<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

週末にはアンデルセンでランチ。パン食べ放題は危険である。

チェーン店の中ではかなり気に入っている、シアトルズベストにてお茶。入ってすぐ、ソファーエリアにてノートパソコンを広げている外国人の男の人が。
そこを通り過ぎてから、一緒にいる友達に 『こういう所でノートパソコン広げてる外国人ってさ・・・・・・あ。
言った瞬間、隣にまったく同じシチュエーションの外国の人いました。(汗)

なぜかエリートっぽく見えるよね、と言おうとしたんだけどね、いや、あなたの事ではないのだけどね。
そしてその席にたまたま隣り合わせてしまい。「違うからね!」とか言ってみたり・・・(意味不明)してみました(馬鹿)。
三越のフランス展なども覗くが、すごい人手で 何を売っているのか解らなかった。去年の方が面白かった気がするけど気のせいだろうか?
夕方から隣家へ。小指にしていた指輪がドアノブに引っ掛かり、指に指輪が突き刺さりました。食い込んだ、というよりも、突き刺さってました。かなり動揺しました。 そしてかなり遅い時間から居酒屋へ。またしてもたらふく食べてしまう・・・。

チェーン店に味の違いなんてないと思うのだけど シアトルズベストのチャイラテは横川店のが一番美味しいと思う今日この頃。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-27 17:40 | 日々
b0067547_1548322.jpg
週末に見ました。Pixiesの2004年再結成時のドキュメンタリーフィルム。
見る前から見るのが不安でしたが、やっぱり始まった途端、いろんな想いが駆け巡って 涙がぶわわーと出てきて困りました。
再結成で来日の全国ツアーでは、地元クラブクアトロでもライブがありました(2005.12.4)。この時はほんと、ライブの内容を覚えていないくらいに感動してしまって。真っ白になった数日とか、色々が思い出されて、曲が流れるたびにこみ上げてきました。

バンドをやっているのは一人一人の人間なので、感情や色んな事情や生活は 私たちと同じように普通にある訳だけど、私たちにとっては そういうのって全然見えてこないし、むしろ関係なかったりもする。客はただライブを見たり音楽を聞いたりするのが嬉しくて仕方がない。そういう内と外が見え隠れするような映画でした。

キムのことを大好きな女の子が出てくるところ、その子が最前列でキムを見上げているところや Pixiesを好きになったきっかけの一説が載っている小説を手渡すところなんて とても良かったです。
ロンドンのブリクストンアカデミーのsold outの速さ歴代一位のパネル、外に並んでる人の待ち遠しそうな表情、会場いっぱいのたくさんの人に ただジーン。
ライブの記録なんて、記憶でしか残せないと思っていたけれど、このライブ映像は、なんだろう 見ているこっちまで一体感があるような、心に響く映画でした。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-26 16:16 | 映画
隣家のサーフ娘が波を追いかけて南国に出掛けてしまった為、10日ばかり 隣家の様子見に行くことに。ちなみに今更ですが隣というのは、近所の料理屋さんのこと。忙しい時など呼ばれたまに手伝い、ご飯を食べて帰っている。
真の料理人というのは、料理を作るのが好きなのはもちろん、ふるまったり もてなしたりするのが本当に好きな人なのだな、と よく思う。私は何でも食べるし、大喰いの性質なので ここの人とは良いタッグを組めているみたいだ。
ちょっと体型を気にしたり 体調不良なので少しでいい、なんて言おうものなら 烈火のごとく怒られ、逆にこれでもか!と大量に供されるので もう何も言わないことにしている。
一昨日そこへ行くと、待ってましたとばかりに 良い厚揚げもらったのよ~、あ そうそうこんなの作ってみたの、なんて言っていた。そして晩御飯を食べる段になり ロールキャベツ食べる?と聞かれたので食べる食べるーと答えると、なんだか物凄い量の晩御飯がやってきた。
厚揚げの甘辛煮、かぼちゃの煮物、切り昆布とゴボウの煮物、新ゴボウの金平、菜の花の酢味噌あえ、そしてロールキャベツ・・・・3個(サイズ並)。
え?!3個ですか?さすがにムリですよ~と言ったが、美味しいから食べれるって!と言われて辞退は却下された。
そしてやっぱり食べた。  食べきれる自分も恐ろしいが。

