ぐずぐずと

先日ハローワークへ行った。
まだ数ヶ月、受給が残っているので 慌てて仕事を探すというのとも違うのだが
仕事をしていない、ということに対して罪悪感を感じるのであった。

以前であれば時間に追われながらもみっちりと仕事をし 稼いで家賃を払いそして消費し、小さな自分の社会をまかなっているという自覚があったが、
今、ふとした時間のあいだに、あぁ、みなが働いているのに、私は今何もしていない・・・
と、無為に過ごしている事に罪悪感と焦燥感が押し寄せてくるのだ。

家を整えるのも仕事のひとつであり、自分も生産性のある動きをしているには違いないのであるが。
何かしないといけない、と思うからこその焦りだろうか(貧乏性)


家にいるのは好きだし いずれは仕事をするのだから 焦ることもないのだけれど、
さて、では具体的にどんな?と妄想すると 急に腰が引けてしまって、新しい社会に臆病になりつつある自分に気づくのであった。

なさけなし。
[PR]
by orebic5_kyon | 2012-01-26 00:38 | ひとりごと