little creatures / giants are dying

b0067547_357546.jpgつい最近 ハナレグミの『家族の風景』を再聴しました。あの曲は大好きです。

その都度 思い出してしまうのがリトルクリーチャーズのこのアルバム。
'93年のリリース時、完成度の高さから 彼らの若さばかりが話題になりましたが、突出した才能というものは、若さに隠れるものではないということです。

このミニアルバムはジャズや多国籍な雰囲気が感じられる一枚。
その後は実験音楽やmoonflowersとコラボ等面白いことをしています。近作や 青柳拓次さん(vo.)のユニットKama Aina(Geographic rec.)は未聴。来月アルバムリリースもあるようで、今どんな音になっているのか、興味があります。

☆ハナレグミのアルバムや、『家族の風景』はリトルクリーチャーズの鈴木正人さん(b,key)がプロデュースしているようです。ナルホド。
☆本日 23:15~NHKでハナレグミが見れるようなので、見てみようと思います。
[PR]
by orebic5_kyon | 2005-06-22 14:37 | 今日の一枚