キャリコ

会社帰りに映画 『その名にちなんで』を見る。
生まれも育ちも米国のインド人のアイデンティティ探求、といった風な。
日本に生まれ 永く住んでいると、こういう感覚は共感しづらいかもしれん。
しきたりとか、同族で云々、とかで戸惑う事もないしなぁ。
他の国生まれのインドやパキスタン人の苦悩って、よく題材にされてる気がします。親世代との民族意識の差とか。


本屋で Afternoon Tea Living Bookというのが出ていたので立ち読み。
今のアフタヌーンティの器にはほぼ興味がないのだけれど、本には過去の器の写真がたくさん載っていて面白かった。
ザルツブルグやチンツ、ブルーキャリコなども載ってて、本屋でひとり、うおーと思う。
10年以上前にあった、アガットやアニエス、アフタヌーンティをひとまとめにしたビルには、輸入ものの器や雑貨がたくさん置いてあって好きだった。
今でもしつこく あれ買っとけばよかった・・・とか思い出したりする。
岡尾美代子さんのコラムには ブリッジウォーター、コーニッシュウェア、キャリコについても触れてあって、ふんがっ、と思う。

でも本は買わなかったのであった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2008-04-28 22:04 | 日々