<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダニー・ボイルの新作 『サンシャイン2057』 来月公開です。今作はSF。
今1番好きな外国人俳優かもしれないキリアン・マーフィー主演です。
ダニー・ボイルの 『28日後・・・』 あまり高評価でないようですが私は大好きです。なぜならキリアン・マーフィーがかっこ良かったからです。と思っていたら、今日 六本木ヒルズで舞台挨拶なんてやってるのですね。ふーん。

広島にも単館系映画館はあるのに、気になるもの全ての作品はなかなか見れません。
公開を未だに待っている映画
『トリノ、24時からの恋人たち』
『恋人たちの失われた革命』(仏 フィリップ・ガレル)
『カンバセーションズ』(米 ハンス・カノーサ)

首都圏にて公開予定の映画
『サン・ジャックへの道』 (仏 コリーヌ・セロー新作)
『素粒子』( 独 オスカー・レーラー)
『毛皮のエロス』 (米 スティーブン・シャインバーグ)
『オール・ザ・キングスメン』(米 ショーン・ペン出演)
『こわれゆく世界の中で』 (米 アンソニー・ミンゲラ)
『フランドル』 (仏 ブルーノ・デュモン)

毛皮のエロスは大作っぽい(ニコール・キッドマン主演)なので公開が期待できそう。写真家ダイアン・アーバスの生涯を追ったシュールな作品のようで、興味があります。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-29 14:41 | 映画
今週あたりから桜が咲きそう。
家から市街地へ向けて、とても良い桜の並木道があるので 今日から歩いて通おう!と張り切る。30分早く起きたのにいつもより出かける時間が遅くなったのはなんでだろう。
体が重いので、今月中にあと1キロは確実に痩せてやる!と豪語したものの、逆に1キロさらに重くなってるのはなんでだろう。

あ、たかが1キロ・・・なんていいますけれど『確実に』というのは案外難しかったりするのです。加えて4月中にさらに2キロ減という目標を打ち立ててもいます。無謀でしょうか。
秋ぐちから冬眠熊のように、もりもり食べていた成果、見事に3キロ増なのです。婦女子にとって3キロ増というのは結構恐ろしい数値であります。元どおりにせねば。b0067547_11583514.jpg

と言いつつも、朝からチーズケーキを食してしまった。モロゾフのエダムチーズケーキ。ビックリする程チーズが濃く、チーズ好きの人はきっと狂喜乱舞することでしょう。一口サイズ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-27 11:58 | ひとりごと
日曜日には久々に兄一家とともに実家へ。

実家に戻ると、リラックスしすぎるのか、山のように動かぬ自分。本当に体が重ーく だるーくなるのだ。上げ膳据え膳でまるっきり手伝わず。かといって姪っ子の相手に精を出す訳でもなく。そしてたまに寝。最低の小姑ぶりを存分に発揮してしまった。
しかし今まで全然なついてくれなかった 下の姪っ子が、やっと慣れてきた。高い高いなどの力技でハートを掴んだ。ふふん。
しかしこれをすると、上の姪っ子も力技を要求してくるので要注意だ。(重い)
家に帰ってからは音楽も聞きたくないほど、静かな時間を欲している自分がいた。ホント、いつまでたっても子供の相手がヘタでいけません。

週末はフィギュアスケートを見て楽しむ。
フィギュアを見るのは結構好きだ。フリーの演技では、浅田真央に場内の空気を持って行かれた感があり、アンミキの優勝が素直に喜べない意地悪な自分であった。
しかし、こういうスポーツを見ていると 試合の日に向けての地味で辛い練習の日々、というのを想像して泣けてくる。練習が好きな人っているのかな?・・・いるか。(中田英寿)

毎週 楽しみに見ていたドラマ 『拝啓、父上様』 が終わってしまった。淋しい。
全部がハッピーエンドじゃなかったのが、かえって印象に残った気がする。いいドラマだったなぁ、で終わったのは久しぶり。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-26 14:40 | 日々
週末は雨。段々と暖かくなってくる今日この頃であるが、春らしい服!というのが手持ちにあまりなく、つい厚着になりがち。

友人が大きな病気をしたのでお見舞いに行く。同い年なのにこんな病気になるのか・・・と考えさせる一日。
自分自身が今まで病気に無縁でいたせいか、どうもピン!とこず、お見舞いに行くまで本当にタイヘンだったんだと解らなかった、友達甲斐のない私で凹む。まぁ、私が凹んだ所で何の助けにもならないので 早く元どおりに元気になって欲しいと祈る。
雑誌ku:nelをお見舞い代わりに置いてきたので 新たに買いなおす。

