カテゴリ:旅( 40 )

週末は、多摩川沿いの「もみじ市」へ。
怒涛の2日間で、ここがどこだかわからなくなる。
広島や福島の友達、東京の友達、たくさん会えて嬉しかったなー。
なんでここに!?とお互い言い合うようなサプライズありで面白かった。

もみじ市って、何かをやろうとしている人の色んな交換場になっているのだなと実感。始まる前も終わった後も。続いてくかんじだ。
今回、手伝いに呼んでもらって良かったな。いつも気持ちの引っ込み思案で後悔することが多いけど、それでもあの場を作る手助けになれたかなと思うととても嬉しく思う。

興味深い事をしようとする人が沢山いて、そうしようと思えばそうなれるし、そうでなければそのままかもしれないし。そのままでもいいし。自分でいれば、たくさんの人がいても紛れずにいれるんかもな、と思った。


人と出会うことって面白い。
今回の東京で久しぶりに会えた友達も、いつかの偶然の宝だったりするし、会えなかった友に残念だったなって思うこともそう。
遠くから駆けつけてくれた友、応援してくれる友、新しく出会えたり話した人たち、憧れてた人が意外に近くにいたり。こうやって、人が次々に繋がってゆくのが素敵で、私はそれを遠くから近くから 眺めたり関わったり、ずっとそう出来たらいいなぁと思った。
そういうことに気付かせてくれる人たちに 本当にありがとうといつも思う。
 

うらうら
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-10-14 16:33 |
b0067547_1341319.jpg
もみじ市
楽しそうな、週末のあれこれ。


もみじ市にあわせて東京に遊びに行こうとしていて。
いろいろ探したり食べたりしてみたい。

去年も もみじ市と東京ぐるりで遊びに行った。
素敵なお店を見たり、お勧めの美味しい パン屋/カレー屋/食べ物屋/飲みなどなどで楽しかったなぁ。そこからあっという間の1年。今年はまた違った楽しみ方が出来るといいな。
毎度 行きたい所は沢山あって、詰め込みの旅になるのだけれど、ここ最近 外に出てることが多くて何の準備もしておらず(いつもか?)。
また詰め込みの旅になるのかしら。それもまたよし。

近い日程 アノニマスタジオにてpopo+オオヤコーヒーのイベントも。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-10-05 14:12 |
5連休中は隣家/京都。

21日、バスで京都入り。この日が最終のイイダ傘店の展示を見に恵文社へ。
春に日傘、秋に雨傘の受注会があって、いつか欲しいと思っている。実際に見てからじゃないとと思っていたので ちょうどいい機会で良かった。
布地や留め具や骨の部品を選んでセミオーダーできるようになっており、素材がとっても可愛くときめく!けれど、やはり想像通りの高値と、今シーズンの柄がイメージじゃなかったので断念す。傘貯金しなければ・・・。
他、やはり見たかったマメロンのアクセなどなども物色。

翌22日は京都音楽博覧会へ!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌々23日は京都めぐる。
普段 駆け足でショッピングばかりなので、今回はお寺を重点的に。
偽妹Mが会いたがってる千本釈迦堂のおかめ像も見る。ここのお寺は京都で現存する最古のお寺だそうで、仏像もちゃんとしたのがあったのに、ただ置いてあるだけな感じが否めずもったいない・・・。

東寺、三十三間堂、広隆寺などをまわる。
特に良かったのは東寺の講堂。朝一番のニュートラルな気持ちで見たのも良かったのかな。まさかそこにあると思わずに講堂に入ったら、メインの仏像さまがいて圧倒されました。
静か過ぎて、ミーーンて音が聞こえてくる(私だけ?)。
広隆寺の弥勒菩薩像。これも静かな佇まいでよかった。後ろにいる、腕が突き出した仏像さまも存在感ある。
穏やかな顔の仏像さまもいいけれど、個人的には くわっとした顔の像とか腕や腰に動きのある像が好きだなぁ。
同じ像を見てても不思議と飽きないもので楽しかった。
次にまた京都に行っても、東寺には必ず行きたい。


