こよみ

たいてい年末近くになると、翌年のスケジュール帳は何にしよう?とぐるぐる同じことを考える。のであるが、今年のスケジュール帳は迷わなかった。というかまだ買ってない。
いつの頃からか、スケジュール帳は常に持ち歩くもの、になっているが 最近とんと予定を書き込むこともなく、会社の卓上カレンダーで事足りるという超ひまじんもしくは今日の予定は今日決めるみたいな突発的なことばかりなので必要ないかなと思い携帯するのをやめてみた。
やはり不便だなと思ったら買うことにする。

ここ数ヶ月、足踏みはしてるのに景色が変わらないというか、いつの間にか時だけが過ぎてる感覚でへんなかんじ。スケジュール帳だけでなく気付けば部屋のカレンダーもまだ12月のまま。。。
日々の速さに合わせ、気持ちをもっと立体的にしたいところ。


昨日は会社帰りに、最終日の坂野友紀+堀仁憲 二人展を見にLOUTOへ寄る。
堀さんのまるい急須をずっと狙っていて、欲しい欲しいともらしている。最終日にもかかわらず、そのまるい急須はかろうじて生き延び鎮座していた。あの急須がテーブルの上に乗っているところを想像したらもう、たまらんのですが、財政難につきあきらめる。こんなに欲しいのだから、きっといつか手に入る日はくるだろう。
[PR]
by orebic5_kyon | 2011-01-25 17:44 | ひとりごと