スタミナ

暖かくなってきたのと友人の結婚式のこともあり、4月に入ってから走ることにした。引きこもりの体を少しスッキリさせるのだ。
2週ほど、比較的マジメに走る。あまりにも効果がなかったらなんか、必死感を悟られそうなので、 見栄っ張りの私は誰にも言わずトライしていたのであった。
果たして、
2週間で1ミクロンの効果も出ず今に至る・・・。
3週目の今週、お呼ばれも終わったし効果もないしで結局走るのやめている。こころがわり。


しかし一般的に、トレーニングジムで汗を流したり ジョギングが好きな人の気持ちがどうしても解らない。
体動かすのがキモチいいっ!とかどうしても思えないのだ(個人的に)。
それなのに、意思とは逆に走れてしまう自分がうらめしい。
使いどこのないスタミナ派・・・

学生の頃に、部活で毎日走らされていたのも理由なひとつであるが、そういえば小学生の6年間、毎日 腹筋・腕立てをさせられていたわ、父に。しかも200回くらい。
謎。
ちなみに運動神経と体力は別のもので、私は決してスポーツ万能なタイプではない。
むかし運動してたしー、ていうのが全く別のものであると知ったのはかなり大人になってからであった。
子供の頃に、妙に鍛えられた 基礎体力はいつか役に立つときがくるのだろうか。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-04-22 00:22 | ひとりごと