昨日は会社の帰り、映画ドリームガールズを見に行く気満々だったが 雨が今にも降りそうだったので足早に帰宅(降ったのは夜からだった)。TVドラマは見るシーズンと全く見ないシーズンとがぱっかり分かれており、今シーズンは よく見ている。ハケンのは話が面倒になってきたのでやめ、今は拝啓、父上様を好んでみてる。あれは面白い。
例の大マスク&サングラス、どんな風貌になるか試しに部屋でやってみる。マスクから漏れる自分の吐息でサングラスが曇ることが判明した。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-23 11:52 | 日々
b0067547_14191776.jpg
新アルバム「LOVE CITY」の全国ツアーが決定したようです。(→

広島は5月3日(木)。ゴールデンウィーク真っ只中です。。。
これでGWに小旅行は出来なくなりました(予定ないけど)。
今回は曽我部恵一BANDでのライブ。曽我部さん一人の時とは、まっっったく違う熱いライブになりそうです。

☆曽我部恵一BAND TOUR2007「そうだ、LOVE CITYへ行こう。」☆
  2007.5.3(thu) 広島クラブクアトロ (3.18チケ発)


★詳細
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-22 14:34 | 音楽
b0067547_14693.jpg↓のEddi Reader を買い求めた時、試聴機にて猛プッシュしてあったので、素直に購入。
ベック+プリンス+クィーン、というコメントついてました。一聴してベックはどこ?と思ったのだけど、ルックス?ちょっとそれ風。肝心の音ですが、私には どー聞いてもロビー・ウイリアムズ+シザー・シスターズ風味にしか聞こえません!こういうキャンピーな音は嫌いじゃないです。というか好きです。30超えしてから、チャート物にも寛容になってきた気がします。一度いいじゃん、と思ってしまえば楽なもんです。

声がロビーになりたい人、みたいなんだけど(嫌じゃないです)、音作りやファルセット多用なんかがシザーです。ファルセットて流行ってるんでしょか?今年の注目新人つーことですが。ゲイゲイしい雰囲気は確信犯かと。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-22 14:06 | 今日の一枚
花粉のヤツがやってきてますね?
この季節、可愛らしいクシャミを出せる人が非常にうらやましい。私が発するクシャミは、大音量かつ、おじさんみたいなので大変恥ずかしいのです。
加えて最近治療中の肌荒れ。もしかしたらこれは春のせい?とかなんでも花粉のせいにしてしまいそうですが、皮膚科で処方してもらった塗り薬は 特に直射日光には当たらぬ用に注意 なんだそうで、これは自転車通勤の身にとって かなり至難の業なんであります。

ここのところ、毎朝ピカピカのお天気。嬉しいのだけど、直射日光が・・・という事で ついにマスクの着用を思いたちました(遅い)。花粉症にも効果を発揮するであろう、マスクです。これで顔の大半は隠れるし、季節的にも不自然じゃないし、一石二鳥じゃないか!と。で、更にまぶしいのでサングラスを着用すればバッチリだわ、と。 で、まるで皿田きのこのような自分を思い描いてしまい今朝は着用やめました。マスクは必須なので明日からスタートさせます。

昨日はデトックスを狙ってヨモギ蒸しを体験!・・・のはずが、火曜定休でした。蒸される気持ち満々だったのに断念を余儀なくされ、悔し紛れにカレー食べに行きました。十日市加ロ厘。濃厚なカレーが美味しかった。甘口にしたら、何故だかチョコレートを感じました。次回からは中辛にするつもり。
2月もあと1週間。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-21 12:02 | 日々
Eddi Reader の新しいアルバム、日本盤を買いました。
ライナーノーツを取り出し冒頭を読む。以下抜粋
b0067547_16193570.jpg>エディ・リーダーがロンドンを離れ、故郷スコットランドに戻ったのは約5年前のこと。現在のパートナーであり、M5・M8を書いたジョン・ダグラスと生活を共にするためだったが・・・・・

 ・・・・・・え?!

そうだったんですか!?
ジョン・ダグラスってちなみにワタシ、大好きなTrashcan Sinatras のジョン・ダグラスですか?
し・・・知らなかった。(もぐり)

確かに、先のリリースWild Mountainside のクレジットがジョン・ダグラスになってて珍しいな、とは思ってましたよ(トラキャンは個人の名義はしてない)。エディもトラキャンも同リリースなんて、美しきかな 兄弟愛、とか思ってましたよ。

しかし。そ、そうだったんだ。
日本のエディサイト()によると、そもそもWild Mountainsideも、ジョンがロンドンに住むエディに(呼び寄せる為に)つくった、故郷スコットランドの美しさを讃えた歌だったんだそうで。。。。
周知の事実に何を今さら、ですが へー、ほー、と感慨深いのでした。私が個人的に曲以外の情報にあんまり興味を持たないので(言い訳です。言い訳させてください)。5年目にして知った真実なのであった。

