読書

ほとんど本を読まない。

なので、難しい本を読んでる人とか、鞄に本を忍ばせてる人とかみると、格好良い、と思う。
子供の頃は勉強するより本を読むようにと言われていて、読むと褒められるのが嬉しく よく読んでいたのだが、所詮 子供の読む本だから ○○のひみつ とか伝記とか、そういうのばかりであった。しかし今考えると、その頃に読んだ本の知識が 今読む小説よりもよっぽど役に立っている気がする(だけ)。
それにしても長文が読めない。この根気のなさはなんなのか。だから書きものに流れがないのか。

学生の頃、『ノルウェーの森』に挑戦したところ、まったくの始まり付近で挫折してしまう。それで春樹世界の住人になれずに今日に至る。友人の中には春樹ワールドが好きな人が結構いて、面白いよと言われるし 読めたらきっと、いいんだろうな~なんていつも思う。
映画の原作は、比較的読むのが好きなので、映画『ノルウェーの森』が公開される前に もう一度挑戦してみようか。。。

来週末、古本市が開かれるとか。
本好きさんには朗報。憧れ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

来週にはもう11月が始まる。2009年が終わっちゃう。
「ずくし」をハハにメールで聞いてみるが見事にシカトされた。
そんなハハの現在の趣味は山登り。今日も泊まりでどこかの山に出かけているらしい。行きたい所/見たいものに関して、ただ「行きたいのです」という衝動と行動にDNAを感じる今日この頃。
私もずっと、ただ聞きたい/見たいという衝動で どこかに出かけてゆける気がします。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-10-30 16:28 | ひとりごと