映画/007 カジノロワイヤル

b0067547_17153789.jpg年明け早々に見た映画は 『007・カジノロワイヤル』でした。

ボンドの配役は世代によって好みがそれぞれありそうですが、クラシックなショーン・コネリーと色男ピアーズ・ブロスナンが2大巨頭でしょうか。私はロジャー・ムーアのイメージが強いのですけれど。

新ボンドには ダニエル・クレイグ。彼の映画は他に、レイヤー・ケーキ、Jの悲劇などがあります。個人的にはボンド至上一番好みの俳優さんなので、とても楽しみにしていました。
映画は秘密兵器的な機械に頼らないアクションが多く、ハラハラするシーンも沢山あってとても楽しめました。「今までの007は・・・」なんて野暮な事をいう人は一生、娯楽としての映画を楽しめないのではないだろうか?というくらい。
単純すぎないストーリ展開とか、スパイの精神的な影の部分とかもありで面白かったです。

脚色にはポール・ハギス(クラッシュ/ミリオンダラー・ベイビー)が参加。
[PR]
by orebic5_kyon | 2007-01-12 17:18 | 映画