北海道③ 2014.9

最終日、旭川から特急スーパーカムイで美唄へ。
旭川でも思ったけど、急に寒っっっっ!
降りたった途端、あまりのさびれっぷりにシーーン。とととりあえず、目的地(美唄アルテピアッツァ)へ向かうバス・・・3時間に1本レベル(爆)
次のバスまで30分あるので、ひとまず駅前の喫茶店に入る。
2階からパタパタと降りてくる店主。今、電気点けましたね・・・?と思いつつコーヒー頼む。
コーヒーこない・・・
裏で冷蔵庫開けたりバタンバタンしているが・・・。
ようやくコーヒーの豆をすくう店主、って今からかい!な感じであったので、バス時間迫り来るため、申し訳なくキャンセルして店を後にする。

バスに乗り込みいざ、アルテピアッツァへ!
と思うが、バスがえらいノロい。時速、25キロ(大げさではない)。
市バスのため、町に密着系の乗り物のようで。運転手さんも親切。
そんなこんなで、目的地到着。
美唄出身の彫刻家、安田侃さんの作品を木造の廃校に配置し、敷地全体を作品に見立てた所でした。
まるでヨーロッパの田舎にいるような・・・。
さすがの遠さ?に観光客ゼロでしたが、のんびりゆっくり楽しめた。校舎の中、教室と彫刻の空間良かった。
b0067547_1225676.jpg

b0067547_1225693.jpg


存分に楽しんでから、再びの札幌。
六花亭をネチネチと探索していたら、友だち登場。「いたら面白いなと思って覗いたら、いた(笑)」とのことで、パターン読まれまくりでお茶アゲイン。
なんか、遠くに友だちがいるのって、不思議だけどいいもんだな。て思えたよ。

早めに千歳空港へ行き、空港内のショップであれこれ物色。
家族へのお土産など送ったり買ったり。
今は街から離れた所に住んでいるから、あれこれとお土産を買わなかったけれど、渡す人を思い出しながらお土産を買うのは案外好きです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2014-10-10 00:20 |