やまぐちまで

よくわからない内に数日が過ぎ去っている。
師走に突入したら、毎年あれこれ手一杯になるので ペースを調節しなくては。


週末は、山口(新南陽)まで レイチェル・ダッドを観にいく。
会場の旧日下医院は、築80年の古い病院をリノベーションした建物で 今は喫茶やお花屋さん、雑貨店などが店舗として使用されているそう。
古い院内の雰囲気をそのまま残してある建物がほんとうに素敵で感動。

週末2日は、レイチェル・ダッドのライブとワークショップ、作品展示などで通常の業務とは若干違っていたようでしたが、日日という雑貨屋さんに置いてあるものもベーシックで良いものが沢山あったし、以前は調剤室だったというナギサ珈琲は○○風、じゃないのが さすがリアルに古い建物よのぅ、と言う感じでよかった。

b0067547_16571431.jpgb0067547_1724748.jpg肝心のライブは、この間リリースされたばかりのアルバムの曲を中心に。
心地よい時間でした。
新譜の中で、two sistersというトラディショナルソングがあって、素朴な中に少ししんみりした印象の曲なのだけど、ライブも全体的にそういう感じ。古い建物とフォーキーなレイチェルの音楽がとても合っていて良かったと思う。
前回広島で見たときにも思ったけれど、レイチェルの格好がオリジナル(古着くさく)で可愛らしかった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-11-26 17:11 | 音楽