激しいタコ踊り。続けざまにオリジナリティあふれるダンス。
本人が至って大真面目なのでさらにおかしさがこみ上げる。
こういう人、すき

↓  パフムをかすろうと思っていたら、なんと入場規制で入れない!


YELLE
前日のcrystal catslesに続く、ダンスステージの出物。
暑さのため途中で気分が悪くなる。外に出て木陰で休む。

↓ ごはんなど。

Cajun Dance Party
インドアに移動してひと休み。
ケイジャンはすごい人気で後ろまで人でぎっしり。
彼らと、続くThe Killsを2階席で見ながら うつらうつら。ですきゃ部に備える。


Death Cab for Cutie
一番見たかった、デスキャブ! 単独切望。
title and registrationから、ベンがギター1本で歌い始めたI will follow you into the dark の流れなんかは、あまりに感動的で圧倒される。
前作PLANSの名曲 soul meets body、 crooked teethも演奏。
長っ、と思っていた新譜のI will posses..もアルバムで聞くよりずっと良くて もう言うこと何もなし。
sound of settlingで静かに盛り上がり、Transatlanticismで〆。
うぅぅ、泣ける。


The VERVE
Fratellisも見たいし、Verveはチョットだけ見るつもり・・・でメインステージへ。
会場に着いた途端、Sonnetがかかり、「!!!!」となる。段々と暮れていく空を見上げつつ、あまりのカッコ良さに呆然とする。
リチャード・アッシュクロフトが、一時期エゲレスで セクシーな男云々、と言われていた時、そうかぁ?と思っていたが、実際に見ると文句なしの格好良さでしびれました。Vネックが世界一似合う男だ。
数曲ほど聞いてから、Fratellisを見るため単独移動。
Fratellis、後方まで満杯で大盛り上がりの中、3曲ほど聞く。いても立ってもおられず再びVerveへ。猛ダッシュして会場に飛び込んだ瞬間、Bitter Sweet Sinphony!!感涙。。。間に合った自分えらい。


一応ネ、と言いながらSex Pistlesを見るため移動。
みな考えてる事は同じなのか、すごい民族大移動が繰り広げられる!
ジョニー御大はビートルジュースみたいになってました。
早々にPretty vacant が聞けたので(希望だった) 再び移動。


Paul Weller
ピストルズとほぼ同じ時代を通ってきたはずなのに、彼のこのストイックさは何でしょうか。→ これだもの。
始終ご機嫌のウェラー先生、くわえ煙草で鍵盤やら、タンバリンやら。とにかく何をしてもサマになる。昔に比べて体がぶ厚くなっていたり、金髪おかっぱだったりするのだけど、全てがステキ・・・。
クラドック兄とのコンビネーションも堂々たる男っぷり。 スティーブン・ホワイト来るかと思っていたけど違ってました。残念。
フェスの最後、ポール・ウェラーで終われたのもなんか良かった。


b0067547_01435.jpgさすがに炎天下の2日間は体力を消耗したけれど、やっぱりフェスは楽しかった。毎年 持ちものとか過ごしやすい格好で悩むので、記録しておかねば。

一番心を動かされたのは、夕暮れのヴァーヴ。
ベストアクトはデスキャブとファーリーズ、ジザメリ。
会場で会えた、たくさんの友達にもありがとう。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-13 22:48 | 音楽
今年もSummer Soinc@大阪へ。
アウトドアでも 沢山見たのでとにかくとにかく暑かった。

The Wombats
すでにあまり思い出せない・・・。
始まったね~、というかんじか?(しつれい)。


The Ting Tings
彼らを皮切りにフェスのエンジンがかかったような。
vo.女子が今風の娘で可愛らしく、こりゃ売れるわぁ、と言う感じ。マンダ・リンもこのくらい可愛かったらもっと売れたろうに・・・。


Vampire Weekend
なかなか。
ダンス寄りでも、あまり熱々じゃないところが良かった。スマートな文科系の印象を受ける。Oxford Comma よかった。


Crystal Castles
vo.のお転婆娘にかなり度肝を抜かれる。
Ting Tingsの女子の印象がいきなり上書きされる。
ブルーのマスクを付けて登場したバックの2人にも目を奪われたが、娘の暴れん坊っぷりが凄かった。彼女の煽りで会場も盛り上がる。
時間は20分と短かったが、このくらいが飽きないで良かった。個人的にはかなり気に入ったアクト。

↓  友人と合流してごはんなど


The Kooks
新譜良かったので、かなり期待していたKooks。
20歳そこそこと思えない演奏力。というかvo.の子の貫禄は本当に22歳なのだろーか?落ち着き払っている。
Mr.Maker、Shine onも演奏。
Do you wanna ではブレイク前に会場中みなを座らせる演出など。
肝が据わっとるわぁ。

↓  ようやく、この日はじめてのインドアに。

Super Furry Animals
この日いちばん見たかったファーリーズ!
なんか全体的に会場が大人し目だったような・・・。みな大人なのでせうか・・・。
フルフェイスのヘルメットをかぶって登場のグリフ。ニンジンをかじっていたらしいが、自分の所からは見えず。
新譜の曲 Run-Awayがとても好きなので聞けてジーンとす。
あっという間に終わってしまってかなしい。もっと聞きたいぃぃ。
他、Rings Around the World 、Man don't Give a Fuck など!!!!


