萬年筆物語

b0067547_2344464.jpg以前、広島にも丸善(書店)があった頃に買っていた便箋、萬年筆物語です。今はさほど手紙も書かなくなったせいか、あまり使ってないのだけど。
紙質はつるりさらりとしていてとても書きやすいです。サイズは便箋サイズと、ハガキ大のメモ帳。ハガキ大のが ちょっとした走り書きなんかにお勧めです。

夏目漱石が使っていた原稿用紙を模して作られたってことで、文豪気分で使えます・・・って別にすごく漱石好きという訳でもないんだけど。なんか昔っからあるのって使いたいじゃないですか。で、ほぉー、とか思いたいじゃないですか。
ちなみに、私にはマス目がかえってジャマだったり、万年筆持ってなかったりしますけどね。まぁ 龍の絵が可愛いから・・・って結局そこなんです。はい。
ネットショップで買えるようなので 買い足して惜しみなく使いたい!と思いました。

映画『ユメ十夜』の予告に原稿用紙の端っこがチラと映ったのを見て思い出した次第。そういやあったな あの便せん、と。 あの映画どうなんでしょう?予告ではSFチックにも見えたけど。出演者が魅力的な気がしてます。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-03-20 13:22 | ひとりごと