越冬アイテム

昨日は映画の日(1日)であった。
「戦犯クラウス・バルビーの人生」を見るつもり。
史実ものの映画は結構好きで、好んで見ている。
社会情勢に疎いので勉強のつもりなんであった。
しかし仕事忙しく、このくたくたで戦争映画なんて見れるかーい、と思い帰宅。


12月になったことだし!と (やせ)我慢していたストーブを点灯しよう!と 張り切って灯油を入れる。
私のわくわくをよそに、点火ダイアルは全然動いてくれなかった。
しょげる。さむいし。
カチカチ、と回るダイアル部分がロック状態になっているもよう。
分解してみようか、と本気で思う。
無駄にストーブの前をうろうろしてみたりする(原始的な行動)。

点かないとなると、急に寒くなったような気がする。 ホットカーペットに寝そべり最大限に暖を取ろうと試みる。
夜ごはんに食べた関西風お好み焼き(のようなもの)も美味しくなかったし。全てはストーブが点かないせいだ、とすら思えてくる。

このままでは越冬できん、と今朝さっそくメーカーに電話。
修理を依頼。
なるはやで!!!ちからこもる。

修理費もろもろで5300円(痛い出費)。
12月は忘年会とか飲みとかクリスマスとか、いろいろあるのになぁ・・。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-12-02 17:07 | ひとりごと