京都は方向が解りやすいはずなのに、なぜにそんなにストレンジャー。。。絶対に何が何でも辿り着く!っていう意思が弱いのかなぁ。人生全般的に。
しかししかし直近の迷いは、とっくに脱け出てた、実感。さらに跳ね返せるくらいの感じだ。
夏から、ライブにひとつ行く度ごとに 何かが落ちてゆく。よかった。
ありがとうありがとう。
コーヒーもおいしかった。いい京都だった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-09-27 17:35 |
少し前に、友人夫婦と岡山へ行く。

昼ごはんでも食べようかー、とうらぶれたアーケード街を歩く。

『グリルB食』 という 喫茶店系の定食屋をみつける。

名前がええじゃん・・・ということで そこか、もしくはそこの真隣の 『無国籍料理○○』という、英語の名前の店のどっちかに入ることに。

迷ったのち 多数決で、グリルB食へ。

やっぱタイカレーも食べたかったわ、とか言いながら店内に入ると、その2つの店は中でつながっておったのです。(外見は全く別の店)
笑いをこらえる我ら。とととりあえず注文しよっか、とメニューをみると 「○○のメニューもご注文できます」と書いてある。どっちも食べれるんじゃんね・・・ なぜ入り口を1つにしない・・・? 疲労していた我らはふるえる。

オーダーを済ませ、食べ始める。
しばらくして、友人の夫君が 「おい、これ読んでみーや」 と隣の店名のローマ字を指差す。
『segare』 (せがれ)

と書いてあった。
ふるえた。

もう一度行きたい。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-06-09 10:13 |
『だるまみくじツアー in 出雲 』

友人YYと偽妹Mは 最近なにやら妙にだるまにハマッているらしい。三原であっただるま祭りで見た全国各地のだるまを自分でも集める、という野望を抱いているようだ。
2月に鎌倉に行った時、Mは工芸店で憧れのだるまを見つけ狂喜。いつか現地で買うのだ!と息巻いておった。目指す土地は箱根、らしいです。
だるまみくじとは、小さいだるまの中におみくじが仕込んであり、山盛りの中から一つ引くというもの。
だるまみくじは各地にあるそうなので、まずは近場からという事で出雲まで。

レンタカーを借りて、朝から一路出雲へ。
YYに運転をまかせ、山だ川だ桜だと車窓からの景色を堪能。
とりあえず出雲に入ったし まずは須佐神社へ。樹齢1200年の杉があるパワースポットなのだ。近くまで来たのでナビにルート入力してみる。
が、悲劇はここから始る。
ナビ子が案内する道を行くと、段々と道が細~~くなってきた。もう、車がすれすれ通れる位の道幅だ。ナビ子は急に沈黙・・・。えーえーえーと軽くパニくる車内。偽妹Mが徒歩で少し先まで偵察。
人専用のつり橋しかないんですけど・・・・。
脇にある立て札に、自然遊歩道と記してある。
どうやらそこは、先にある渓谷へ向かうハイキングコースらしかった。とととりあえず、少し広くなった場所で車をUターン。なんとか車道らしき道へ出る。ずっとシカトを決め込んでたナビ子が密かに復活。
なんだかんだ後、須佐神社へ。
大杉はしっとりと苔むしていて、見事であった!

つづいて出雲大社。
本殿は改装中ということで、仮殿にてお参り。拍手は4回たたく(出雲大社だけ)。あの、大ーきな縄に硬貨をはさむやつもやる。
出雲大社はとても広くて、じっくり回ると日が暮れる!ので肝心のだるまみくじを引くため、日御碕神社へ移動。ここは朱色の神社だった。出雲の方はさすがに神様が集まる場所だけあって 神社や御神体などがたくさん。
だるまみくじは大吉。私は一緒に幸福みくじというのも引いてみる。幸福のほうは、お守り(チャームみたいなもの)が入っていて、私のは「もみ(米)」であった。何となく納得する自分(?)。
祈願成就・子孫繁栄、の意らしい。ほぉ。

