週末に2本

週末に映画2本。
『フローズン・タイム』
『JUNO』

2本ともとても面白かった。
フローズン・タイム、主人公のいじもじしている感じがとても良い。
途中にはさまれる、皮肉っぽい笑いが中途半端で笑える。
舞台はセンズベリーのホワイトチャペル店。

JUNOは、可愛らしい映画かと思っていたら、意外と乾いた雰囲気の映画で好みであった。ゴーストワールドとかイカとクジラ、タイプの1本。
ちょこちょこ出てくる音楽話に 作者の趣味がかすかに散らしてあって、思わずふふふとなる。 
superstar(のカバー)は最高、と言う大人に、高校生の主人公が「解ってないねぇ・・」とたしなめる、などなど。子供の生意気みたいでなんか、おかしい。
サントラもベルセバ、キャットパワーなどが収録されており良さそう()。


If I Were a Carpenter
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-06-16 17:01 | 映画