カテゴリ:今日の一枚( 101 )

b0067547_11544150.jpg昨日 ロペズ(お好み焼)に行ったら、臨時休業でした。またしてもフラレてしまいました。
Jason Falkner / I'm ok...you're ok
このアルバム ほぼ1回聴いたきり、だったのに 昨日聴いたらものすごく良かった。とうぶん回転しそうです。


The Shins が来日するもよう。

11/12 東京  Club Quattro
11/13 東京   〃
11/14 名古屋  〃
11/15 大阪   〃
の東名阪コースです。。。 → official
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-08-30 12:32 | 今日の一枚

Friendly Fire

Sean Lennon / EMI

ライブを見終えてから、アルバムが深くなるパターンが結構よくあります。
昨秋に聴いた時より(→)今の方が断然心地よいです。以前はちょっと暗いかなぁと思うときもあったのだけど 夕暮れ間近のあのライブを見て以降、こればかり聴いております。もっと聞き込んで見ればよかった。


b0067547_1763466.jpg9月にP-vine(国内盤)から出る予定の Iron & Wine、シングル試聴しました。アルバムが出るのが非常に楽しみ。
Myspace
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-08-17 17:10 | 今日の一枚
b0067547_15173240.jpg米フィラデルフィアのバンド Matt Pond PAのシングル。久々に聴いて良かった1枚。
アルバムは秋にリリース予定。
過去に何枚かアルバムが出ているけど未聴。オフシャルで試聴したら、他の曲もすごく良かったので買ってみようかな、と思う。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-07-31 16:59 | 今日の一枚
会社帰り、懲りずにリブロで本を物色。お目当ての本はまた見つからず。

家に帰ったらBridgewaterからDMが来ていた。父の日ギフトの案内など。ここの陶器は好きで よく収集しているのだけれど、ここ5年くらいの新柄がポップ過ぎてあまり好きになれず 収集はストップしている。デザイナーの子供の成長に合わせて柄が変化している気がする。昔のあっさりした柄のが好きだったな。
自分には1番使いやすいシリアル型が復活しているので(一時期なかった) いくつか欲しいが・・・。
しかも最近 過去作品の本が出ている。(英国の)食器メーカーでは バックスタンプ(ロゴのようなもの)を年代によって変えることがよくあるのだけど、その歴史も載っているみたいで、ちょっと見てみたい。そういうのってコレクター心をくすぐるというか、"このスタンプはこの年のこのシリーズだけ!"、というのがすごく気になる。
7インチ盤の初回だけ色が違う!みたいな感じに近い。


b0067547_13364551.jpg発売日から遅れて、やっとBMX Banditsの新譜を購入。この中のDoor Waysが本当に良い。キャロル・キングを彷彿とさせるようなレイチェルの声がとても好きです。デヴィッド・スコット加入後、音作りはさらに安定、女性vo.が映えて 昔のへなっとしたBMXはほとんど感じません。
ぜひともまた来日して欲しいバンド☆☆☆
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-05-15 13:40 | 今日の一枚
b0067547_1427852.jpgふとんの中でずっと聴いてました。
特にM7、M9、M13。
こういうの、やっぱり好きだなー。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-05-11 15:53 | 今日の一枚
b0067547_141333100.jpgBen Kweller / Sha Sha
Ben Kweller の脳内ライブ、引き続きしつこく。地味に後からじわじわしています。
東の方では、Beckせんせいがブドカンでたいそう楽しいパフォーマンスをされていたそうで、そちらもうらやましく思っています。今まで一度も生Beckせんせい見たことありません。はぁー。

Ben Kwellerのシングルカット、Penny on the train truckのPVがyoutubeなどで見れるのですが(→★)、実祖母が延々レオタードで踊りつづけるという一品(Ben氏撮影)。必見です。おばあちゃんがなんとも愛らしい。
おばあちゃん口ずさんだりしていますし。終演後はBen氏「ビューリホー」って絶賛していて心温まります。
同曲、別Vでの弾き語りもかなり好きです(→★

全くどうでもよいことなんですけど、Ben氏は色の薄いジーンズが好きみたいですね。若者なのに(関係ない)。日本ではあまり見ない気がしました。うすーい色のジーンズ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-04-18 14:36 | 今日の一枚
b0067547_15203678.jpgスコットランド出身の作家・詩人が歌詞を担当し、同じくスコットランドのミュージシャンが曲をつけたコラボレートアルバム。
参加したミュージシャンは
Trashcan sinatras
Norman Blake(Teenage fanclub)
Aidan Moffat(Arab Strap)
Malcolm Middleton(Arab Strap)
Vashti Bunyan
Sons and Daughters

