<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0067547_23591180.jpgライブは本当に素晴らしかった。

無類のカレー好きとしても知られる曽我部さんが、『カレーライブ』 と銘打って、広島でも美味しいと評判の『かれえや ばばじ』で単身、アコースティックライブを行う。
そもそも、このライブ企画を知ったのもひょんな出会いが元だったりして、偶然の不思議さを感じてしまう。

b0067547_002793.jpgライブ→カレー配給→ライブ
という、全5時間半!33曲!!の空間。スパイスの香りに包まれて、濃厚な時間でした。チケットや小物(これがすごかった!)に至るまで、まるで曽我部さんとばばじスタッフさんのコラボのようでした。オリジナルTシャツも迷わず購入。
ライブ中も色んな話が飛び出し、前半は和やか/後半はぐいぐいと熱い雰囲気。楽しく感動しました。

b0067547_005979.jpg曽我部さんの日記や、ライブを見て感じるのは、『なんてそのまんまの人なんだ!!』ということ。素晴らしい人だ、といつも思う。
『ばばじ』 も単なるライブ会場にはおさまらず、曽我部さんと同じように存在感を発していました。
カレーライブ広島死闘編(仁義なき戦いにかけてあるのです)vol.2も3も是非またやって欲しいです。
b0067547_012528.jpg
考えたら、カレー屋さんといい、温室といい、面白い場所でライブを見ている気がするな。

曽我部さん側の感想
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-30 00:02 | 音楽
b0067547_1552246.jpg2.21 (tue) 代官山 UNIT
OPEN 18:00 START 19:00
4,000YEN


なぜ1日だけ?それも火曜に・・・。
見逃すな!って、宣伝文句がヤケに癇に障る。私だってできれば見逃したくないわ!

SMASH
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-26 15:57 | 音楽
来店した ミュージシャンのサイン色紙が沢山貼ってありました。
The Modsとか、何とかとか(覚えていない)沢山ある中に、

「The Pixie」というキャプションが付いた色紙があったんです。

外人ぽいサインだし、日付(2005/12/3)からして

『どう考えても Pixies、だよねぇ』

と談笑する事しばし。

しかもなぜPixiesクラスが来日してまでこの大衆居酒屋に!?とか、メンバーと判ったなら何故バンド名を間違える?!などと謎は深まる。

そのサイン色紙を考察していると、どうやらジョーイ一人分のサインしかない。
そして名前とともに記してあるバンド名には

『a Pixie』 (単数)



確かに書いてありました。

ジョーイお一人様 ご来店・・・。
b0067547_1043434.jpg

[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-23 10:43 | 日々
b0067547_167965.jpg見ました。
ミュージシャン映画定番のライブシーンや半生を綴ったものではなく、スターであるが故の苦悩やアメリカからのバッシングの内容、肉親や恋人との別れなどを 友人や縁りあるアーティストのインタビューで構成されています。

アメリカからのバッシングは、彼のセクシャリティと、政治的発言に対するもので、今後も多難そうな印象を受けましたし、アーティスト等からも皮肉たっぷりにコメントされていて(ノエル・ギャラガーが出てきたのには笑いました)大スターもタイヘンね、と思ってしまった。

彼がコンサートやPR活動を一切しないという事をこの映画で初めて知りました。自分の真意が伝わらない事への苛立ちから そうなった様ですが、それでも多くの人が彼や彼の曲を知っているのはすごい事だと思いました。
そんな彼がフレディ・マーキュリーの追悼コンサートで、自分の恋人の為に歌ったというくだりは正直、泣けました!

20年ぶりに実現したという アンドリュー・リッジリーとのジョイントインタビュー、そしてコメントを寄せるボーイ・ジョージのメイクにも注目です。

公式HP
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-21 20:38 | 映画
年明け早々、ハハとハリー・ポッターの映画を見に行きました。
(この手の映画はハハと見に行く約束をしている)
映画中、パーティーのシーンがあり、その中で一瞬

ジャーヴィス・コッカー(PULP)が出演してました。。。。

前作にイアン・ブラウンがカメオ出演していた時ほどは驚きませんでしたけど、やっぱりビックリしました(そぐわないもの)

鑑賞後、このオドロキを誰かと分かち合いたかったのだが、隣はハハ。
あぁー・・・・
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-19 12:59 | 映画
b0067547_13305143.jpgScissor Sisters/Scissor Sisters
↓のBrit Award 引き続き。2005年、シザーです。
時代のあだ花的な存在ですが、好きなんです。とても。
Brit Award 2005 でのパフォーマンス "Take your Mama"、度肝を抜かれました。

これも、面白いからと知人に教えてもらい、え~・・・と言いながらハマってしまいました。
彼らのカッコ良いところは、エンターテイナーに徹しているところでしょう。潔いです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-18 13:32 | 今日の一枚
b0067547_14422965.jpgRobbie Williams/The Ego Has Landed
↓のBrit Awardの流れで聴いてします。
ロビー・ウイリアムズ、元Take Thatです・・・。が!こういう冠に惑わされてはいけません。いい楽曲、いいプロデュース。悪い訳がないのです。何しろ、お金かかってますから。
はじめは私も敬遠していましたが、イメージに囚われて 面白い音楽を聞き逃してしまうところでした。
ちなみに"No Regrets"には ニール・ハノン(divine comedy) ニール・テナント(pet shop boys)が参加。
新作のパートナーはスティーブン・ダフィ(Lilac Time)!!
この人選も驚きですが、優れたメロディメイカーでありながら、比較的地味だったダフィに光が当たるのは嬉しいです。

JPオフィ PV見れます。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-17 13:28 | 今日の一枚
来月2月15日に予定される、Brit Award 2006 のノミネートが発表されました。
ノミネートされているアーティストを見るのも面白いです。功労賞にポール・ウェラー御大・・・(笑)。複雑です。バリバリ現役な本人もきっと受け容れ難いのではないでしょうか。

男性ソロアーティストに挙がっている、Robbie Williams、ひそかに頑張って欲しいです!新アルバムは(買ってないけど)スティーブン・ダフィが楽曲を担当しています。
個人的に「えー・・・」なのはAntony and the Johnsons。去年から高い評価を目にします。私はダメでしたが・・・。玄人受けが良いのでしょうね。

James Blunt が数ノミネートを獲っています。未聴なので気になります。ここまで名前が挙がってたら、彼の受賞は固そうです。あとはcoldplay、フランツあたりか。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-16 16:47 | 音楽
b0067547_16512160.jpgLast Days of April のボーカル、カール・ラーソンのソロアルバム。昨年末くらいからよく聴いています。Last Days~は正直あまりピンと来なかったのだけど このソロはかなり好きです。といってもやはりエモ寄りではあります。
やっぱりメロディと声が良いのですね。
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-15 16:47 | 今日の一枚
この冬もまた、しもやけが出来てしまいました。
非常にかゆいです。

Orange Bicycle HP 1月分アップしました。

今月のこの一枚
今月のつぶやき
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-01-10 14:59 | 日々