Summer Sonic 2008 1日目

今年もSummer Soinc@大阪へ。
アウトドアでも 沢山見たのでとにかくとにかく暑かった。

The Wombats
すでにあまり思い出せない・・・。
始まったね~、というかんじか?(しつれい)。


The Ting Tings
彼らを皮切りにフェスのエンジンがかかったような。
vo.女子が今風の娘で可愛らしく、こりゃ売れるわぁ、と言う感じ。マンダ・リンもこのくらい可愛かったらもっと売れたろうに・・・。


Vampire Weekend
なかなか。
ダンス寄りでも、あまり熱々じゃないところが良かった。スマートな文科系の印象を受ける。Oxford Comma よかった。


Crystal Castles
vo.のお転婆娘にかなり度肝を抜かれる。
Ting Tingsの女子の印象がいきなり上書きされる。
ブルーのマスクを付けて登場したバックの2人にも目を奪われたが、娘の暴れん坊っぷりが凄かった。彼女の煽りで会場も盛り上がる。
時間は20分と短かったが、このくらいが飽きないで良かった。個人的にはかなり気に入ったアクト。

↓  友人と合流してごはんなど


The Kooks
新譜良かったので、かなり期待していたKooks。
20歳そこそこと思えない演奏力。というかvo.の子の貫禄は本当に22歳なのだろーか?落ち着き払っている。
Mr.Maker、Shine onも演奏。
Do you wanna ではブレイク前に会場中みなを座らせる演出など。
肝が据わっとるわぁ。

↓  ようやく、この日はじめてのインドアに。

Super Furry Animals
この日いちばん見たかったファーリーズ!
なんか全体的に会場が大人し目だったような・・・。みな大人なのでせうか・・・。
フルフェイスのヘルメットをかぶって登場のグリフ。ニンジンをかじっていたらしいが、自分の所からは見えず。
新譜の曲 Run-Awayがとても好きなので聞けてジーンとす。
あっという間に終わってしまってかなしい。もっと聞きたいぃぃ。
他、Rings Around the World 、Man don't Give a Fuck など!!!!


Spiritualized
今回のサマソニ、ベストアクトとの評価をよく聞くスピリチュアライズドですが。
実際、楽しみにもしていたのだけど
体力切れのため、あの轟音のなか、撃沈してしまった・・・
尻にブリブリとした低音を感じつつ、爆睡。


Jesus and Mary Chain
見る前はどんななってんだろう?とかライブどーなん?とかコワゴワだった部分もあったけど、始まってみると、おぉ!て感じで楽しめた。
ジムがピーター・バラカンみたいになってて衝撃うける。
当たり前だけど歌い方が変わってなく、(マイクに両手でもたれてるかんじ)脳内の時間軸が狂う。ハッとしてステージ見上げると ジムの髪がフアッファの青年から、オールバックに変貌しているので、大人になったね・・・としみじみ思ったのであった。
Far gone and out で狂喜す。
新曲の出だしうまくいかず、やり直し。照れ笑い(?)のジムにガビーンとなる。Reverence、Blues from a Gun、Head on が聞けたのは嬉しかった。
PAの調子悪く、Reverenceはイントロだけで2コーラスもやり過ごす。
Some Candy Talking 、Just Like Honey ももちろん演りました!
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-08-11 17:25 | 音楽