先の日御碕峠へいき、火サスばりの崖っぷちで恐怖体験。高所恐怖症じゃない私ですら、ぞわぞわ。一服して海岸を見た後は、運転を変わり 一路広島へ。
車の返却時間が迫る中、久々の運転でひやひやしながらぶっとばしで、奇跡的に間に合う(7分遅れ)。


ヘトヘトのご一行、焼肉屋で一杯。
〆には缶コーヒー持って 夜のプリン山公園へ。

大充実のいちにち。楽しかった。
b0067547_1051568.jpgb0067547_10512541.jpgb0067547_10514229.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-04-07 23:51 |
先週の日曜は鎌倉に行ってきたのですが もう一週間が過ぎました。
楽しかった思い出はあっという間。

鎌倉満喫ツアーはまずお寺から。
ちょうどお釈迦さまが亡くなられた日だったということで、江戸時代(?)に描かれたという涅槃画が見れたり、お堂(?というのか)に上がらせてもらったり貴重な体験。
鎌倉最古のお寺という杉本寺のご本尊様が凄くて圧倒される。入口の苔むした石段を見上げて(入れない)いると、真上にある杉からダイレクトに花粉を浴びてしまい、くしゃみ連発。。。
鎌倉宮で、厄除けの杯割りなどもすませ、のんびり鎌倉散策。
歩きまくりで空腹になり、場末の中華屋へ。サンマーメンなど食す。

鳩サブレーのお店に行く。本店にはいろいろグッズがあってテンション上がる。店から出ると黄色の紙袋を持ったおばちゃんだらけ。その集団にまんまと紛れる自分に爆笑、わっしょいとねり歩く。
おされ店 ロミユニコンフィチュール、doisなどものぞく。

そうこうする内に時間も経ち、ようやく江ノ電に!
なぜか乱立するダルマ屋を見つけるたび吸い寄せられていく我ら。長谷観音でぴかぴかの観音様を拝んでからやっとやっと念願の大仏に到着。ぐるり一周してみたり、大仏さまの中に入ってみたり。観光客らしく、並んで写真など撮ってみました(初めて)。

歩きつかれてクタクタになっていたけれど、夕焼けを海岸で!という提案に乗り、江ノ電で稲村ケ浜へ。晴れていたら江ノ島と夕日の間に富士山が見える!はずだったのだけど・・・。雲が厚くて 富士山は見えませんでした。
海岸まで降りて 地元サーファーやトンビを眺めつつ。夕焼けきれいでした。

ほんとうに楽しかったなぁ。
また行きたい。


今回初めて使ったsuica、とても便利なのですね。何でも使えるって知らなくて、初めはJRだけsuica、地下鉄はわざわざ切符を買ってました。意味なし。
ぴっ!てすればいいのに、切符が吸い込まれる所にsuica入れて、ガッ、てなりました(初回)。
東京初めてじゃないんですが・・・。
ふだん自転車しか乗らんけんね・・・・。

b0067547_1841589.jpgb0067547_1843223.jpgb0067547_1835757.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-02-23 17:30 |
b0067547_17451518.jpg土曜日、品川に着いてから しばらくは時間がありそうだったので 張り切って原美術館へ。
ジム・ランビーのアンノウン・プレジャーズ展を見にゆく。館全体がモノクロの世界になっていた。ビニールテープが張り巡らされていて美しい。奥の部屋まで地続きになっている模様に 庭石風のコンクリートボックスが突き出ていたのが面白かった。
とても駆け足的な閲覧になってしまったのが残念。

b0067547_1695130.jpg合流するまで まだ時間あるぞと思い、ブックフェアをしていた蔵前のアノニマスタジオまで。
こだわりの趣味本がずらり、並んでいたけど 横でしていたフリーペーパフェアに喰いつく。『雲のうえ』の未入手号など持ち帰る。楽しそうな各種フリーペーパーの中に、LOUTOはっけん。えーえーえーと思いながら、時間切れ~。
渋谷の岡本太郎壁画前へと急ぐ。

