フィリップ・ジャンティ

b0067547_1810324.jpgフィリップ・ジャンティ 「動かぬ旅人」
やはりどうしても見たくて大阪まで足を伸ばす。日帰り。
森ノ宮ホールは始めてだが昭和色つよい。リッツ(映画館)を彷彿とさせる。

フィリップ・ジャンティの舞台ではこれまでに何作か見たけれど、見るたびに 布やビニールなどの素材やあの人形たちがが、どうしてあんな動きをみせるのか、目が奪われ感動してしまう。
ファンタジーだとかシュールだとか言う言葉すら、陳腐で追いつかないほど。
見ている間中、紙が!布が!!小さい人形が!!!とぶるぶるしてしまった。
私はあまりファンタジーとかロマンチックなものに興味がわかないのだけれど、フィリップ・ジャンティのあの世界はユーモアにあふれていてちょっと不気味なところが好きだと思う。

今回は広島まで来てくれなかったので残念。
[PR]
by orebic5_kyon | 2013-06-11 18:07 | アート