2014年 10月 06日 ( 1 )

小樽翌日は、早朝から旭川へ移動。
念願の旭山動物園に行く。

入園してすぐ、アザラシ館へ。もぐもぐタイムという エサやりの時間と重なってしまい、アザラシ君たちの動きが悪い・・・。あの筒をなかなか通ってくれない+来園者ごった返し。
b0067547_019491.jpg

シロクマ館。観ている側の人間の頭をアザラシと間違えて プールに飛び込んでくる事もあるらしいのだけど、この時間はのんびり。想像してたより小さいシロクマ。

猛獣館ではヒョウなどの柄系の動物に 肉球間近に近づける。毛並みの良い、つるつるの毛皮にウットリ。
ペンギン館は、水槽に通路(人間用)が渡してある中を通れるようになっていて、見上げると、空をペンギンが飛んでいるようになっていて楽しい。
b0067547_0194938.jpg


次に 頭上 真上高くにジムがせり出す作りのサル館。テナガザルが真上まで すごいスピードでやって来て面白かった。
統計的に、ジムの上に登って来るときは排泄物に注意・・・な感じする。
オランウータンも、かつて安佐動物園にいたジャックを確認する事ができ感無量。動物も各地転勤しているのだなと。

地域の動物やフクロウシリーズなど散々廻っているうちに閉館間際に。
友人からは、まぁ2〜3時間もあれば見れるよと言われていたのだが(爆)
最後にまた、アザラシ館を訪れる。
他の客がいなくなり、じっくりゆっくり見ることができて、とても癒された・・・。
アザラシたちも昼より活発になっていた。筒を何度もぐるぐると。
一頭、とても愛嬌の良い子がいて、何度か私のいる所で止まって 手のひら辺りでコミュニケーション?を取るような仕草を!!!
もう、感激しすぎて写真も撮らずに筒にへばりついたのであった。
可愛かったなぁ・・・。

しかし旭川駅のモダンさに驚いた。これもほぼ、旭山動物園需要か?
冬は雪深くてスキー集客も多いみたいだけど、比較的さみしい土地に、こーんな大きな駅って。
動物園コラボグッズなんかも多い。

ホテルに入る前に寄った可愛い雑貨屋で、オススメの飲食店情報を仕入れる。
この旅では未食であった、ジンギスカンを食べることにする。
煙モウモウ系の、場末感漂うジンギスカン屋で生ラムを初実食。
全く臭みもなく柔らかて美味しいー!
食後メニュー表に、生ラムの説明がしてあったが、生後1年未満の仔羊をラム(以後はマトン)と言うらしい。生、ということで 冷凍でなくホヤホヤなのかぁ・・・と思うと、ちょっと複雑であった。
でもとても美味しく頂きましたよ。ありがとう。

旭川のホテルが、なんだこれ?みたいな部屋(床にベッドマット置いてあるだけ)でちょっとウケた。
[PR]
by orebic5_kyon | 2014-10-06 00:57 |