30分くらいで着くけん!と言ったものの、渋谷、遠っっ。乗り換えの駅はつながってると見せかけて実はひと駅分くらい離れてるじゃん的なアクセスにあわわ・・となる。かなり遅れて太郎壁画どころじゃねぇ。
やっと合流しムルギー(カレー屋)で昼ごはん。


今回は行ったことのない所へ行くんじゃ!ゆーことで神楽坂へ向かう。
まず九段下で降り ブドカンを横目に靖国神社へ!おもしろかった。
ぶちでかい鳥居と 菊の紋にテンション上がる。
きゃいきゃいと歩いて神楽坂へ。TVで聞くような学校とか通りの名前に、ほぉ~とか言いながら。(田舎もの)。
ラ・ロンダジルやドイツパンのお店などのぞく。細木数子の事務所にコーフン(謎)。写メ。お散歩フェレット(うつぼではない)にふるえる。

新木場にてデスキャブ。

帰りに東京タワーを少し近目にかする(寄ってはいない)。
タワーの鉄骨が解るくらいの距離で見れて、単純にすごい!って思ってしまいました(田舎もの)。夜のタワーは近未来な感じでかっこ良いのですね。

全然久しぶりに思えない、地元の友達に嬉しい再会。
元気で会えて、いつもどおりに話が出来ることが心から嬉しい。
東京と西区がすごく近くなった気がした、もりもり沢山の1日目。
b0067547_1433596.jpgb0067547_1435488.jpgb0067547_1424955.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-02-15 18:30 |

なにかとグズグズぐずっとりますが元気でやってます。


久しぶりに思い出すぞ。
ええと、10月末はBMX Banditsを見に、ちらり東京へ。
あと、もみじ市。

ライブでは久しぶりの友人たちにも再会。嬉しい。
4bonさんが再び見れて良かった。ライブは結構ながめで、私は途中で腰が死ぬかと思ったけれど、最後の"witchi tai to"が本当に素晴らしく吹き飛ぶ。
もみじ市の日も、素敵な人に会ったり作品をみたり屋台に並んだり。
色々気になっていたお店の出店もあって、一同に見れたのはとても良かったけれど、やっぱり実店舗の空間込みで見たかったなぁというのが正直な気持ち。

今回行って良かったとこ。
松陰神社前にある 贋作カリー マシバシイネツルカモ
砧のパン屋 松風
吉祥寺のラウンダバウトKINJU
KOHORO 

特に松風のパンは絶品。火・土しか開いてないしみじみとしたお店だった。
またぜひ行きたい。
折角なぎ食堂にも行けたのに、マシバシでカレーを食べた後で どうしてもご飯が食べられず(私としたことが)赤紫蘇ドリンクしか飲めなかったのが心から残念であった。

ほか、行けなくて残念だったのは
のらぼう
ともすけ食堂 
カモシカ 
匙屋 
歩粉 
などなどなど。

のらぼうは、その週末に限って臨時休業。ともすけは、土日は8人以上の予約のみ、らしかった。8人分食べますという意気込みあったけども断念。うぅ。
一緒に行った友人がニチニチ(国立)に前回行ったというので トライしかけたが遠いのでやめ。ざんねん。食べることばっかだけど、そういえばムルギーにも行かなかったな。
今回同行した友人とは初めての遠出。それぞれ提案したり教えてもらったりで いつも(行くとこ)に少し変化が加わったのがとても良かった。
明け方まで飲んだのも相当おもしろかった。

なかなか東京までは行けないけれど、次回行く時にはもう少し日にちも増やして 人に会ったりゆっくり見たりしたい。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-11-06 17:54 |
県外に行くと、普段回れないところを!と貪欲丸出しになってしまう。

