<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

週末の動き。金曜日に昔の仕事仲間の家に遊びに行く。そこの下の子が2歳。はやいなー。子供の相手はあまり上手ではないけど、この間はまるでネコ並みにピットリなつかれた。嬉しかったけど。実の姪っ子(1歳半)は近寄ってこないというのに。不思議じゃ。家に帰ってからは近所のツタヤにビデオを借りに行く。ビデオは大作を見ると決めているのだ。
海外ドラマの「プリズンブレイク」、いい加減続きが見たいので早く新作から外れて欲しいな。早くしないと、いままでのストーリーが薄れてしまうではないか。24も早く見たいのに。来月ダーマ&グレッグが出るの、楽しみだけど、シチュエーション・コメディってビデオでみるのってどうなんだろ?想像つかん。毎週チビチビ見るのが面白いんじゃなかったかな。家に帰ってから、借りてきた『インサイドマン』を見る。スパイク・リーの新作というけれど、私には難解。全然理解できなかった。もー。アメリカ大作ものは、派手に簡単に、お願いしたい。でないと家で見る意味が無いのだよ。
土曜日は昼過ぎから街にでて、映画『ゆれる』を再見。はじめに見たときほどの衝撃は無かったけどやっぱり面白い。話がわかってから見ると、何だかスッキリしていい。同行者に良いでしょ、ね、ね、と同意を強要していやがられる(笑)。その後はドラッグストアにいって、マジックソープを購入。他、ドラッグストアコスメとか物色。要るものだけサッと買う、という事が出来ない。これ使ってみたいなー、とか思いながら今まで買ったことはない。最近そばかすが合体してこ、これはししし、しみですかっ?と気になっている部位があるので、発覚してからでは遅いの?と思いながら美白ものを研究。買ってないけど。平日会社にいるときは、次の休みにはどこどこに行って、とか色々考えるのに 実際休みの日に街に出ると行きたい所って意外とない。いや、忘れているだけか?並木の中華料理屋でご飯を食べて、地蔵のカフェでケーキを買う。家に帰って食べるのだ。しかし帰りがけに漫画喫茶に。ほぼ初漫喫。なんか、雑誌やらドリンクやら色々あってすごい事になっている漫喫。へー、ほー、と探検している内に貴重な30分過ぎる。マカロニほうれん荘とリアル、ずっと続きが気になっていた某超少女マンガを見る。帰ってから、借りてきたビデオ『ファイヤーウォール』見る。これぞハリウッド。なーんにも残らない。けどこういうので良いのです。ケーキなど食し気づけば4時。がびーんと思いつつ就寝。日曜日にはアンデルセンのリセールとやらがある。できれば『幸せのちから』見に行きたい。先着順で、ちからのおはぎがもらえるっていうのだもの。おはぎ食べたいもの。しかしなんでおはぎ?とおもったら「ちから」つながりなのね、と納得。ふぅーん。
日曜日、起きたらすでに12時過ぎ。あぁー。おはぎが・・・・。ふて寝。気づくと2時。あぁー。アンデルセン・・・・・。でもすごい人手だよきっと、と自分を納得させる。ボーケーとしてたら4時。あぁーー・・・。またダメ人間の一日を過ごしてしまった。こんな人、この世に存在してるのだろうか?ほぼ日中睡眠。何時間も眠れる自分が不思議であるが、改めてないからこんな事に?といいつつ、隣家の手伝いに。ヒマでした。カキフライの下準備だけしてもらって家に帰って揚げて食べる。23時に揚げ物・・・。問題あるけど美味しいからいいのです。カキフライは一番面倒な衣付けをしてもらっていたので、後は揚げるだけでした。こういう時だけ甘え上手を発揮する。発揮すべき場面は他でもある気がするが・・・。でもまあ美味しかったから。そのあと借りてきたビデオ(まだある)DIGを見る。これはなかなか面白かった。と、気づけば3時。むー。
月曜日、お昼はお母さんに誘われていたので、一緒にメルパルクでランチをする。最近お母さんに会うたびに何となく切ない気持ちになるのはなんでだろう。大好きなので、あとどのくらい一緒にいれるのかな、とかいろいろ考えてしまうのだ。春に旅行にでも行こうね、と約束する。物質的な親孝行がいつまでも出来ない私であった。十穀米のおにぎり(手作り)と二重焼(なぜか)をもらった。今日は普通にラップ&ジップロックだった。
今日の夜はなに食べようかな。最近 会社で長文タイピング練習というのがはやってるので、こんな日記に。もしかして読んでくださった方、わかりにくくてごめんね。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-29 15:27 | 日々
b0067547_1543147.jpgグラスゴーの新人、ジョー・マンゴーさんです。
私の周りには女性vo.の音楽を好む人が多いのですが、きっとみんな大好きになりそうな、アーティストです。ニューフォークというくくりになるのでしょうか?
初めて聴いた時にThe SUNDAYS ハリエットの声を思い出しました。そういう、透明感のある歌声です。
Innocence Mission やエディ・リーダー、ジョアンナ・ニューサムなどが好きな人にはグッとくる音楽なのではないかと。
イギリスではトラキャンエディ・リーダーレインディア・セクションとも共演しているらしいです。なんかすごいアーティストばかりなのですが・・・。Ben Leeの名前などもありました。

