<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

既決の20日の東京タワーレコードに続き、17日大阪でのインストアも決定いたしました!
SYFT RECORDSさんにて。
入場は無料、大阪ライブのチケットを持っている方を優先に、という事らしいです。
詳細はまた、わかり次第。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-28 03:09 | Trashcan Sinatras
b0067547_2331040.jpgロシアのカメラ LOMOですが LC-Aが製造中止になるみたいです。
友人達に所持者が多く、馴染み深いカメラでしたが、デジタルカメラの気楽さに押され 自身はいつかいつか、と買いあぐねてました。
これを機に 買おうか、また迷ってしまいます。
デジカメがある今、頻度を考えるとなかなか思い切れない部分もあります。
ふむむ。。。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-28 02:36 | 日々
b0067547_12355912.jpgアルバム"Stoned and Dethroned"からのシングル。マジー・スターのホープ嬢がゲストヴォーカルで参加しています。ホープ嬢にはパーマネントに参加して欲しいと思う位 ふたりの気だるさは合っていて、聴いていてドキドキします。
このアルバム以降のJesus & Mary Chain を買っていなく、わりと最近のものだと思っていましたが’94のリリースでした。軽く10年経っちゃってます。
JAMCは、実はAutomatic 以降のものの方が好みだったりします。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-27 16:48 | 今日の一枚
b0067547_533918.jpgElliott Smithのトリビュートアルバムが昨日届きました!
DOUBLE RECORDSというレーベルからリリースされてます。
まだ全部聴いていないですが、原曲に忠実なもの、アレンジしてあるものもありで楽しめそうです。
個人的な好みでは、カバーはあまりアレンジしてない方が好きなので、大好きなwaltz#2や miss miseryが忠実で じーんとしました。
レーベルサイトでは試聴もできるみたいです。通販も可。
こうやってElliottの曲が生きていけるのもなんかいいなと思いました。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-22 12:10 | 今日の一枚
b0067547_15583955.jpg既発のアルバムthe seven autumun flowersから2枚目のシングル。

前身のバンドFIELD MICEは結構熱心に聴いていたのですが、trembling blue starsはシングル数枚しか聴いていませんでした。
このシングル曲"the sea is so quiet"が非常に!良いです。
やっぱり声が好きなのです。音はSt. Etienneぽい気もします。これならアルバム買っても良いかな~などと思いました。
日差しの強くない日に聴きたいような曲です。

elefant records のページで試聴ができます。
シングルカットなのにCDSに別の名前が付いている。不思議だ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-21 22:31 | 今日の一枚
今日のメモ

来日まであと1つきになりました、Trashcan Sinatras。楽しみに待っていますが。
が。
東京のインストアライブ、なんと関東近郊のタワーレコードでライブ盤"Fez"を購入した方にのみ、参加券がついてくるんだとかっ。
東京以外のトラキャンファンはインストア見れないの?!哀しいです。
はるばる地方からライブを見に行く輩はこんな情報も知らずに。
もうライブ盤、買っちゃったし・・・・。
こういう時、東京中心の世の中が恨めしく思えます。
・・・・・・
ショックです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-20 15:56 | Trashcan Sinatras
今朝、出勤前に市民球場の横を通ろうとしたら、長蛇の列ができていた。
カープファンか?!と思いきや、男性が一人もいない。何があるのだ?と思っていたら、
「パク・ヨンハ ファンの集い」であった。
そういえば若オバチャンばっかりだったな・・・と思いながら信号待ちをしていたら
北陽のあぶちゃんが乗ったタクシーが止まった。
すごく可愛かった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-18 17:18 | 日々
b0067547_9591534.jpg公開終了ギリギリ間に合いました。
主人公はふさぎ込みがちの中年男。結婚間近の友人を連れて一週間の旅に出る。

この主人公マイルズのダメ大人っぷりにとてつもなく親近感を覚える。マイルズが旅の途中で 時たま感じているであろう、憤りや不満や、あきらめ。
地味ながらもふっと笑える大人向けの映画だと思いました。
特に彼が旅から戻って来てからの、ラスト前の10分間はとても良かった。
友人の結婚で再会した、別れた妻との会話。その時のマイルズの表情。そのあとも続く普通の日々などなど。この日常に、じーんとしてしまった。多分感動するところではないのだが。
そして彼もふと考える、普通に。自分がしたいこと。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-15 12:35 | 映画
b0067547_1312342.jpg昨年の12月にアメリカはNY、fezというライブハウスでの音源がライブアルバムとしてリリースされました。
ライブ音源にしては音がクリアで完成度はかなり高いと思います。フランクのvo.も安定しています。
only tongue can tellを始め、各アルバムの名曲が聴け 非常に充実した内容。新しいアルバムからの got carried awayなども素晴らしいです。

来日公演まであと1月あまり、こんなアルバムを出されると、ますます期待感が高まってしまいます。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-12 13:44 | Trashcan Sinatras
b0067547_1632165.jpg昨日、欠勤しておきながら 病院帰りに映画を一本。
「シービスケット」のリバイバル上映です。

1930年代頃の実話。アメリカ大恐慌時代、競馬には不利な条件ばかりの競走馬と旗手、が 何度もの勝利を収め、沢山の人たちに希望を与える。
馬が走る姿や、きれいな風景、アメリカンドリーム、といったとても解りやすい作品でダイレクトに心に響いてきた気がします。
こういう明快な作品、好きです。
見終わったあと、清々しい気持ちになれました。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-04-12 10:58 | 映画