山陰への旅

ホットカーペットを導入。
えびす講になるとコタツを出すと昔から聞くので、今年は暖かい日が続くなぁと思っていたけれど 結局いつも通りということか。お城まわりの紅葉も始まっている。

先週末は、兄夫妻が不在だったため、両親+姪っ子2人の5人で山陰へ旅行。
ずっと行きたかった、出雲の出西窯と 松江フォーゲルパークへ。

こういうメンツの場合、大人たちで子供の面倒をみる、のが妥当なのであろうが、元来の面倒見の悪さをいかんなく発揮し どう考えても両親+長女(私)+妹2人の並びなのであった。
世のお母さんは私欲を抑えてエライなぁと痛感しますです。

出西窯は、想像していたよりもこぢんまりとしていたけど、車じゃないと行けないような場所でしたし、ゆっくり見れて行けて良かった。欲しかった鉢などを吟味して購入。
その足で神在月で沸く 出雲大社へもお参りする。引いたおみくじが、あまりに良くなかったので少々凹む。本殿はまだ改修中でしたが楽しめました。
お昼は定番の出雲そば、夜は食べきれないほどのご馳走を堪能。

フォーゲルパークは植物園と小鳥の楽園でした。前々からずぅっと行きたかったので、姪っ子そっちのけで楽しむ。
特に感動したのはフクロウの飛行ショーで、温室内を飛ぶフクロウを間近で見ることができるのですが、始まりますよーと言った瞬間に、フクロウが自分の頭スレスレに飛んできたので 感動のあまりワナワナして涙が出てしまった(笑)。
お客さんの真上を飛ぶように訓練されているのか、羽根が頭をかすれるくらい 至近距離を飛んでくるのです。翼を広げるとフクロウはかなり大きく、まるで顔めがけて来るように感じるので、かなりコーフンしました。
ショーのあとは、フクロウを腕に乗っける体験コーナーもあり。もちろんしましたよ。普段の私ならフーンくらいであまりこういう事には参加しないのですが、しますとも!!と鼻息も荒く。アドレナリン出まくり。姪っ子も乗せてましたが、姪っ子フレームアウトでフクロウ接写!!!とかしてたので父親にどけや!と怒られました。

植物の方は、ベゴニアの栽培をメインに。お花の直径が20cmほどもある大きなベゴニアでとっても見事だった。祖父が生前、栽培したがっていたお花だったそうで(当時そのベゴニアはあまり出回ってなかった)母も感慨深かったよう。

お花とか小鳥が! は子供たちにとっては何種類も必要ではないらしく、途中で飽きてましたが ムリいってハヤブサショーまで見てしまった。道中いちばん暴君なのは長女でしたな。
また行きたい。

b0067547_1813921.jpgb0067547_182577.jpgb0067547_1822443.jpg
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-11-19 18:10 |