<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

b0067547_161351.jpg

1月26日 現代美術館へ。カバコフの展示をすべり込みで見に行く。
色、色合せ、絵柄、レイアウトがどれも素晴らしく、見とれる。
展示してあった 多くの児童絵本の挿絵は、「収入のため」と公言しているようでした。
ソ連時代の検閲を免れるためには 楽観的な表情や図柄を用いることがセオリーとされていたようです。(カバコフは"自分"ではなく"彼"が書いた作品、と表現) たとえ自分が表現したかった作品が違うものだったとしても、展示してあった挿絵は素晴らしかったです。

世界名作劇場のアニメーションや、漫画に通じるような穏やかさがあるように、私の目には映ったのですが・・・(素人意見)。 ステンドグラス(の構図)を意識して描いた、と注釈があった70年代頃の作品がほんとうに良かった。
原画にはテキストが入る部分を白抜きにしてあったのだけど、そのバランスもすごかったし、地模様のように入れてある手書きの線(?)などにも感激した。

珍しく図録も購入。原画の あのやわらかさと力強さにはかなわないのだけど、装丁も可愛らしかったし満足。

膨大な作品数により、前後半で内容を総入れ替えの2部展示だったのに、時間が都合できず 今回の後半のみ。今さら悔やまれる。

★関連記事
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-28 16:10 | アート
b0067547_15112672.jpg

曽我部恵一ランデブーバンド @横川シネマ

見に行ってきました。
平日の夕方からだというのに、館内満席。
ライブは2部構成になっていて 第1部は曽我部さん単独での弾き語り。サニーデイサービスの『サニーデイサービス』 アルバム全曲ライブ。
少しのどの調子が悪そうな気もしたけれど、あっという間に1部終了。同時にランデブーバンドの面々がそでから加わって2部目スタート。
ピアノが入ることでここまで音の広がりが!というくらい、鍵盤が良かった。
ウッドベースやホーンも加わり大人な雰囲気。
映画館という場所柄、舞台もよく見えました。とても古い映画館の空気感そのままに 何だか贅沢な時間でした。
とにかく、鍵盤がとてもよかった。

ランデブーバンドと曽我部恵一バンドと、両アナログがあったので購入。物販で(?)ケニーさんがおり、4月にアルバム、5月にライブで来るよと言われていたのでとても楽しみです。

b0067547_14542073.jpgb0067547_11191480.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-24 15:04 | 音楽

古い友人とビストロエメにて食事。
今回もまた、ぬけきった彼女からいろいろ言葉を頂戴す。
『迷いがあるうちは、まだ迷っていてよし』
人に言ってもらうと、こころが軽くなる。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-23 17:17 | ひとりごと
毎朝 自転車で通勤しています。
今朝、信号待ちスタートののち、ローバーの自転車にスイっと抜かされました。抜かしたくせに大して速くもなかったので抜かし返してやりましたよ。
そのあと水面下でのバトルが軽く繰り広げられましたが追いつかれてなるものか!!と国産(無印)の意地を見せてやりましたよ。ふふん。

おかげさまで今、少々貧血気味です。

映画 『犯人に告ぐ』を観る前に、と昨日から原作を読み始める。
なかなか面白いが、映画が今週末までじゃないか!!
ただ今、上巻途中。間に合うのか。というより、見に行く時間はあるのか。
大作だと思っていたけど2週間しかかからないなんて。『いのちの食べ方』も、昨日見に行くつもりだったのをすっかり忘れてました。あー。

b0067547_1192091.jpgThe Montrose Avenue
Thirty days out

日本中で未だにこのアルバムを絶賛しているのは2人くらいしかいないと言われたことがありますが 自信持って無人島にも持っていけます。
土曜、日本中で一箇所だけスピンしてました。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-22 11:02 | ひとりごと
昔のTVCMで、好きだったのがカセットテープとお酒。
ずっと探していたのがやっと見つかり嬉しい。
↓ ↓ ↓ (音が出ます)
curiosity killed the cat のCM。

かなり好きなCMであった。今見るとやっぱり古いけど。ずっとTDKだと思っていたけどマクセルだった。
同、スタカンのCMの方が話題になっていたけれど、そっちはあまり記憶に残っていなく。もっと真っ白でスタジオっぽい画だと思っていた。でもseven sistersで撮ってあるのが、なるほどという感じである。その頃はthompson twinsの方のCMが好きであった。は、恥ずかしい。こっちも別の曲があった気がする。一応、子供だったから記憶があやふやなのだと言い張ってみる。
お酒のCMはやっぱりサントリーのが一番良かったです。