しかも、奇跡の来日!と話題の、ヴァシュティ・バニヤンのバックメンバーとしてツアー同行、日本でもソロライブも行うもよう。
という事でライブただいま悩み中。ヴァシュティさんは 神!だそうなので、聞いておきたいアーティストでもあります。(あまり良く知らないのですー) 同時期にジョーさんのライブもあるので、一網打尽かと・・・。
東京、遠いー。

★Myspace(試聴)
★KCRW
★ライブ詳細
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-24 16:33 | 今日の一枚
わっしょい納豆祭りがTV局の捏造だったということで、小売店や食品メーカーの人はさぞや迷惑していることでしょう。
可哀相な納豆を救出すべく、昨日の帰りスーパーに寄りました。
しかしスーパーに納豆は全然残ってませんでした。。。
しかも、『TVで特集!』のポップがいまだに掲げられていました。近所のスーパーの人はこのニュース知らないのだろうか?謎。
ポップにつられて買う人まだいるのかな?

久しぶりに雑誌ku:nel と天然生活を2冊ともを即買い。
天然のおうち特集がなかなか興味深い。ステキに暮らしている人もいるものだなー。などとひとりごちる。
ナチュラルコスメを使っている人がいて、この辺も気になった。

家にいるのに 何かとしこたま食べすぎてしまい、ウンウン唸るはめに。何かにつけ 加減というのを図るのが苦手である。

近日中に映画 『幸せのちから』 を見ておきたい。『それでも僕はやってない』も。
『マリー・アントワネット』どうしようかな。微妙なところだ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-23 12:15 | 日々
本当にこのところ 見る機会の多いアメリカの家族映画。
『イカとクジラ』を見に行く。
見ながらも 面白いなぁと思え、見終わってからもじわじわと面白さが広がってくる映画だった。

内容は、監督の自伝的作品と言うとおり、1986年ブルックリン(’69年生まれの監督が高校生の時ということか)。両親の離婚をきっかけに葛藤する兄弟、関わる両親と変わっていく家族を描いたドラマ。

b0067547_1314384.jpg兄弟への扱いを通して両親(=大人)の姿が見えてくる部分。
妻や他のものを”二流”呼ばわりして自分を大きく見せようとするところ、”通”ぶった文学や映画のセレクト、アイタタ・・な感じが苦笑を誘った。(ここを笑うのがウッディ・アレン的と評されるところ?らしいです) 父親に傾倒した長男が、受け売りを披露するところなど何とも切ない(というか恥ずかしい)。

意地悪な言い方をすれば たとえば、映画館でくすくす笑いを起こすような人が好むタイプの映画だと思う。私もそーゆー時あるかもだから(ヤなんだけどねぇ)。そしてこの映画を見てプッ、とかワッハッハと笑いとばして欲しい。
苦笑したり、笑うという事は、このアイタタな部分を体現しているということなのだから。
ラストは唐突だったけど、たまにはこういう放り投げる終わり方も悪くないかも?って思いました。

音楽はギャラクシー500のディーン・ウェアハム!
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-22 22:57 | 映画
日曜日、モタモタと起き出す。
利かないエアコンを付け、温風の当たるところに椅子を出し、ひざ掛けにくるまり座る。
女性には冷え性の人が多いというけれど、もれなく私も冷え性である。しかも部屋が常に底冷えするという悪環境のためか、今年も結局しもやけが出来てしまった。

冷え性でも低血圧でもテキパキ動ける人は普通にいるので、自分が言い訳にしているのはわかっていますが、
寒い→体うごかない→ますます冷える→体うごかない
で、椅子に座ったまま 1~2時間じっと動けず。お茶でも飲んで体を温めようと思いたっても、キッチンに行く元気がでないのであった。
こうやって人生の時間を無駄に過ごしているぅ・・・。とか爬虫類の気持ちが私にはわかる・・・・とか今一番欲しいのは24時間風呂である!とかくだらない事を考え、のそのそと行動。
まず熱いシャワーを浴びて体温を上げる。そして近所のガソリンスタンドに灯油(ストーブ用)を買い求めに行ったのであった。

夜ゴハンは隣家でカキのクリーム煮を食べる。ここ2~3年でカキを食べれるようになった。これで嫌いな食べ物は皆無になりました(ラーメンは苦手だけど食べれます)。エライ!自分。

動けなかった間、you tubeで Trashcan Sinatras"Tonight you belong to me"を何度も何度も見る。ライブでこの曲は珍しい気がした。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-22 12:36 | 日々
昨日は映画がレディスデーだったので 『硫黄島からの手紙』を見に行く。
見終わって、何だかひどく気分が落ち込んでしまい、泣きながら自転車こいで帰る。

