<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0067547_14151483.jpg

お盆で父方の田舎に来ています。
かぼちゃの山です!
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-12 14:15 | 日々
b0067547_1557068.jpg今週末はサマーソニックですね。

いわゆるフリーフォークというくくりの音楽は、疎くてまだあまり聞けていないのですが、デヴェンドラ・バンハートさんの このアルバム、とても好きです。
健康的なのか不健康なのか、解らないような空気とか、穏やかそうな音の中に、何かがありそうな気がする、とかそんな気がしてしまいます。(デヴェンドラさんのルックスのせいでしょうか)
サマソニに出演のデヴェンドラさん、ライブで見てみたいです。とっても。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-09 16:49 | 今日の一枚
b0067547_16161448.jpgんー。すごいコンピが出てました。
Happy Mondays のBez が監修した(権利貸し?)マッドチェスタームーブメントヒッツ!なつかしー!
イヤ、懐かしいとか別に今求めてないのだけど、笑えます。というかいいですこれ。
ヒット渦中の時には、別にどこでも聞けるからいいや、とか超マスト盤を今さら買えるか(若き見栄)とか そんなこんなで買わずに忘れ去られていた曲もピンポイントで聞けましたー。
Utah Saints、Shamen、Beloved などが なぜかライトナウ、爆音で聞きたい。んー、いーねいーねぇ、とか言いながらかけてます。
収録曲
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-08 16:38 | 今日の一枚
b0067547_111028.jpg『まいたけ 9円』 →

近所の昭和感漂うスーパーにて。ここには 通常のスーパーでは売らないだろう?というバイバイ寸前の野菜とかも普通に売ってて驚愕します。

Orange Bicycle 今月号、更新しました。
今月のこの一枚
今月のコラム。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-07 11:00 | 日々
b0067547_0113980.jpgSET LIST
easy on the eye(新曲)
Heyfever
Free time
Leave me alone
All the dark horses
Easy read
Prisons
Got carried away
How can I apply....?
Send for henny
The safecracker
I've seen everything
a coda
Weightlifting
Wild mountain side


フジ苗場から下山して以降、本当に行った現実だったのか、夢だったみたいにボンヤリしてます。
どこかで雨が降るというこのフェスですが、よりによってTrashcan Sinatrasは直前から激しい雨。ステージ前には大きな水溜り。

1曲目にいきなりの新曲。レインコートのフードが音をさえぎる感じがイヤで、フードを脱いで聞く。少し寒い。
Free time、Got carried awayなどアルバムweightliftingからの曲は ジャケのイメージのせいか、風景を連想させるような曲に思えて、野外というシチュエーションで聞くのにとても気持ちが良い(夕焼けだったら良かったのに!)。
雨は途中で止んだり、弱まったり。曲が進むにつれ、空は段々と暗くなってくる。
a coda は演る予定ではなかったようで、直前に変更しての演奏。もとは何をするつもりだったのだろう?
Weightliftingを聴くと、そろそろ終わるのかな、と思う。そして次に彼らを見るのはいつになるのかな?とか その時また見れるんだろうか?とか つい考えてしまうのであった。
最後はWild mountain side。美しいスコットランドの風景を歌ったというこの曲、この山の中で聴けたのは嬉しかった。
激しいライブではなかったけれど、やっぱり見に行って良かった、遠かったけど!雨の中 そう思ったのでした。

ベースのDavyはこの夏のツアーには不参加。代わりに'99-'00 時のメンバー、Grant Wilsonさんがベースを弾きました!(太陽の翼の時のメンバーのようです)
Francisのヒゲがぼーぼーでした。
バンドはこの後オーストラリアツアー
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-01 17:55 | Trashcan Sinatras
フジ登頂から戻って来、よぼよぼです。
でも楽しかった!遠かったけど、行って良かったです。やっぱりフェスはいい!

入場してすぐ、混み混みが予想されるTシャツ売り場へ。下見もかねてヘブンまで。お目当てのTrashcan Sinatras のTシャツは早々にGET。

WOLFMOTHER @Green
この日初めて目にしたライブはオーストラリア出身の彼ら。声、高っっ!
レッド・ツェッペリンを激しく髣髴とさせるバンドにフム。


FIELDS @Red
聞いてすぐにイギリスのバンド、と解るようなイギリス音の新人。vo.は女の子で、シングルになる(?)とのコメントのあった一曲はとても良い。
何かどこかで聞いたことがあるような・・・・・・。いい意味で。
しかし割とすぐに飽きてしまい、移動。。。


eastern youth @White
日差しも強く、夏晴れ!な苗場。
彼らのライブは始めてみたけど、すごく盛り上がっている!
ジャパニーズエモの元祖ってこういうのでしょうか?人を熱くさせるような感じです☆


Double Famous @木道亭
森の中の道、ボードウォークの途中にある小さなステージにてのプレライブ。
本ライブは時間的にムリそうなので 楽しみにしてました。
彼らの無国籍な音楽、オープンな空気が森の中によく似合う。
途中から降り始めた雨に、みんな色とりどりのカッパをかぶり始め、森の緑も濃く感じる。


THE HIVES @Green
良さげなライブを想像していた彼らをチラ見しようとGreen へ移動。
しかし、長旅の疲れがついにピークに。止まぬ雨の中、傘も差さずに(禁止)雨に打たれながらのうたた寝。。。。
意外と心地よかった☆

雨、土砂降りクラスにひどくなる。

すっかり気力を奪われ、Orange にて三宅伸治さんの歌を遠目に体力温存。
(思えばこの裏でJENNY LEWISなどもしていたのね)


Trashcan Sinatras @Orange



KULA SHAKER @Red
サイドの出入口から人が溢れんばかりにパンパンのRed、まさに寿司詰め!
人の山で、ステージの端っこすら見えない。クーラってこんなに人気あったの!?(失礼)といいながら、大好きな"Shower your love" に吠。アレンジ良かった!
続けざまに"Hush"," Hey Dude"と、会場もKULAの熱気もすごい。文句なし!


電気グルーヴ @Green
遠くから見える電グルの灯かりがなんか宇宙みたいでした。ぼーわー・・として、卓球の叫びが聞こえる。下界から かなりかけ離れているGreen一帯。
"虹"がいい。サイドスクリーンのグラフィックもいい。


RED HOT CHILI PEPPERS @Green
この日の入場者数4万5千人の内、ほとんどの人間が彼らを見に来ているのでは?と思う程、何か別格の空気感が漂う。始まってすぐ、客電で映った人のうねりがすごかった!そこにいるのは人じゃないみたいで。
なんか、狂気、です。


SCISSOR SISTERS @White
この日の 個人的大穴。待ち焦がれていました☆
解ってはいたけど、演奏 巧!!!
そしてジェイクがもーーー、かわいー!踊り子ぶりもさすが!です。レモン色+ゴールドラメのスーツすらきゃわいく見えてしまう。
同じくvo.のアナ姐のMC掛け合いもこなれていて、客を引っ張る感じがまたしても巧!
take your mama
tits on the radio
Laura

この合間に新曲を1曲ずつ入れた6曲まで聞きましたが、帰りの時間もあって断腸の思いで 苗場を後に。うぅぅぅ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-01 17:46 | 音楽