でた

土曜の夕暮れ、部屋の中をさささーーっと黒いやつが横切る。

この部屋に住んで8年、やつが出現したのは2度目。1度目は越してすぐの時だったし、その時に購入した殺虫剤はもうすでに廃棄している。
黒いやつが苦手な人間にとって、この黒い破壊力はそうとうなんである。
一人暮らしとなると、自分で何とかせねばならずで、かなりの勇気も要する。
私のほうが家を出てやる!思ったが そういう訳にもゆかず、とりあえず黒いやつを呆然と見送ったあと 隣家に駆け込む。(手伝う日だった)

動揺していたためか、なぜか全く見当違いの服などを握りしめておった。地震の時に、とる物も取りあえず持ち出したのがこけしだった、って本当なんだな・・・なんて意味不明のことなど考えてみるが笑えない。殺虫剤を借りて部屋へ舞い戻る。
冷蔵庫の下とスミに殺虫剤を噴射。少ししたら一瞬しゃっとやつが出てきたので ふんがって思ってまた噴射したけど、命中したのかどうなのか解らんまま(反射神経にぶい)見失ってしまったのだった。
てことで頭の中は黒い戦慄でいっぱいのまま、隣家をとりあえず手伝う。
家に帰ったとき、全てが終わっていて欲しかったが期待に反して何も転がっておらず、意気消沈。
いつもなら、いやぁ~疲れたねぃ、とか言いながらゴロリと床に転がる私であるが とてもそんな気分になれず緊張感いっぱい。おちおち眠っとれんわ!と思いつつ ぐっすり今日に至るのであった。

早速、ゴキジェット的なもの購入。コンバットも設置してみたが、どうだ!
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-09-08 17:36 | 日々