『父親たちの星条旗』のときも、戦闘シーンが多くて それを見つめるのが結構辛かった。勉強とも思って きっちり見たのだけど、『父親~』の方は まだドラマがあったように思う。『硫黄島~』は 私にドラマを感じる余裕が無いまま、そのまま終わってしまったのがいけなかった。
見ておいて良かったとは思う。ただ、つらかったが。
内容のことは当分わからないまんまの予感。

帰宅してTVをつけたら 軽いドラマをやっていて良かった。派遣社員のやつ。そりゃないだろ、とか思いながら見入ってしまった。

映画を見た後で ここまで滅入ったのは、ラリー・クラークの 『KIDS』 くらい。1、2週間なんだか落ち込んでしまっていた記憶がある。その頃は 今より映画を"見る"ことが自分の中で大流行しており、話題の映画も悪趣味な映画も、気になると何でも見ていた気がする。
少々頭でっかちになっていたからとも思うけど、今思えば あの頃たくさん見ておいて良かった、と思う。

さすがに今はさほど繊細でもないので 気分を引きずられることもないけれど。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-18 16:42 | 映画
今日お昼にハハとランチを食べました。

「昨日ね、ぜんざい作ってからね。持って来たけ、食べんさい」 とハハ。

やったー!(大好物)と喜んでいると、おもむろにハハは

「タッパーに入れてこぼれちゃいけんから、これに入れてきたよー」 (ニヤリ)

とガサゴソとカバンの中から取り出してみせました。



ポカリの缶


b0067547_0181429.jpg






くぅー。してやられた・・・。と 持ち帰って、袋の中を見たら ちゃんと餅も入っていました。
完敗。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-17 00:21 | 日々
昨日は仕事が終わってからほぼ真っ直ぐ帰宅しました。
正月休み明けてからのカキノジンウィークが終わり、久しぶりのノーマルな一日、という感じで 何だか物足らないような、気の抜けた様な 変な気持ち。
帰りがけのスーパーではTV番組の効果で 納豆が消え去っていました。この間からどうしても食べたい!と思っているのに。あるある、め。

さて 今一番の関心ごとといえば、スケジュール帳。私は長年"定番の手帖"を探す旅を続けてますが、未だしっくりくるものを見つけられず。
年々スケジュール帳に書き込む事もしなくなってきたせいか 最近はサラリーマンが使うような極シンプルなのを使っていたけれど 今年はサラリーマンタイプにも良いのがなかった。とりあえず使っている適当手帳の、絵とか使いづらさが気になって仕方ない。
あわせて手帖としてRHODIAやら、DMやらカードやら持ち歩くことにもなり いつも荷物が多い気がする。
RHODIAは定番化しつつあるけど、使い切ったRHODIAの捨てれないメモはどうしたら?とかもー、どうしようもない事ばかり考えてます。

荷物の軽量化を考えねばなりません。
お財布とケータイと、身だしなみ揃えは良しとして。それ以外の荷物(文具系)が一番大きいのです。
帰りにリブロでも寄ってみようかな。季節的にもう、遅いか。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-16 13:01 | ひとりごと
広島でのカキノジンウィーク、好評のうちに終了したようで良かったです。早くも次回、7月中旬に広島行脚が固まりつつあるようで 嬉しい限りです。

b0067547_10154996.jpgジンジンウィークのさなか、終了間際の映画を立て続けに見てきました。リトル・ミス・サンシャイン、面白かったです。
アメリカのニュー・ニューシネマ(こんなジャンルは無いか・・)は家族のあり方や、マイノリティな自分、な類のテーマが多いように思います。
強いアメリカに付いて行けない人って、実はもの凄く沢山いるのですね。

映画の内容は チグハグな家族の珍道中→そのうち何となくまとまる、と強引に説明するとそんな感じ。家族の中ではお兄ちゃんの存在が個人的には好きでした。

b0067547_10392278.jpgトニ・コレットやっぱりかっこいい。
映画の最後、スフィアン・スティーブンスの"No man's Land"がとても良かったですが、期待していたFlaming Lipsの曲は またしても予告のみ使用だったのだろうか?!
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-15 15:34 | 映画
b0067547_1125526.jpgららさんより新情報もらいました。
3社のレコード会社によるネオアコのコンピが3枚同日リリース。監修は橋本徹(カフェ・アプレミディ、フリーソウル)ということで フーン・・・(完全なる偏見)。
ネオアコのコンピものって買ったことないのだが、アルバム単位で聞くのも億劫な今日この頃、コンピかぁ・・・いーかもねー(素直じゃない)。でも今 これだけまとめて聞けるかしら?というのも正直なところ。
しかしスタイル・カウンシルって、ネオアコのくくりだったのか・・・。コンピ3枚ともにきれい散りばめられてあるのに商業的意図を感じます。(言いがかり)

★CDジャーナル
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-14 11:27 | 音楽