なんとなく

会社の人たちと飲んで、酔い覚ましがてら歩いて帰る。
お城の横の遊歩道は好きだ。昨夜は月もきれいに出ていて気持ちが良かった。

道路沿いの木やオレンジの街灯を見ながらふと、以前に住んだ街の夜など思い出してみる。もう、1人でふらりと出掛けてその街に住むなんてことは出来ないような気もする。身軽でない今のことを私はとても気に入っている。けれど、常にニュートラルでいようと思っていたのをいつの間にか忘れてしまって、凝り固まったり、融通が利かなくなっていたりしている気がする。昨夜はなんだかひどく疲れてしまった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2010-04-28 18:43 | ひとりごと