話は脱線しまくりましたが、エディの新譜、しっとりと良いアルバムです。実はエディのソロは1,2枚目しか持っていないのですが、それよりもトラディショナルに傾倒しているように感じました。
なんにしろ、エディの歌に外れなし。美しいアルバムに違いありません。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-19 22:41 | 今日の一枚
金曜日は近所のツタヤが旧作半額なので、張り切ってプリズン・ブレイク#8~#10借りに行きました。レジまで持って行ったら、親切な店員さんが旧作ではないですと教えてくれました。がくっ。新作なのに7泊のシールを貼るなー!という訳で気を取り直して軽ものビデオなど借りて帰ってきました。が、春が近づいているせいか眠みがとめどなくやってきて結局見れず。
土曜日はだらだらと過ごして一日終わる。自分には全く関係ないお金持ちの日常を垣間見て、やっぱりお金はお金が好きなのよねー、と思い がくっ。
日曜日にはのそのそと出掛け、映画 『クリムト』 を見る。絢爛豪華なウィーンは解ったんだけど 話は全く解らず。しかも60%寝てた。途中何度か目を覚ましたけど、もともと時間軸が前後する内容だっただけに、いつ見ても同じシーンにしか見えなかった。がくっ。
その後久々、夜の若人が集うバーへ。友人 完全なアウェーにてのDJを拝みに。カッコよかった。最近遠のき気味だけどたまにはこういうバーも楽しいな、と思う。久々に会った友人が「最近 裁判傍聴が流行っているらしい」というので、「そうそう傍聴アイドルとかいるのよね!」と答えたらこぞって完全否定される。いるんだって!いるんだって!と主張するがあえなく却下。むがー。たまに見るサイト、阿曽山大噴火コラム(→)にそういう記述があったと思うが・・・と思ったらあった。(霞っ子クラブの裁判傍聴記→)ふふん。MMの幕末への熱き思いなど聞き、友人と沢山喋り、楽しかった。
月曜日、自転車で会社へと向かう。健脚についに負けたのか、自転車のチェーンが外れて立ち往生。結局会社へ1分の遅刻。会社は何社かの合同ビルなのだが、毎度思うのが、エレベーターで譲り合ったりの、ヘンな間。早く乗ってくれ!(心の叫び)といつもイラっとしてしまうのだけど、それは私がもっと時間に余裕を持って行動すれば良いことなのよね。とこの頃良く考える。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-19 12:31 | 日々
b0067547_10154130.jpg大阪玉造の家具屋さん TRUCKの家具を、玉造以外の方でも実際に見たり触れたりできるエキシビジョンが開催されます。(→
まずは東京から、ということで その後全国各所を不定期に廻っていく様子。

東京の恵比寿の 『リムアート』 にて。TRUCKの家具や雑貨の展示、シロクマ舎の革雑貨の販売もされるそうです。
TRUCKに合わせたヴィンテージブックをリムアートがセレクトされるそうで、玉造のTRUCKとはまた違った雰囲気が感じられるかもしれませんー。いいなぁ。
リムアートというお店には行ったことがないので、HPで見ただけですが、とっても素敵なお店なのですね。行ってみたいです。

 TRUCKING TRUCK #1 with limArt
 2007.2.20(tue)~3.4(sun)


★TRUCK
★リムアート
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-16 10:22 | アート
映画 『Paris Je T'aime』 (パリ、ジュテーム)

b0067547_1148432.jpgパリ18区にまつわる短編を、それぞれ18人の監督が撮影。 現代版 『パリ ところどころ』(過去日記→)のような、オムニバスムービーです。
興味をひいたのは、現フランス映画作家より、外国の監督が多い事。パリのど真ん中で生活している人よりも、外からの目線で捉えた『パリ』のほうが、より雰囲気が出るのでしょうか。

b0067547_12451243.jpgコーエン兄弟+スティーブ・ブシェミ(1区)は嬉しい共演で、ワクワクします。日本からは諏訪敦彦監督(デュオ)でJ・ビノシュ+W・デフォーが出演。(2区)
ガス・ヴァン・サント+マリアンヌ・フェイスフル(4区)なんかも良いですね。
ジーナ・ローランズ+ベン・ギャザラの共演(6区)も楽しみです。

他にも ファニー・アルダンやナタリー・ポートマンの出演、監督ではクリストファー・ドイル、トム・ティグヴァなどなどキリがありません。W・サレス監督の"16区より遠くはなれて"なんてタイトルも粋で良いです。

公開は春。今からとても楽しみです。広島にくるかな?
★オフィシャルサイト
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-14 12:47 | 映画