などなどです!
スコットランドの作家さんは詳しくないので解らないのですが、アリ・スミス、ミッシェル・フェイバー、ハル・ダンカン、アラスター・グレイ(アートワークも担当)などは、現代英文学通の人たちには有名な方々のようです。

発起人はIdlewildのロディ・ウォンブル。バンドの前作"Remort Part"ではEdwin Morganの散文と朗読を取り込んだ一曲がありました。その共作をきっかけとして この企画に発展したようです。
Idlewildのアルバムは元々アートワークにも凝っていたり、Roddy Woombleのソロ作ではトラッドに傾倒しているような作風だったりもしたので 良い形、良いタイミングでこういうコラボレーションになったのでしょうか。

サイトではドキュメンタリー風トレイラーも見れるようになっていて、興味深いです。加えてこのサイトがかなり素晴らしいです。Trackタブから 各作家と各ミュージシャンの詳細が見れるようになっており、それぞれの文を読みながら、曲を聞くことが出来ます。

★Ballads of the Book(音が出ます)
リリースはChemikal Underground レーベルから。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-23 15:05 | 今日の一枚
b0067547_1541254.jpgフジ07にThe Cureの出演が正式に発表されてますー。(→
実に23年ぶりの来日だそうで。紹介には四半世紀イギリスにて活動云々・・・と説明してあった。ずい分大御所感が漂ってますね。
どーする!?お兄ちゃん!!(見てない)

2005年の7月に各国で開催されたライブ8のネット中継でムリムリ見た()では Just like heaven→Boys don't cry なんてミラクルが起こってましたが、これ実際に聞けるんでしょうか!うーむむ。
個人的にはFriday I'm in Love も聞きたい一曲です。
他にはYo La Tengoと Kula Shakerの出演も決まっている様子。
苗場・・・・・。

近場のライブ情報としては、4月14日・15日 岡山にて曽我部さんのアコースティックライブが決定。(→
この週はBen Kweller@大阪があるので、行けそうにありません。
それよりも5月広島のチケ、買ってないや。(いや、Ben のチケもだけど)まだ大丈夫かな?
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-20 12:46 | 今日の一枚
b0067547_14693.jpg↓のEddi Reader を買い求めた時、試聴機にて猛プッシュしてあったので、素直に購入。
ベック+プリンス+クィーン、というコメントついてました。一聴してベックはどこ?と思ったのだけど、ルックス?ちょっとそれ風。肝心の音ですが、私には どー聞いてもロビー・ウイリアムズ+シザー・シスターズ風味にしか聞こえません!こういうキャンピーな音は嫌いじゃないです。というか好きです。30超えしてから、チャート物にも寛容になってきた気がします。一度いいじゃん、と思ってしまえば楽なもんです。

声がロビーになりたい人、みたいなんだけど(嫌じゃないです)、音作りやファルセット多用なんかがシザーです。ファルセットて流行ってるんでしょか?今年の注目新人つーことですが。ゲイゲイしい雰囲気は確信犯かと。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-22 14:06 | 今日の一枚
Eddi Reader の新しいアルバム、日本盤を買いました。
ライナーノーツを取り出し冒頭を読む。以下抜粋
b0067547_16193570.jpg>エディ・リーダーがロンドンを離れ、故郷スコットランドに戻ったのは約5年前のこと。現在のパートナーであり、M5・M8を書いたジョン・ダグラスと生活を共にするためだったが・・・・・

 ・・・・・・え?!

そうだったんですか!?
ジョン・ダグラスってちなみにワタシ、大好きなTrashcan Sinatras のジョン・ダグラスですか?
し・・・知らなかった。(もぐり)

確かに、先のリリースWild Mountainside のクレジットがジョン・ダグラスになってて珍しいな、とは思ってましたよ(トラキャンは個人の名義はしてない)。エディもトラキャンも同リリースなんて、美しきかな 兄弟愛、とか思ってましたよ。

しかし。そ、そうだったんだ。
日本のエディサイト()によると、そもそもWild Mountainsideも、ジョンがロンドンに住むエディに(呼び寄せる為に)つくった、故郷スコットランドの美しさを讃えた歌だったんだそうで。。。。
周知の事実に何を今さら、ですが へー、ほー、と感慨深いのでした。私が個人的に曲以外の情報にあんまり興味を持たないので(言い訳です。言い訳させてください)。5年目にして知った真実なのであった。

話は脱線しまくりましたが、エディの新譜、しっとりと良いアルバムです。実はエディのソロは1,2枚目しか持っていないのですが、それよりもトラディショナルに傾倒しているように感じました。
なんにしろ、エディの歌に外れなし。美しいアルバムに違いありません。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-02-19 22:41 | 今日の一枚