プリンはもう、一生分の量を食べてしまったようで あまり食べたいと思わないんだけど 唯一マリオプリン(メープル)は美味しい!と思う。食べたくなったのでデパートに寄ってみる。すると期間限定でパステルのやわらかプリンが!という訳でマリオプリンあえなく撃沈。一生分のプリン・・・はあまりアテにならず。

夜は隣家にて手伝い。どう考えても一生分の牛肉をここ何年かで消費している気はするのだけど、お肉は嫌いにならないのであった。もの凄くいいお肉を焼いてもらい食べた。ビバおにく。


何かにつけ もともと鈍感な自分であるが、たとえば向けられた悪意に対して鈍感な人なんているのだろうか?鈍感な事と 鈍感であろうとする事にはかなりの差があるが、鈍感だと値踏みされての通り魔的な悪意に対してはかなりの労力を必要とす。ビバ鈍感力(違う)。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-26 14:01 | ひとりごと
b0067547_15203678.jpgスコットランド出身の作家・詩人が歌詞を担当し、同じくスコットランドのミュージシャンが曲をつけたコラボレートアルバム。
参加したミュージシャンは
Trashcan sinatras
Norman Blake(Teenage fanclub)
Aidan Moffat(Arab Strap)
Malcolm Middleton(Arab Strap)
Vashti Bunyan
Sons and Daughters

などなどです!
スコットランドの作家さんは詳しくないので解らないのですが、アリ・スミス、ミッシェル・フェイバー、ハル・ダンカン、アラスター・グレイ(アートワークも担当)などは、現代英文学通の人たちには有名な方々のようです。

発起人はIdlewildのロディ・ウォンブル。バンドの前作"Remort Part"ではEdwin Morganの散文と朗読を取り込んだ一曲がありました。その共作をきっかけとして この企画に発展したようです。
Idlewildのアルバムは元々アートワークにも凝っていたり、Roddy Woombleのソロ作ではトラッドに傾倒しているような作風だったりもしたので 良い形、良いタイミングでこういうコラボレーションになったのでしょうか。

サイトではドキュメンタリー風トレイラーも見れるようになっていて、興味深いです。加えてこのサイトがかなり素晴らしいです。Trackタブから 各作家と各ミュージシャンの詳細が見れるようになっており、それぞれの文を読みながら、曲を聞くことが出来ます。

★Ballads of the Book(音が出ます)
リリースはChemikal Underground レーベルから。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-23 15:05 | 今日の一枚
お彼岸なのに家にも帰らず、したがってお墓参りにも行きませんでした。当分行ってない気がする。お墓参りに。実家も近いというのに、この頃はあまり家にも帰らず なんだかな、と思う。自分。

昨日は昼前から街へでて、偽妹Mとゴハン、ぶらぶら、スークでお茶。
春らしいお洋服でも、と思い物色。木綿のワンピ(+ジーンズ穿き風)など、カワイー!と思うのだけど、どうも最近この手の不思議系ナチュラルが氾濫しているような気がして 今ひとつ意欲が湧かず。麻ものとかも欲しいのだけどなぁ。なにかカワイーのが欲しい。お洋服、ずっと買ってないもんなぁ。ユニクロフリース靴下くらいか(貧しい買い物だ・・・)
アローズに悶絶するほどカワイイ ノースリーブのシャツを発見!3万超え!くくく・・・買えねー。スゴク欲しいけど3万超え。出せん。みんなどうやってやりくりしているんだろう?ほんとうに不思議だ。

リブロで本などを物色。欲しい物が数冊あるが、月末なので寝かせておく。お給料が出たら買うのだ。ひとまずはku:nel新刊、人の台所の特集だったので迷わず購入。キチン!としたお台所、料理研究家の人とか 超多忙なはずなのに、ぴかぴかで物が少なく効率的で、さすがよのぅー。と思う。
今回は子供を持つという特集があって、あぁ ku:nelまでも・・・と負け犬の私はふと思うのであった。

スークでお茶。美味しいチーズケーキを食す。抹茶パウンドもおすそ分けしてもらい食べる。しっとり美味しかった。今度お使い物があるときに・・・って期間限定かぁ。
アルネ、流通などを激読。アルネはこの頃何だか引っ掛かるものがあって、買えていない。
スーク近くの一葉(ギャラリー)行く度に閉まっている気がするのだけど、タイミングが合わないのかな。

