<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

映画の内容は1994年のアフリカ ルワンダで起こった民族間の内紛 :フツ族によるツチ族の大量虐殺《3ヶ月あまりで100万人の人間が犠牲》と 巻き込まれ、事態にのまれつつも懸命に 家族や隣人、逃げ込んできた人々を守ったホテルマン ポール(実在の人物)の数日。 

b0067547_14312328.jpgホテル・ルワンダが地元でも公開され、見に行きました。
私に何かできることがあるだろうか?何も無い。そう思って虚しくなりました。
感想として何か書く前に、色んなブログに立ち寄ってみましたが、流されてしまうので 直後に感じたことだけ書きます。

虐殺の事実を伝えようと、支局にVを送る報道カメラマンに ポールが言う。『きっとこのニュースを見た人達が助けに来てくれる』
それに対してカメラマンは 『世界の人達は このニュースを見て “怖いね” と言って またディナーを続けるよ』 と言った。
このひと言にドキリとした。

きっと自分自身も同じように、『遠くの国で何か起こってるのか』とニュースの一つとしか思わないだろうし、映画を見終わって気持ちが落ち着いたら すぐにまた忘れてしまうだろう。

映画館ではルワンダの現状報告の展示、フィルム前後にNPO法人で参加・活動されている学生さんのルワンダ支援募金があり とてもよい試みだと思いました。私も募金に協力してみたものの、一瞬 良いことをした、と思った自分が恥ずかしくなった。
こういう事で何かをした気になってはいけない。
事実をいつも身近に感じていることは難しい、が 何かを知ろうとする事には価値があると思いたい。

存在を消されてしまった コネもお金も無い、全く普通の隣人達の方が 逃げ延びた人達よりもはるかに多かったんだろうと思うと複雑です。
自分に何が出来るのか?ほんとうに解らない。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-20 17:46 | 映画
【あらすじ】 1943年、スターリングラードの大敗以降、劣勢の戦況を隠し、ヒステリックに戦争の勝利を叫ぶヒトラー独裁政権末期。 その恐怖の時代に、兄ハンスやその仲間たちと共にヒトラー政権に真っ向から立ち向かったドイツ人学生によるレジスタンス・グループ“白バラ”の紅一点ゾフィー・ショルが逮捕される…。 実話反戦ドラマ


映画の詳しい話はこちらなどを。b0067547_1631315.jpg

地方の警察官出身のゲシュタポ(国家警察)取調官がゾフィーと対峙するシーンが印象に残った。
例えば今 社会が同じ状況になったなら、大半の人間がこの取調官と同じ側に立つのではないだろうか。
ゾフィーのように、信念を貫き通すことが、全ての善良な人間に出来るだろうか?
良心だけを痛めつつ 『そうは言っても それは仕方ないでしょう。』と思ってしまう気がした。 

この映画を見て、何か共感する、とか 何か行動を起こそう、とか 私にはあまりありませんでしたが、史実に目を向けさせるキッカケとして、とても意味のある作品だったと思います。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-14 17:28 | 映画
オレンジバイシクル4月、更新しています!

オレバイのつぶやき。
今月のこの一枚

2月、3月は色んな所に出かけました。
これからも楽しい日々を過ごしていきたいものです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-10 15:06 | 日々
私の母は歌手:徳永英明のファン。

昨日実はコンサートに連れられて見て来ました、徳永英明。。。
誘われた時から『これはネタになる!』とほくそえんでいたのだけど、母のピュアさにそんな気も起こらず(笑)。
まぁ、コンサートというイベントものに行った事がない母、ドギマギする様が 我が母ながら可愛らしかったです。
コンサート自体は、素晴らしく音響がよく 集客も満員御礼でビビりました。照明や舞台装置も お金かかってる感じで、これぞエンターテイメントでした。なかなかに面白い体験でしたです。
次回はプレゼントしてあげよう、と心に誓ったのでした。(今回は奢ってもらった)
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-10 14:56 | 日々
yo-oo-koさんよりバトン回ってきました★
バトン久しぶりです。自分について~、ぽいです。

1.自分を色に例えると?
着る服は黒が多いですけど、『モスグリーン』かなと。パッキリした緑ではないです。くすんでます。昨日着てたズボンもグリーンでした。

2.自分を動物に例えると?
これはもう、やはりアレしかないですね。
『オカメインコ』
・・・・顔がね、似てるんです。
他にもツバメ、スズメ、セキセイインコ、と なぜか鳥類ばかりに似てると言われます。

3.自分を好きなキャラに例えると?b0067547_1413973.jpg
『恩田かや乃』
ドラマ“やっぱり猫が好き”で もたいまさこさんの役です。
・・・・行動パターンがね、似てるんです。
ちなみに顔は似てません。自分ではキミちゃん(小林聡美)似と思っているようなところが、かやの姉ちゃん似 たるゆえんでしょう。親近感・・・。(写真は 映画:かもめ食堂)

4.自分を食べ物に例えると?
これはどう答えたら良いものやら。
フルーツとか、スイーツとか可愛らしい物に例えたいところですけども。
『パン』かしら?米よりもパンのほうが好きなもので。
ちなみに好きな食べ物 (聞かれてない)は お餅と豚のしょうが焼きです。

5.次にまわす3人を色に例えると?
36さん ⇒イエロー 昔見かけた黄色のTシャツが良く似合ってました。
kemjiさん ⇒ブルー ブログの色のせいかもしれませんが、何となく。
k-hikoさん ⇒白 イメージで。ル・クルーゼの鍋も白だとか。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-06 16:18 | 日々
↓音が出ます


以前THISTIME RECORDSさんのサンプルに入っていた彼らの曲が すごく良かったので、発売日に買いに走りました!

やっぱりすごく良いです。 OWEN や Death Cab For Cutie 辺りの音に近いと言えばまぁ、そうなんですが、新人さんにありがちな その影響の色は ちゃんと自分の音で鳴っている(と思う)ことで解消されています。
〇〇ぽい、というのも1枚目では 目安にもなり、また許される気もしますし。

この手の音を鳴らすエモのくくりは 最近とても好みです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-05 23:30 | 今日の一枚
曽我部恵一BANDのライブに行ってきました!
始まると同時にぐいぐいと持っていかれる感じが楽しかったです。

ライブ中 リクエスト曲を演る、というのを各地でしているようで、広島では『シルバースター』でした。 とても好きな曲なので ライブで聞けて嬉しかったです。

すごく熱いライブが繰り広げられました。
次の日には すぐ別の地(福岡)でライブ。精力的だなぁー!と思います。
なんでだかライブでは特に 曽我部さんの丁寧さというか、音楽に誠実な感じがすごく伝わる気がしますね。

セットリスト
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-04-01 23:04 | 音楽