Spiritualized
今回のサマソニ、ベストアクトとの評価をよく聞くスピリチュアライズドですが。
実際、楽しみにもしていたのだけど
体力切れのため、あの轟音のなか、撃沈してしまった・・・
尻にブリブリとした低音を感じつつ、爆睡。


Jesus and Mary Chain
見る前はどんななってんだろう?とかライブどーなん?とかコワゴワだった部分もあったけど、始まってみると、おぉ!て感じで楽しめた。
ジムがピーター・バラカンみたいになってて衝撃うける。
当たり前だけど歌い方が変わってなく、(マイクに両手でもたれてるかんじ)脳内の時間軸が狂う。ハッとしてステージ見上げると ジムの髪がフアッファの青年から、オールバックに変貌しているので、大人になったね・・・としみじみ思ったのであった。
Far gone and out で狂喜す。
新曲の出だしうまくいかず、やり直し。照れ笑い(?)のジムにガビーンとなる。Reverence、Blues from a Gun、Head on が聞けたのは嬉しかった。
PAの調子悪く、Reverenceはイントロだけで2コーラスもやり過ごす。
Some Candy Talking 、Just Like Honey ももちろん演りました!
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-11 17:25 | 音楽
7月・8月に行ったライブなど。

3連休中には、2つ。

江田島ではフリーマーケットとライブイベント。
入島した瞬間、ゴロゴロと雷雨に会う。私は雨女なのだ。
どしゃ降りがあがったあと、見たこともないくらい、完璧な大きな虹、端から端まで7色きれいに180度。みんなで見上げるのも、なんか、良かった。
夕暮れからKent Fnayama君、続いて新井仁さん+フィルのライブ。のんびり、急がない感じのライブで気持ちよかった。
島の人たちが協力して盛り上げているのがとても頼もしいイベントだった。


その翌日はばばじにて、にかスープ&さやソースのライブ。

にかさやさんのライブが地元で見れるというのもかなり貴重なのに、今回はテニスの植野さんまでも来広される。
Harmoniesのドキュメンタリーそのままに、音を出しているうちに生まれ繋がってゆくのを目の当たりにすると、ポカンとするというか不思議で面白くて。
最後は3人さんが素手でスイカをたたき割り!みんなでいただく。
また、ばばじで伝説のライブを見てしまった。

映画Harmonies初日のゆるーいトークショー(?)もよかったし、映画最終日 エンドロールとともに乱入(?)も面白い連休であった。



フジには登れず。

代わり7月の終わりに、ジェイソン・ムラーズ。
かなり、アーバンで面白かった。
パーカッションのからメロイックサインが返ってきたので爆笑。
アレンジがすごくて、出だし 曲がすぐにわからないほど。で、アーバン。
偽妹Mと思い出の曲を聞きつつ、楽しい一日であった。


8月に入ってすぐは、フェスタ・デ・ラマ。
曽我部恵一バンドを見に。
もう、周りはみんな夏!海!ビキニ!という感じで
ああ世の中は夏まっさかりなのだわねー、と思いながら ばばじセイコさんとソカバン堪能。今回はシッカリ新譜を聞き込んで挑み大満足。
最後らへんのレゲエぽい?人たちのを寝転んで見ていたら花火。
ライブでタオルをぐるぐる振り回す光景を初めて見た。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-08 00:46 | 音楽
ぼやぼやしている間に7月が終わってしまった。




7月中は楽しいことも沢山あったけれど、どうにも日記に手が伸びず気付けば8月で驚きである。
自分が読み返すぶん、去年はあんなことがあったなと日記も面白いものだけど 私のどうしたこうしたなんてね・・・、とひねくれた自分をもてあます。
自分用の記録にといっても一応公開しているからには 多少は気をつけるわけだし。 やはり紙に記すのが一番か、と思って去年3年日記を買ったがそう言えば続いていない。

パソコンなくても困らんかも、と離れてみても メールやブログに触ってしまったからには以前と全く同じに戻る事もないだろうし。やっぱり便利だもの。



7月中はいろいろライブと。
人に会えて嬉しかったり 懐かしい人からの電話だったり。ばったりしたり。
お互いにそれぞれの時間が流れているのだね、と思ってみたり。したのであった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-08 00:15 | ひとりごと