Trashcan Sinatras @Fuji 2006 7/29

b0067547_0113980.jpgSET LIST
easy on the eye(新曲)
Heyfever
Free time
Leave me alone
All the dark horses
Easy read
Prisons
Got carried away
How can I apply....?
Send for henny
The safecracker
I've seen everything
a coda
Weightlifting
Wild mountain side


フジ苗場から下山して以降、本当に行った現実だったのか、夢だったみたいにボンヤリしてます。
どこかで雨が降るというこのフェスですが、よりによってTrashcan Sinatrasは直前から激しい雨。ステージ前には大きな水溜り。

1曲目にいきなりの新曲。レインコートのフードが音をさえぎる感じがイヤで、フードを脱いで聞く。少し寒い。
Free time、Got carried awayなどアルバムweightliftingからの曲は ジャケのイメージのせいか、風景を連想させるような曲に思えて、野外というシチュエーションで聞くのにとても気持ちが良い(夕焼けだったら良かったのに!)。
雨は途中で止んだり、弱まったり。曲が進むにつれ、空は段々と暗くなってくる。
a coda は演る予定ではなかったようで、直前に変更しての演奏。もとは何をするつもりだったのだろう?
Weightliftingを聴くと、そろそろ終わるのかな、と思う。そして次に彼らを見るのはいつになるのかな?とか その時また見れるんだろうか?とか つい考えてしまうのであった。
最後はWild mountain side。美しいスコットランドの風景を歌ったというこの曲、この山の中で聴けたのは嬉しかった。
激しいライブではなかったけれど、やっぱり見に行って良かった、遠かったけど!雨の中 そう思ったのでした。

ベースのDavyはこの夏のツアーには不参加。代わりに'99-'00 時のメンバー、Grant Wilsonさんがベースを弾きました!(太陽の翼の時のメンバーのようです)
Francisのヒゲがぼーぼーでした。
バンドはこの後オーストラリアツアー
[PR]
by orebic5_kyon | 2006-08-01 17:55 | Trashcan Sinatras