バック・トゥ・フロント

キュリオシティ / BMGインターナショナル


curiosity に名前を変えて、生き残っていたのにビックリして買った一枚。かなりの好盤だと私は、思う。けどこれを買ったのも10年以上前だということにおののいた。しつこい自分。
hang on in their baby、killing me softly のカバーなんかは、かなり良かったと思うのですが amazonのレビューでギターポップの括りになっているのが謎。misty oldland が当時co.でゲスト参加。どっちにしても古い。。。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-21 17:16 | 音楽
会社帰りにぶらついていると、昔の同僚から連絡、街にいるなら今からお茶しない?というので飛んでゆく。ぶらついててよかったな。
計3人、スタバで他愛ないお喋りなぞ。
1人はプロの洋裁職人、もう一人も玄人はだしの洋裁人なので、今作りたいものの構想など聞いたりして面白かった。技術があるというのはもちろん、こんなの作ってみようという発想がすごいな、作る人って。私は根っから「作り手」じゃないんだわね・・と痛感したのだった。根本的に何かがちがうんだわね。
そんな、技術に基づく発想が出来ぬ私は 素人ならでは・・を発揮して「こんなでこんなやつのパターンが欲しい」とお願いしてみる。まぁ、そのうちに。
久しぶりに会ったのでとても楽しい夜のお茶だった。

つい先ごろ偽妹Mとデパ地下のスイーツを物色していた私は、何を思ったか
「すっかり秋めいてきたねぇ・・・」とつぶやいたのだった。言ってから自分でも はぁ?と思ったのだが、目線の先にモンブランがあったからなのだった。栗といえば秋でしょう。やっぱり。
寒くなってきて目の前に栗があったから、脳がきっと「今は秋」と勘違いしたのね、ふと。そんな脳がちょっとしんぱい。


根っからの受け手人間である自分が出来ることとは何だろかとふと思う。
何かをしようとしている人や 色んな形(料理・絵・音)で表現している人には、男女に限らず目が行くし魅力を感じる。が、自分も何かを表現しよう、という発想にはほぼならないのはなぜだろうか。いろんな人に会うなかで、自分にはアピールする素材がないなぁ、なんて時折り凹む。
何かをしようとしている人をやっかむ人というのもまたよく見かけるものだけど そういうのを見てもまた凹む。

************************************************

『数字展 Number』
1/18(金)~2/14(木) at CERO

『花岡 隆 作陶展』
1/25(金)~2/2(土) at ギャラリー一葉
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-18 13:28 | 日々
::必ず見たい::
ダージリン急行 (3/15~サロンシネマ)
その名にちなんで
TOKYO (ゴンドリー/カラックス~新作 蒼井優・加瀬亮・ドニ・ラヴァン出)
チャプター27
ONCE (3/1~サロンシネマ)
アニー・リーボヴィッツ
ここに幸あり
潜水服は蝶の夢を見る (サロンシネマ)
4ヶ月、3週と2日
ノーカントリー (コーエン新作)
夜顔
HARMONIES(一般公開するのかしら)

::たのしみ::
ファーストフード・ネイション
ゼロ時間の謎
ぜんぶフィデルのせい 
全然大丈夫 (シネツイン)
僕のピアノコンチェルト
アフターウエディング
エンジェル (2/23~サロンシネマ)
グミ・チョコレート・パイン
スルース
君の涙ドナウに流れ


「その名にちなんで」「チャプター27」は絶対に見たい。広島での公開を待つ。ビデオでは見ない気がするし。ファーストフード・ネイションはリチャード・リンクレーターの新作、製作にマルコム・マクラーレン。え?
夜顔上映の時に昼顔もリバイバルして欲しい。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-17 10:28 | 映画
1/14(月) 前日の夜に福岡から戻。
寝倒す。
気づけば夕方・・・・・。

正月に録画しておいた、のだめカンタービレ特番でも見るか・・とビデオをセットしたら「さんまと玉緒の夢かなえます」という見たくもない番組が代わりに録画されていた。ムキャーー!

