段差

毎朝つかう駅の階段は、始め3段くらいの段差がまちまちなので、いつもガクガクっとなる。

脳というのは賢いので、階段を昇り降りするとき 体に次の動きの予測指令をするのだと何かで読んだ。
階段の最後の段をはかり間違うと、ヘンな感じがする、のはそのせいらしい。

今朝、ついに頭と体が その段差をインプットしたらしく、ガクンとならなかった!
脳が習慣を学習したらしい。ふしぎだ。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-08-23 12:33 | ひとりごと