2009年 12月 01日 ( 1 )

先週の金曜、尾道でThe Hand、ICHIさんのライブ。
会場となったのは、今川玉香園茶舗の土蔵。蔵の外でお茶菓子とお抹茶を立ててもらいいただいた後、土蔵の中へ。
中へ入ると、棺桶サイズの箱がある。昭和初期に作られた楽器だという。箱の上にあるペダルを踏むと、中に仕込んである弦がなる仕組み。乗って遊んでよし、と大旦那さんに言っていただき キャッキャと遊ぶ。なんと、日本で3台しか作られていないとか。てっきりICHIさんの持ち込み楽器か?と思ったけれど お茶屋さんの所有物ということで、レイチェルもICHIさんも遊んでいたようす。

ライブはウィグさんのソロ、レイチェルのソロを2~3曲ずつ、(リクエストでtwo sisters!) ICHIさんのパフォーマンス、The Handのライブの流れ。
ICHIさんを、私は初めて見たのだけどすごく面白かった。蔵の奥から竹馬で登場、件の古い楽器に乗ってみたり タイプライターを使ったりスティールパンを鳴らしたり。一見ハチャメチャに叩いていそうにも見える楽器たちは実はきっちりと旋律を奏でられていて、それがとても心地よかった。

The Handにも急遽思いつきでICHIさんが参加してみたり、レイチェルがうろうろしてみたり。土蔵にみんなで近くにいる感じは 自由でまるで会話のようで本当に素晴らしいライブだった。
神戸ではなかったアンコールまで。お客さんのレスポンスも良かったなぁ。

土蔵の土壁のせいなのか、音の響きがすごく良かった!教会などのそれとはまた違った 抜けない響きで、限りなく生音に近いがまるでアンプを通したような不思議な響き。コラの音色にもすごく合っていて美しかったです。
ほんとうに、素晴らしいライブでした。
b0067547_17361164.jpgb0067547_17362549.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-12-01 17:35 | 音楽