食材がないので寝起きぼーぼーのまま、フレスタへ。ノーメイクノーコンタクトでよぼよぼと買い物を済まし、本屋で立ち読み。気づいたらとなりで偽妹Mが立ち読みしていたので笑う。あまりの空腹に倒れそうだったので 一緒にパン屋でお茶&パンを注入。よぼよぼ帰宅。
馬のたてがみのような髪をそろそろ何とかせねばなるまい。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-15 17:46 | 日々
週末は福岡へ一泊。
1/12(土) トクマルシューゴさんを見にゆく。
まだ1回しか見ていないのであれこれ言うのはあれですが、すごかったです。
一緒に、Autmunleafと 倉地久美夫さんも見る。

会場の art space tetra へは、今回初めて行ったのだけど art、film、musicイベントを多数開催している場所のよう。過去のエキシビジョンも なかなか興味深かった。昔、無職の時にギャラリーで店番まがいのことをしていた時に、音楽と美術が近づいている場所にはアバンギャルドなものを好む人が多いなぁ思っていたのだけど(場所にもよる)、土曜日のそこではなんとなくそういう感覚を思い出しました。

倉地久美夫さんは、その筋?ではかなり有名な方で、見慣れてるお客さんはポイントで笑ったりされていましたが 初めて見る私はただ圧倒されるばかり。会場のローファイな雰囲気とあいまってなかなか楽しめた。
Autumnleaf は地元のエモバンド。音に制限があった為、アコースティックだったのが私には逆に良かった気がする。

トクマルさんはカルテットでの演奏。
もー、初めて見るのでとにかく新鮮。話してる途中からいきなり曲始まる、みたいなのが彼の癖というかスタイルというか彼調なのでしょうか、いちいち、お、と思ってみてました。私が見てる所からはドラムが見えず、面白い音だなぁと思っていたら 子供用のトイドラム(本物)だったのが嬉しかったりして。ぜんまい仕掛けのヒヨコが曲中にカタカタ歩いていくのも可愛かった。
演奏終わりに、やって欲しい曲あれば1人でします(打ち合わせしてない為)、という中 ゲラーズの『コロラド』の声あがり、ごそごそと段々と参加していったのも面白かったな。
次回はぜひ広島で、実現して欲しい。


土日は福岡をぶらぶらと・・するつもりだったけど 何しろ眠かった。
土曜日はライブのあと飲みに行って、さらに友達に合流して朝まで飲んで。日曜日はル・ピュイにランチを食べに行くも、そのあとどこかに座ればうとうと、食べてる間と歩いてる時以外は常にうとうと・・おばあさんのようだった。
ベリベリと椅子から剥されるように行った、marcelloの新店舗が斬新な造りで驚いた。古物屋さんが増えていた。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-13 15:52 | 音楽
1/11(金)
古くからの友人K夫妻の家に偽妹Mと遊びにゆく。
いま、私が仲良くしている友人の多くが この夫妻が営んでいたレコード店で出会った人びとであり、私が今のような私であるのは元を正せばそこから始まっているようなもの。親のような兄・姉のような、そんな最古の友人である。
ひとり暮らしをする前はしょっちゅう泊まりに行っていたのに、ここ最近はお互い忙しかったりなんだりで 本当に久しぶりに家へお邪魔。

今回の趣旨はオーディオアミーゴの会
そこの家は素晴らしいオーディオシステムが置いてある。素人の私には到底わからないのだけど、かなり手塩にかけて今の音にまで到達しているらしい(道のりは聞いたがわすれた。工程も・・)。
その素晴らしい環境のもとで聴いてみたい!とBen Kweller(しつこい)等を持ってゆく。。。。とは言ってもやっぱり女が3人もおれば、ゆーことで喋り中心の会へと。
全然、オーディオアミーゴの会じゃないじゃん!これじゃーただのアミーゴの会じゃん!ゆーことで次は本気で聴きたいレコード持って押しかけますよ。はい。

彼ら現在のお勧めのエモなど数曲。あんだけ沢山の音楽を通過してきてる中で、今あらたにエモを聞けるという耳の柔軟さに嬉しくなります。最近なんとなく聞くものが狭まってきてるのを自覚していたので、聴ける耳 見れる目を持ちたいと思ったのであった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-01-11 12:53 | 日々