ぐるりのこと。を見る

今日は昼まで眠ってしまった。
横川シネマまで、映画 『ぐるりのこと。』を見に行く。

「ちゃんとできない」と言って涙を流すのは、女性特有の感情なのだろうか。
どうしようもできず、ごめんねと言って泣くシーンはとてもリアルで胸がつまった。

ただ受け止める、という行動、人との関係はそうなってゆくものなのかもしれん、と思ってみたりする。希望的なものも含めて。男女にかぎらず家族とか友達とか 全ての関係において。

寺島進が出ていた『おかえり』という とても好きな映画がある。
その映画にも、変わってゆく妻を受け止めるというシーンがあるが、今日はその映画のことをすごく思い出した。

夫役のリリーフランキーが 法廷画家だったので、裁判傍聴のシーンや報道記者の事情(?)が描かれていて興味深かった。判決出るときの報道の人たちの行動とか、あんな風なのかな。など思いつつ。
あとはお寺さん(尼さん)が素敵だった。


映画を見た後は、友人に教わった 近所に出来たカフェへ。
家から近いし、スーパーの帰り道などでお茶するのにちょうどよさそう。

一旦家に帰り、TVなどを見、9時からのレイトショー『砂の影』も見に行く。
映画館が家からすぐってすばらしいな。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-06-22 02:10 | 映画