シュトーレン会 vol.3

『シュトーレン会』、友人宅にて。

クリスマス時期の菓子 "シュトーレン"、本場(ドイツ)ではひと月以上かけてちびちび、じっくり食すのだそうだが、それを楽しむべく お店はそれぞれで甘さや触感、入っている具(っていうの?)に個性を出していて面白い。

1本まるごと贅沢食べ・・・もいいけれど、色んな味が食べてみたいじゃーん、という友人たちが集い 数種類のシュトーレンが一同に集うという、素晴らしき食の会なのだった。今年で3度目。

シュトーレンを切り分ける前にパンに合うおかず数種とワイン。お気に入りのパン屋の話やらコーヒー、近況など かしましく喋ったのち、シュトを切り分けて、利き酒ならぬ、利きシュトーレンをする。
ああだこうだ、品評しながら食べるシュトーレン美味しかったなぁ。
数人いるとやはり、味の好みも分かれるもので やっぱり持ち寄って良かったね~と思う。私は菓子らしく甘めでジットリしたシュトーレンが好み。

今年集まったシュト(ドリアン/ブリオ/フロインドリーブ/フェルダーシェフ/ポワブリエール/マダムピンク/ハチパネトーネ/ハチブラウニー)
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-12-03 15:36 | 日々