<   2004年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

BBC scotland の airというラジオ番組でTCSのセッションが聴けます。listen again で一週間は聴けるようになっています。始まって25分あたりから1曲目は始まりますが他のアーティストでも面白い曲が色々と楽しめます。play list をクリックすると曲のリストが見れます。
Trashcan Sinatrasサイトのニュースでは バンドは12月からアメリカツアー、その後UKを回るようですが 2月か3月には来日するかもしれません!
といっても 少し前まで11月頃に来日、とあったので どうなることか。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-30 23:50 | Trashcan Sinatras
グラスゴーを中心とした スコットランドのギターポップに関連したサイトのウェブリング “スコティッシュ団地”に登録しました。
右上のナビゲーションバーの prev , next をクリックしたら、関連のサイトに次々と訪問できます。
私も大好きな、Teenage Fanclubのサイト大充実です。ファンサイドの愛が伝わり、いつか日本でグラスゴーフェスが実現する日を夢見つつ・・・!

リングマスターのkomataroさん、登録方法から詳細まで ホントにありがとうございました。これからもよろしくお願いします!
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-29 23:28 | 音楽
b0067547_1225512.gif
GANGWAY/Sitting in the park
コペンハーゲンのバンド。
後期はエレポップ度高いですが、初期はかなり好き。なんと言ってもメロディが秀逸なのです。hammer label という当時のzest絡みのレーベル(?多分)からリリースされましたが、オリジナルは1986年みたいです。hammer~のは’91年、結構時差があります。’86年だったら多分聴いてないと思う。
かなり後でさらにリマスター版も出ましたが、これもかなりの良盤です。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-28 12:02 | 今日の一枚
b0067547_43621100.jpg例え音楽に興味がなくても 必ず耳にしているMOTOWNの音楽。 マービン・ゲイやスティービー・ワンダーなどの有名シンガーの裏方バンド "ファンク・ブラザーズ"の軌跡。
会社のブルース/ファンク好きのお兄様方と観に行く。私はあまりMOTOWNの音楽は詳しくないので 有名な人が出ても分からなかったが、隣のお兄様のリアクション&小躍りが個人的には面白かった。

昔の回想に今現在の彼らが演奏しているシーンや語りが差し込まれるのですが 何よりも楽しそうに演奏しているおじいさんがカッコ良い!
ラストの2002年のコンサートの模様、かなりグッときました。
Ain't no mountain high enough カッコ良すぎて泣きそうになりました。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-27 02:24 | 映画
なんだか好きなCM
私のワイドショウ情報源でもある 目覚ましテレビ(情け無し)で、先日 フジフィルムのCMが取り上げられていました。
少年隊の3人が桃太郎やら金太郎になるというやつ。何年か前の「写るんです」シリーズで沢口靖子と稲垣吾郎が出ていた ナツメロのに感じが似ている?と思ったら TUGBOATの企画だそう。
最近あまりTV見てないせいか、まだこのCMも見てない。

先月は 多田琢+関口現の監督作品 "SURVIVE STYLE5+" 観に行きましたが、短いものの方が面白いかな~って思いました。
昔あった チョコのCM "ルナール" もう一回見たいなー。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-26 00:53 | TV/ビデオ
公開されると、知人たちとツアー組んで観に行くことになっている宮崎映画です。
主人公のハウルの声をキムタクがやっているということで 映画中、顔が浮かんできたら困る・・・と思ってましたが 意外と気になりませんでした。
今までの宮崎作品はファンタジーながらも つじつまはちゃんと合っていた様に思うのだけど この映画は原作が別にあるということで 弱冠?なところがあったような。
魔法と勢いで乗り切った感があります。
一気に観れました。割と面白かったです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-25 01:20 | 映画
スコットランドのバンド Trashcan Sinatrasのニュース。
イギリスの新聞Guardian紙 今月27日の付録としてプロモ音源が付くようです。他のアーティストは ポール・ウェラーやニック・ケイブなど。
月末にはBBCスコットランド air にて出演予定。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-23 02:11 | Trashcan Sinatras
b0067547_23384310.jpg洋楽だとか邦楽だとかのジャンル分けを全く飛び越えた、エモーショナルなバンド。都心部でのライブはかなりの動員数で盛り上がっているようなのですが、ここ広島はライブは比較的おとなし目なのです。
しかし Orange Bicycleチーム+近辺は、やりました!
一部でモッシュ起こしてました。
やっぱりライブは自身で楽しんでこそ。
ライブは好い!本当にそう思えるひと時でした。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-22 22:42 | 音楽
b0067547_1630414.gif Andrew/What's it all about
オタク的な外見とは裏腹に 甘め+メロウな曲で、ここ最近のヘビーローテ。
1st もアコースティックでかなり和みの音楽でしたが、3rdにあたるこの作品はそれにさりげない哀愁を混ぜた感じで好きです。velvet crushのrick menckがパーマネント(?)でドラム参加。
push kingsからセイシュンを抜いたような音。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-21 16:44 | 今日の一枚
マイケル・ウインターボトムの新作、ティム・ロビンス、サマンサ・モートン主演ということではりきって観に行ったが、正直難しかった・・・?
サマンサ・モートンが菩薩に見えた。なんか大竹しのぶ的な癒しの空気を持った女優さんだなと思った。
近未来という設定だったから なかなか頭に入ってこなかったのだろうか?同じ近未来ものなら「アイ・ロボット」が最近見た中では判りやすく面白かったですが。やっぱりハリウッド物とはお金の回り方が違うせいか・・・。
劇中、クラブでのワンシーンにミック・ジョーンズが出ていて驚きました。”should i stay or should i go" 歌ってました。
しかし。 記憶や思考まで管理が可能な未来というのはやはり哀しい。
cold playの曲が妙にマッチしていた。この監督は過去の作品からも音楽にも精通しているという印象あります。
サイトがかっこよかった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2004-11-19 21:41 | 映画