<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

b0067547_3104741.jpg週末、飲みの帰りに寄ったバー(?)に、たまたま旧友が3人バラバラに来てて鉢合わせました。
とっても嬉しい偶然でした。
彼らと出会ったのは15年近く前。それぞれが当時とは変わって、昔のような会い方はしなくなったけど、お互いがその頃を大事に思いあってる(と思う)様な気はします。
とにかく旧交を温めあったというかんじで、気が付いたら財布が空っぽになってました(泣)
初めてのトラキャンのライブを一緒に見に行った事など思い出しました。これもまたタイミングのよい偶然です。
こういう場は、なぜだかバカ話で妙に盛り上がるものです。ウェザオール最高!
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-30 02:21 | 今日の一枚
b0067547_1482595.jpg何故だかうちにはカフェブリュが2枚あります。正確には上の方は"my ever changing moods"というアルバム名ですが、内容はほぼカフェブリュです。米ゲフィンからのリリース。ゲフィンってこういう事多いのかしら。(TFC然り)
b0067547_1525873.jpg何で2枚かというと、米盤のほうに"solid bond in your heart"が収録されているから。マニアじゃないので、経緯は知りませんが、この曲が大好きなので買ってしまいました。
スタイルカウンシルに関しては、いい曲が多すぎて ベスト盤を聴くのが手っ取り早いなといつも思うけど、それはポール先生に申し訳ないような気がして(というか持ってない)アルバム単位で聴いております。b0067547_1485029.jpg本当はベスト盤欲しいです。という訳で近いうちに手に入れます。
k-hikoさん思い出させてくれてありがとう。
ちなみに写真はk-hikoさんのところで少しだけ話題に上った御大のパルコ前写真です。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-29 02:28 | 今日の一枚
b0067547_1256858.jpgトラキャン祭りがいまだに開催されております。
ここ最近は季節が良いので お昼を平和公園で食べています。
木漏れ日+トラキャンで、マイナスイオンをかなり浴びており調子がよろしい☆☆
たまにノラがやってくるので、食べ物を与えたりしてます。今日もその子に遭遇したが、どうやら腹を下している様子。
昨日なんか悪いもの食べたのだろうか。心配というよりは少し気分が悪くなってしまった・・・。所詮ノラなんてそんなもの。ごめん。
------------------------------------------------------

休憩から戻り、yo-oo-koさんのブログに素敵な記事が載っていたのでTB!
東京でのトラキャンライブにゲスト出演していた 曽我部さんの日記に関する記事でした。
彼も、本当にトラキャンのことが大好きなのですよね。日記を読んで、ウンウン、ウンウン。と気持ちが伝わってきました。
大阪のシフトにてジョンに、『太陽の翼』ツアー(日記にもある福岡のライブ)に行ったことを伝えると ジョンはサニーデイと一緒に演ったライブだよね!何年前になるかなぁ、と話していました。そして、解散しちゃったねー、と残念そうでした。
なんだか素敵な関係だなぁ、と思いました。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-27 12:56 | 日々
b0067547_23531017.jpg試聴して購入した一枚。(7”シングル)
これはまんまデュランデュラン+キュアーではないですか!な一曲に思わず笑ってしまいました。
今またこういうのが受けるのでしょうか。
恥ずかしいのを通り越して、むしろかっこいいです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-27 00:05 | 今日の一枚
今月の頭に髪を切りました。
あごラインの長さのいわゆるボブに、ゆるゆるパーマをかけたつもりだが、この"ふうわり感"とやらが、なかなか難しく、すでに面倒臭くなってきている。

会社で『もうパーマ取りたい』 などと話をしてると、どんな髪型にしたいの~?と問われる。
思い浮かぶシルエットを言葉にしたかったが、単語が見つからず。
咄嗟に出た言葉。
『ピスタチオみたいな頭になりたい』

撃沈。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-26 14:44 | ひとりごと
tower record B1Fのライブスペースには今回初めて入ったのですけれど、キャパ200人程度の ちゃんとしたステージ。インストアで軽く考えていたので驚き。セットリストは、来日ライブ中いちばんバランスよく充実していたようにも思います。 アコースティックでノックスを聞けたのにも大感動!
スティーブン(dr.)が腰痛そうなのが気になるところである。
初めてトラキャンを見たときから スティーブン氏のドラム技に心を奪われておるのですが、インストアの時は タイコと卵型の鳴り楽器、足にも鳴り物を装着し、ミニマルな鳴り楽器人間と化しておりました。
b0067547_7592464.jpgライブ後、"circling the circumference"の7"にサインをしてもらい、『今日この曲はしないの?』とフランク(vo.)に尋ねると『うーん、どうかなぁ』と言うので 『演ればいいのに』と言うと、フランク氏 『忘れちゃった』
・・・・・・・・まぁ、古い曲ですし。しかし誠実なフランクなのであった。
大阪でスティーブンにはサインをもらっていたので『僕はもうしてるよね』と握手のみ。Hello again!と言われ気を良くする。メンバーはみなシャイそうな感じで、こっちもなんとなく照れてしまう。
来場者全員に色紙に書いたサインのプレゼントまであり、驚く。towerすごい。

