どうしてもおきれない

朝起きたら9時15分であった。(会社は9時から)

充電器が紛失先からまだ届いてないので 携帯の電源が落ちていたのだ。
アラームは鳴り響かず。

んで、はぅっ!て思い、会社に、会社に電話せねば!・・・ででででんわ電話ない!!!てなったのね。んで、無駄に部屋の中をうろうろし、公衆でんわ!思いつく。この辺あったっけ?イヤそれより兎に角行ったほうが!と思い、もぉぉぉーーー(自分が悪い)てなりつつバインと家を飛び出す。もちろん100%起き抜け。道行く人に ケータイ貸してくれ、と何度頼もうと思ったか。確実に怪しまれるのでやめた。
会社に着くと、しらーーーっとした空気。とは言えこのご時世、殺されてんじゃね?とか孤独死してんじゃね?とかうっすら思われてたのか、まぁ、単純に仕事に困るつー事で何度かいろんな人が電話をしたらしい。が、電源切れてる!どーなっとんや!ゆーことで親にまで連絡入る始末。情けなし。一体いくつだ、私は。
ここまできたら、さすがにシャレになりませんわね。

自己管理。
猛省。
あきれるのです。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-11-30 18:29 | ひとりごと