Fuji Rock Festival 2010 1日目(7/31)

2日目。この日はドラゴンドラからスタート。
天気もほどよく気持ちよい!あの滑降ポイントにしびれる。流れる山水の美しさとか緑の濃さとか澄んだ空気とか諸々、堪能。山の上には着ぐるみたちが待っていた。県人会の面々とも合流。さっきから目の前を行き来する異国の人たちはBSS。話かけろ、イヤお前が話しかけろや、と譲り合い 最終的にリサリサリサ、リサ連呼。

JOHN BUTLER TRIO(green)
この日、一番気持ちが良かった!ここまで素晴らしいとは予想してなかった。何で今まで聞いてなかったんだろ?前回のフジ出演でもベストアクトに挙げてる人が多いというのも頷けましたです。
12弦ギターが半端なくかっこいい。どや!みたいな押し付けがましさ一切なく、めっちゃ楽しそう。スライドギターやバンジョーを用いてアーシーな雰囲気出したり。グリーンの昼間で広々~、ってシチュエーションも合っていたのかなぁ。客席の端っこから、ウェーブ作るよ~!といって、会場みんなで大きなウェーブ。楽しかったなー。なんか、平和。醍醐味。


KULA SHAKER(green)
再結成後のアルバムを聞いていないので、知らない曲もあったものの、インド音楽を所どころでかませるのは昔と変わらずのクーラシェイカー。フジのアー写のクリスピアンに若干の老いを察知し、どないや?と前方で見てみるも、見事に少年体型を維持しているクリスピアンであった。灼熱のなか、ジャケットにストールなんか巻いたりして。 メリハリの利いた、いいステージングだったと思うがやはり、馴染みの薄い曲には反応いまひとつ。「Hey Dude」や「Hush」で大ブレイク!!というのは進行形のミュージシャンとしては複雑じゃないのかな。個人的には雨上がりに「shower your love」が聞きたかったが今回はなし。


THIRD EYE BLIND(white)
見るとはなしに見る風で、ホワイトに移動。結構な集客である。
この日は 雨がパラついては止み、日照り、の繰り返しであった。少々グロッキー気味のところ ライブ中盤で「Semi-Charmed Life 」 おぉぉと思うが元気出ず。ゆれる会場を横目に、女性専用トイレットで涼む。


JAMIE CULLUM(green)
とにかくよく動き回る彼であった。
ピアノを弾いてたかと思えばステージ端まで走ってみたり。ピアノによじ登って飛んでみたり。よくもまぁ、こんなに動いて歌えるなーと感心してしまいました。あおり上手、元気いっぱいのジェイミー君。。。君、と言ってしまうのは反則的に可愛らしい彼のルックスからなのですが、数年前にサントラ等でブレイクした時、方々でジェイミー君良い。の声は聞いていたのです。でも フーンそぅお?くらいにしか思っていなかった。実際この日のライブを見るまでは。 これでヘタッピだったら、あっそ。で済んでたかもしれないが、巧かった。要所でジャズスタンダード的な曲なんかを聞かせつつ、レディヘの「high and dry」カバーなど歌いつつ。
個人的には 走って煽って歌いだす瞬間、ズボンの後ろポッケからマイクを取り出して歌い始めたところにキュンとしましたです。


振り返るとこの日は グリーンとホワイトのみ。
ジョン・フォガティを見るためのピータ・バラカン氏発見。ハンサム。
今日はもうグリーンには戻らないだろうと 椅子を持ってホワイトに移動。そのままクロマニヨンズもフルで見る。ベビーカー&子供連れ多し。世代的にそうなんだろう。こうやって時の流れとともに楽しみ方も変化していくのだなぁと よそ様を見て思ふ。


ONE DAY AS A LION(white)
楽しみにしていたのは、マーズヴォルタが格好良かったから。
しかし、始まってみればレイジでした。。。。ってヴォーカルがそうなんだからそうか。雨がひどくなってきてつらかったけど、入場規制がかかり始めたというので 移動せず攻撃的なワンデイを聞きつつこのままMGMT待つ。
かなり、ぼーーーーっとしてくる。


MGMT(white)
引き続きホワイトは入場規制。
会場の半ばから後ろにかけての位置で見ていたのだけど、やっぱり「kids」は聞きたいよね、と踏んばる人々も多かったんじゃないだろか。。。この曲を待ってる雰囲気あったもん。先に発売されたセカンドは、ギターポップというかある種のヘボさ(良い意味で)を感じるような楽曲だったし、ファーストの世界観を期待してる人には少々退屈だったのでは、と正直思いました。MCで 『テレビジョンパーソナリティーズってバンドのね、ダン・トレイシーて人がいてね、それで作った曲です』 的なことをポツポツ言ってて、おぉう!と思うが 後方反応いまみっつ・・・。テレパソっつってもね・・・仕方ねっか。と淋しく思ふ。「time to pretend」でやはり盛り上がる。この辺から帰りはじめるひとたちが・・・。「kids」もやっと!て感じで聞けました。

もう、オレンジのエゴラッピンまで行く気力なし。。。。。
どうせ規制かかってるだろうし、と宿へ。

宿チームのおしゃべりに加わり、楽しい夜が過ごせました。
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-08-06 17:48 | 音楽