Fuji Rock Festival 2010 3日目(8/1)

さすがに3日目ともなると眠さが追っかけて、寝坊気味。それでも普段より数倍も素早い動きで朝の支度ができる。不思議だこと。遂に最終日を迎えたこの日は、とにかくクロージングのシザーシスターズに向けてペース配分じゃ。

OCEAN COLOUR SCENE(green)
えーっと、広島クアトロで見たのが何年前だったか?覚えてないのだけど、それ以来ぶりのオーシャン。クラドックさんは毎年見かけてる気がしますが。。。とにかく、サイモン・ファウラー(vo)が超好みなので前方ピットへ出かけるのでした。オリジナルメンバー3人とも、ガワはとりあえず維持してるのはすごいわ。クラドックさんの頭がちょっと危ういんですけど、あれ前からだったもん。若ハ○よね、きっと。とは言えサイモンの顔にも年季を感じるな・・など思っていたら さらっと始まった1曲目Riverboat song。続いてthe circleでグリーンの温度いきなり上がる。
やっぱりセカンド以降でバンドのカラーが決定した部分が大きいと思われる。個人的にはフェイバリットのyesterday・・・をライブで聞いてみたいとは思う。
The Day We Caught The Trainで男泣き風に合唱もあり。Hundred Mile High City なんかもした気がするが朝一のビールでただ気分良く、ふぁ~ となる。

ドノヴァン・フランケンレイターが気になりつつも、最後の日だしとアヴァロンのエスニックを食べに出かける。今日、ていうか今食べておかないと。。。ほろ酔い気分のまま、宿メンバーの可愛い娘たちとのんびり人間ウォッチング。


VAMPIRE WEEKEND(green)
グリーン後方の基地でのんびり見ていたが、辛抱たまらんくなり丘を駆け下りる。集客や話題性的にもっと後ろの時間帯でも良いのかもしれないが、昼下がりのグリーンによく合っていたように思う。
各国のフェスに出まくりの彼らからは、みなぎる自信、余裕すら感じる。もっともっと、広い場所でも似合いそう。。。A-punkやCousinsでワッと盛り上がるも個人的にこのタイプの曲はさほど好みじゃなく、その後のGiving Up The Gun でふがぐぐ!て思う。この曲や演らなかったThe Kids Don't Stand A Chance は、すごくいい曲だと思うんですけどどうですか(あまり盛り上がらなかった)。 全く関係ないが、キーマンぽい キーボードのルックスがものすごく嫌いなタイプだった。
ライブには賛否両論あったみたい。私はとても気持ちの良いアクトだったと思う。


FOALS(white)
チラ見。
この辺からシザー温存態勢に入ってそれどころじゃない。


BOOM BOOM SATELLITES(green)
私事ですが、つい先日 バンド名しりとりをしていてzoom zoom satellites と自信満々に間違え(マツダスタジアムかっての)大変恥ずかしい思いをしたんですけど、ライブは超格好良かったッス。。。知らないバンドを見るにあたり、大げさにあおられたりすると 温度差感じて興ざめ・・・て事になりがちだけど、脳に直接指令が来るようなライブで好感持てました。彼らや!!!のように、理屈抜きで楽しめるステージは フェスには必要な気がするなぁ。


広島県人会の基地にお酒が沢山あるというので呼ばれにいく。

ATOMOS FOR PEACE(green)
今年のフジ一番の目玉的なATOMS~。トムヨークのソロ作は気に入っていたし、どんなパフォーマンスなんだろ、と気になってはいたものの、県人会のお酒が美味しすぎ&楽しすぎて。。。
トムヨークがタオル地みたいなヘアバンドしてるの見て、ビヨン・ボルグみたいだね・・・と言うがボルグは誰にも通じませんでした。
フリーが真面目だったこと、おそろいのタンクトップ着てたこと、トムが予想に反してご機嫌さんだったこと。などなど。