夕方になり友達と合流しクアトロに。
ロック系のライブ程、押し寄せる勢いはないが、ちゃんと曲を聴き、オーディエンスがライブ自体を楽しんでいる感じ。歓声も大きく、静かなのに熱い雰囲気に。
『6ネンブリデス』『待ッタカイガアリマシタカ?』などと、この3日で覚えたであろう日本語を駆使。大阪で 日本語が話せないから、という様な事を言っていたので、一所懸命覚えたのだろうなぁ、と。
サポートメンバーのロディ・ハート(男前)の事をピアノマン、と言っていたが、日本にいても時事ネタをチェックしている所などはやはりイギリス人、さすがである。
大阪とは違う曲で ジョンがボーカルの新曲を披露。ジョンもいい声。途中でフランクがコーラスで入り、通常とは逆パターンだけど、これもいい。圧巻のギター4本は この日もまた共鳴していてすごい厚み。
スティーブンも、頭に綿が巻いてある(?)ドラムスティックやら、ブラシやらを多用、ギターの要のポールとともに音職人ぶりを発揮。
この人たちはどうしてこんなに一体化しているのだろうか。本当にスバラシイです。

b0067547_759316.jpgアンコールではサニーデイサービスの曽我部さんと田中さんがギターで参加。"snow"をともに演奏。太陽の翼ツアーを思い出してジーンとする。
フランクのパフォーマンスも密かに楽しみでしたが、途中で彼はお花を投げました。しゅっっと。
そしてまんまと私の顔面に命中・・・・・・

きっと皆がそうであるように、たくさんの曲に色んな想いがあって この3日で心の中がパンパンになりました。いいライブでした。ほんとに。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-25 08:00 | Trashcan Sinatras
TOKYO instore @TOWER REC. / 20th 5. 2005

1. freetime
2. hayfever
3. got carried away
4. all the dark horses
5. obscurity knocks
6. wild mountainside
7. how can I apply...?
8. leave me alone
9. send for henny
10. weightlifting

TOKYO live @ CLUB QUATTRO / 20th 5. 2005

1. got carried away
2. how can I apply...?
3. all the dark horses
4. hayfever
5. 新曲(johnがvo."prisons")
6. leave me alone
7. obscurity knocks
8. freetime
9. easy read
10. what women do to men
11. I'm immortal
12. send for henny
13. it's a miracle
14. trouble sleeping
15. I've seen everything
16. weightlifting
-------------------------------------
17. snow(with sokabe & tanaka)
18. the safecracker
19. one at a time
20. the therapist
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-24 02:08 | Trashcan Sinatras
SYFT(レコード店)でのインストア。閉店後、床にござを敷いて前からつめて座っていく。客が地べたに座って見る(それも彼の足元)、というスタイルにvo.のフランクは戸惑っている模様。
店舗というシチュエーションも手伝ってか、ライブはとてもフレンドリーな雰囲気。フランクと1列目の距離はほんの1Mばかり。その間にマネジャーらしきオジサンが、なぜか横たわる。オヤジ様がTVを見ているようだ。そのオヤジ様の頭が私の目前にせまり、気になってしまう。
b0067547_3331649.jpgインストアライブはアコースティックという事でか?ベースのdevyは独り店の外(バルコニー)に。途中からフランクに中から鍵まで掛けられ「stay!」と指示されるも(犬?) われ関せずで 店内も見ず、独り喫煙。マイペースな人なのですね。

曲が進むにつれ、お客さん各々の想う曲が始まると 静かな歓声があがったりして。この日の私のスペシャルはやっぱり send for henny!新譜からの曲もかなりいい!!
b0067547_333524.jpg
翌・つづいて心斎橋クアトロ。
出だし3曲の並びは昨日のインストアと同じだが、曲の厚みが全然!違う。前座のロディ・ハート(男前)がサポートでキーボードとギターに入る。曲によってはギターが4本!なのに音が全くケンカしていないというのがすごい。息が合っているという次元を超えている気すらする。

How can I apply...?のイントロなんて、かなり感動的でした。
場内が歓声とも何ともつかない、ファーーみたいな上気した空気感に。
やっぱり誰もがこのライブを待っていたのだなぁと強く思う。
そしてobscurity knocksをまたライブで聞けるとは!

もう周りとかどうでも良くなる程 ライブに没頭。全身全霊でライブ聞きました。
きっと一緒に見ていた友達も、何も会話しなかったけど 空気が伝わっているような、そんな気持ちになりました。
ただただ、好きだなと思いながら ずっと聞きたいなと思いながらライブ終了。

it's a miracle!!
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-24 01:52 | Trashcan Sinatras
OSAKA instore @ SYFT / 17th 5. 2005

1. got carried away
2. how can I apply...?
3. all the dark horses
4. wild mountainside
5. easy read
6. send for henny
7. freetime
8. weightlifting

OSAKA live @ CLUB QATTRO / 18th 5. 2005

1. got carried away
2. how can I apply...?
3. all the dark horses
4. hayfever
5. freetime
6. leave me alone
7. obscurity knocks
8. easy read
9. send for henny
10. a coda
11. it's a miracle
12. what women do to men
13. bloodrush
14. hammertime (john がvo.)
15. trouble sleeping
16. I've seen everything
17. wightlifting
----------------------------------
18. wild mountain
19. only tongue can tell
20. in capital
21. the therapist
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-24 01:51 | Trashcan Sinatras
会社では 地位もないのにパソコンを2台使っています。
この3日、会社を休んでいる間に ネットワークの移行だとかでシステムが新しく変更していました。
自分のパソコンなのに(正確には会社のだが)入れない!まるで侵入者扱いである。
おまけにメールも移行する際に、私のだけ失敗したとかで、今までのデータやら何やらがすべて無くなっているではないか!!不在に対する嫌がらせか?!
むーーん
デスクトップに設定してたダニエル・ジョンストンの絵も無くなってるし。
ネットにマークしていたサイト等々、すべてが白紙状態に。
会社のPCを私物化していた私がいけないんです、はい。でもヒドイ・・・。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-05-23 11:48 | 日々