尾道でレイモンド・サヴィニャック展。~5/20まで。期間中に見に行きたいと思う。尾道は桜の名所でもある。期間中は混雑するんだろうな。でもどうせなら桜も見たい気もする。でも相当混むしな。悩む所だ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-22 17:09 | 日々
b0067547_2344464.jpg以前、広島にも丸善(書店)があった頃に買っていた便箋、萬年筆物語です。今はさほど手紙も書かなくなったせいか、あまり使ってないのだけど。
紙質はつるりさらりとしていてとても書きやすいです。サイズは便箋サイズと、ハガキ大のメモ帳。ハガキ大のが ちょっとした走り書きなんかにお勧めです。

夏目漱石が使っていた原稿用紙を模して作られたってことで、文豪気分で使えます・・・って別にすごく漱石好きという訳でもないんだけど。なんか昔っからあるのって使いたいじゃないですか。で、ほぉー、とか思いたいじゃないですか。
ちなみに、私にはマス目がかえってジャマだったり、万年筆持ってなかったりしますけどね。まぁ 龍の絵が可愛いから・・・って結局そこなんです。はい。
ネットショップで買えるようなので 買い足して惜しみなく使いたい!と思いました。

映画『ユメ十夜』の予告に原稿用紙の端っこがチラと映ったのを見て思い出した次第。そういやあったな あの便せん、と。 あの映画どうなんでしょう?予告ではSFチックにも見えたけど。出演者が魅力的な気がしてます。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-20 13:22 | ひとりごと
b0067547_1541254.jpgフジ07にThe Cureの出演が正式に発表されてますー。(→
実に23年ぶりの来日だそうで。紹介には四半世紀イギリスにて活動云々・・・と説明してあった。ずい分大御所感が漂ってますね。
どーする!?お兄ちゃん!!(見てない)

2005年の7月に各国で開催されたライブ8のネット中継でムリムリ見た()では Just like heaven→Boys don't cry なんてミラクルが起こってましたが、これ実際に聞けるんでしょうか!うーむむ。
個人的にはFriday I'm in Love も聞きたい一曲です。
他にはYo La Tengoと Kula Shakerの出演も決まっている様子。
苗場・・・・・。

近場のライブ情報としては、4月14日・15日 岡山にて曽我部さんのアコースティックライブが決定。(→
この週はBen Kweller@大阪があるので、行けそうにありません。
それよりも5月広島のチケ、買ってないや。(いや、Ben のチケもだけど)まだ大丈夫かな?
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-20 12:46 | 今日の一枚
週末、±0展には行けずじまいでしたが、映画 『マリー・アントワネット』見に行く。
この映画を『良かった★★★』と言った人は、私の友人のなかでは今のところ1人しかいないのだけど、私もこの映画は結構面白かった。音楽の小部屋にいた4人がフェニックスの人たちだったと後で知って笑いました。なんというか、さすがコッポラの血の入った人だ。と思う。

家に帰ってからTVをつけると、NG大賞みたいな番組をやっていた。何でだか、私はNG大賞がものすっごく好きなのです。人の失敗を笑うだなんて悪趣味な、と言われそうですが NG直後に垣間見える、素なところに爆笑してしまうのであった。
でも TVつけた瞬間にドラマ部門が終わってしまって、憮然としましたがね。お母さんV撮ってないかしら。あと、自分でも変なクセだなぁ、と思うのは TVを見ながら、見てる番組をビデオに撮ってしまうこと。別に見返すわけでもないのに。なんでだろう?でも撮ってしまう。

ここ最近、急に寒さがぶり返してきて またしても部屋で難民状態に。寒い・・・。灯油の買い終わり時が見極められぬ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-19 22:42 | 日々
b0067547_15153744.jpg会社でもらいました。貝豆
初めて見るお豆です。アメリカンショートヘア(猫)のような模様をしております。煮豆で美味しく食べれるのだろうか?とネット検索してみた所、北海道のみで栽培されている在来種だということしか判りませんでした。
ので とりあえず鍋にかけてますが、なかなか柔らかくなってくれません。不安ー。
なにかの雑誌で見かけた、夏に出るル・クルーゼの限定色は 水色でとても可愛かった!カリビアンブルーとか、そういう名前だったような。カリビアン・・・?

NHK番組 『その時 歴史が動いた』 にて邪馬台国の場所(九州vs近畿)を検証するというのをやっていたので録画。ドラマの方を見てしまう。面白くないと言いつつ最終回気になり。が やはり呆然とするくらいつまらなかった。後悔。はなからNHKを見ておけばよかったな。

週末には、オリエンタルホテルの深澤直人 ±0展を見に行きたいところ。天気が良ければいいな。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-16 10:20 | ひとりごと