そのまま、県人会の人たちとプチグルメツアーへ。
今年はまだ食べていなかったヘヴンのピザ、ラムチョップ、アヴァロンの黒酢唐揚げ丼などなど堪能する。いよいよいよ!ベルセバ!!のころになって急に雨が・・・・。


BELLE AND SEBASTIAN
ベルセバが始まるまで何人かで喋っていたのだけれど、ライブ前になって不思議とみな散り散りに。各々の思う場所で聞きたいのだ。
私はどうしてもフルで見たいシザーのため、若干引き上げやすい所で・・・と思い 中ほどで見ることに。
ベルセバには、それぞれの聞き方や思い入れや居場所やくっついている思い出なんかがあって、それはきっと自分だけのもので 何故だか解らないけど人と共有したいものとかじゃないような。そんな感覚を覚えます。

フジロックに来て、美味しいもん食べて飲んで音楽聞いて、気分が高揚していたこの3日。音楽が流れ出した途端、急にすっとその熱が引く。 フェスの盛り上がり感も好きだしそれがフジロックの醍醐味だと思う。でもやっぱりこういうのが好きだな好きだな好きだなーと思う。
ここ最近、私はライブの聞き方が変わってきていて、詳細を追うような見方をしなくなっているのだけど、それでも彼らの音楽は聞き逃したくないような 次の曲を楽しみに待つような、そんな気持ちが起きてくる。 
ベルセバの音楽はこつこつとシングルを集めたのと同じように、一つ一つ 静かに自分の中で流れていたのを実感しました。
スチュワートのみこし&半身ダイブで流れていったのはウケた。
ビートルズをワンフレーズずつメドレーで演奏した頃、シザーのために歩き出したのだけど、彼らの曲の中で一等好きな、「Get Me Away From Here, I'm Dying」をはじめたので思わず引き返して聞く。
アンコールを待たず、幸せな気持ちを抱えてグリーンに移動。


SCISSOR SISTERS(green)
はりきってモッシュピットに。
背景にはメイプルソープ撮影のおしりが。。。おしり激写!とかしてワクワクと待つ。
ライブは予想通り、新譜の1曲目「night work」の超カッコよいギターからはじまる。ジェイクが黒のレスリングシャツ(フレディマーキュリー風)を着てることにまずシビれる。「Laura」 「Tits on the Radio」 「Take your Mama」などファーストからの外せない名曲も演奏、新譜を盛り込みながらのセットリストは飽きさせず、雨の中アドレナリン大放出なのだった!
両サイドモニターが始終モノクロなのもクールだったし、客席をほとんど映さなかったのにも好感持てた。 
音がこもるのでフードをかぶらず、ポンチョの袖口からも雨が流れ込んでずぶ濡れになったけど、モッシュピットはみんな楽しそう。私もとっても楽しかった!
彼らに関してはとにかく派手にやって欲しい!!と思っていたので、ジェイク仁王立ち!やらアナと2人で千手観音、チラリズムなんかもあってショーアップされたステージングに大満足であった。楽曲を演奏し歌う、というスタイルとは別質のもので まるでミュージカルを一幕見たようだったよ!




■Bell and Sebastian■

I Didn't See It Coming
I'm A Cuckoo
Step Into My Office, Baby
Like Dylan In The Movies
I'm Not Living In The Real World
If You're Feeling Sinister
Sukie In The Graveyard
Funny Little Frog
The Boy With The Arab Strap
If You Find Yourself Caught In Love
Get Me Away From Here, I'm Dying
Sleep The Clock Around
(Encore)
Judy And The Dream Of Horses
Legal Mandeo

■scissor sisters■

01.Night Work
02.Laura
03.Any Which Way
04.She's My Man
05.Tits On The Radio
06.Running Out
07.Take Your Mama
08.Skin Tight
09.I Don't Feel Like Dancin'
10.Fire With Fire
11.Night Life
12.Comfortably Numb
13.Invisible Light
14.Filthy/Gorgeous
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-08-10 16:20 | 音楽