土曜日、かなり精力的に動いてみました。
天神から警固に向けて。移転されたuntidyへ。以前の場所からすぐ近くなのに、方向音痴のため やはり迷う(新住所: 中央区警固2-11-10-201)。ちょっと緊張感もありますが 素敵なお店。ちびちびと寄りたい。
そこから歩いて薬院へ。hitomiさんのところで教わった、警固の「ふくや」さん(中央区警固3-9-7)へ向かう。小鳥神社の裏手にありました。和室に古道具の展示で、ここも素敵空間。和の作家さんはさっぱり知らないのですが、昔のフランスの業務用(?)お皿や古いマージャンのピンなども紛れていて。オブジェ風の革ボールや銅(?)のボウルなど こそっと置いてあるのがとても良かったです。またお邪魔したい。
そこからはKRANKTRAM、 BBBなどをぐるり。浄水通り付近に行って見たいお店もあったのだけど 疲れてきたので天神へ戻る。VIOROでMarks & Webのバスエッセンスなど求める。

日曜日は 胃がもたれていたので 井尻ル・ピュイには行けず。あぁー、オニオングラタン・・・。一番楽しみにしていたのに。胃に優しいものをと 警固のうどん杵むらへ。ここのうどんは美味しくて好きなのですが、9月末にて閉店、だそう。ショック!図らずも最後の杵むらとなる。がーん。
eelをかすり、薬院の望雲さんへ。来週9/14から、津和野へ移動展示に行かれるということで ギリギリ間に合い見れました。大屋窯の新ラインは、すこし洋風で使いやすそう。好きなかんじです。匙屋さんの作品などもありました。
シネテリエでやっている 映画 『スクリーミング・マスターピース』が観たかったのだけど、絶対に寝ると思いやめる。広島にはくるのだろうか?
KAPITALで、かするつもりが即買いしてしまう。勢いづいたのか疲労のせいか、その足でティグルのフード付きまで買っちゃった。脳内にあったギャルソンのニットはもう絶対に買わん(買えん)と誓う。
夏に秋物 春に夏物、の先もの買いをして着ない、という失敗が多いのだけど、懲りずにまたシーズン外のお洋服を買ってしまった。ちゃんと着るぞ。というか払えるんだろうか。。。

月曜日、母から電話でうちの近所が燃えていると知る。さすがに青くなり 隣家に早朝から電話。2ブロック先が火事でウチは無事でした。良かった、というか、まぁ良かった・・・。
広島に帰る前に平尾まで行き、ふらごはんでお昼。Tohki にも足を伸ばす。

気になっている 四月の魚星鈴音には今回も辿り着けず。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-09-11 15:51 |
このところ、風がすっかり秋めいてきて涼しい。そろそろノースリーブの季節も終わりだろうか。

週末には福岡に遊びに行ってきました。
今回はといいますか、折角なのでと 新井仁さん(Northern Bright、Ron Ron Clou)のライブを見てきました。アコースティックソロのと、N.G.Threeのと2本です。現N.G.Threeのメンバーにはなんと、Five ThirtyのオリジナルメンバーPhill Hopper(dr.)が在籍しており、それも楽しみに。
新井さんのライブを観たのは、Nothern時代の1度きりで しかもトラキャンの福岡公演の時だったから、いつだろう?10年前くらいだろうか・・・。

アコースティックのは、新井さんアコギ1本で数曲、最後にフィルがパーカッションでセッション。なんと、Teenage FanclubのConcept を演りましたよ。フィルもコーラスにて。小さなcafeでのライブだったので終了後は談笑などしつつ 良い時間が過ごせました。
新井さんが人気がある訳が何となくわかった気も。心配りが丁寧で とてもちゃんとしてる人だなぁと思いました。
曽我部恵一さんとは大学の先輩後輩、その後の活動も同系(ソロ+アコ+バンド)だけれど、彼らが支持される理由のひとつは人柄の魅力なのかもしれないな、とひとりごち。楽曲的には全く違いますが。
トッド・ラングレンやジョン・レノンなど、カバー曲も数曲されたのだけど、ブリトニーのカバーが良かったです、と言ってしまいました(失礼か?)。いや、このセレクションが遊び心あっていいな、と。
フィルにも当時の話やレディング出演時の話など チラリ聞き。本人から聞いているということにひどく感激。とてもハンサムさんで可愛らしいひとでした。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-09-11 13:57 |