もののあるところ

未だ見つかっていないというチンギス・ハンのお墓を探す、というテレビ番組を見る。

「お墓はどこにあると思いますか?また、探して欲しいと思いますか?」と問われたモンゴルの人が、

「存在すべき所にあるはずだし、調べたいとも思わない」
「大事に守ってきた祖先の場所に手を入れてはいけないと思う」
と考えていてとても新鮮だった。

どこにあるのか知りたい、とか、発見!とかが単純に良きこととされている現代の感覚が正しい訳ではないんだよなーと改めて気付かされた気がして。

いろんな所在を明らかにしなくても、"存在すべき所に"あればきっと物事はうまくいく。


[PR]
by orebic5_kyon | 2014-12-01 09:11 | ひとりごと