ダグラス・T・スチュワート ソロライブ 2/18

BMX BANDITSのライブを見るためオレバイ女房役Gさんと東京へ。
この旅は、出だしから目まいがするほどの驚きに満ちていた。

出発の朝、空港行きバスの時間にGさんからの電話で目が覚めたのである!
広島空港は遠く、定期バスで1時間ほどかかる為 バスに乗り遅れると飛行機に乗れないのだ!
念の為、と早目に設定していたので、間に合ったが。
目覚めとともに倒れるかと思いました。
バスの中でGさんの用意してくれたドーナッツを食べながら 一路東京へ。

さて、BMX BANDITS です。
デヴィット・スコット氏(パールフィッシャーズ)は別会場でソロライブの為、この日はダグラスとコーラスのレイチェル嬢、dr.&g.のスチュワート3人でのライブ。

驚いたのがレイチェル嬢とスチュワート君の声の美しさ。
BMX BANDITSの楽曲といえば、ほのぼのしたイメージ。かつても女性のゲストvo.曲はありましたし、それでイメージが変わる事はありませんでした。
しかしこのレイチェルはすごかった。透明感と力強さが備わった素晴らしい声で、今までの楽曲のイメージをガラリと大人の空気に変えました!
スチュアート君もアコースティックに合う繊細な声で、私はとても好きなタイプです。この日はソロ初体験もありました。
レイチェル&スチュワートの2人ユニットで歌うという試みも良かったです。(ダグラスがその様子をビデオに撮っていて、お父さんのようで微笑ましかった。)

会場の雰囲気も暖かく、とてもアットホームなライブで良かったです。ダグラスは『心を込めて歌う』という言葉がピッタリで、何度も涙が出そうになりました。
b0067547_1485761.jpg

[PR]
by orebic5_kyon | 2006-03-02 17:11 | 音楽