なまえとは

付いている名前というのは、私にとって 頭の中で識別する記号みたいなもので、さほど重要ではなかったりする。頭ではちゃーんと、○○さんって判ってるのに 口が、口が勝手に××さん・・て勝手に言ってしまうのだ。
まぁ誰にでもある感覚だとは思うが。
ものを識別する回路と、名前を記憶してる回路の行き来がうまくいってないのかと真剣に思う。
こないだ、何年も毎日一緒に仕事をしてる隣の席の課長に、「総務さん」て呼びかけてしまった。
だって総務だもの。間違いではない。
なんか、頭の中で 総務課っていう文字が点滅した気はする。そのとき。
心の中の呼び名がつい口に出てしまうとか、そういうのもたまにありますが。

付き合いが長いと 「ほらあの人いるじゃん、あのあれ」って脈絡なく始まった固有名詞が逆に、ぴーんとカン良く判ったりするもので、不思議。
右とか左なんかも今後は指差しであっち/こっちにして欲しいものです。



全く話は違うのですが、携帯の充電器を紛失してしまい、10日ほど前に注文していたのです。1週間くらいでアダプターが届くっていうので、ずぅーっと待ってたんだけど、一向に来る気配なく。 さすがに何度目かのバッテリーの危機を向かえ、ショップに電話してみたのです。
そしたら1週間も前に入荷してました。
え・・・電話してよ、と思ったが、日曜日に連絡したと言う。会社に。繋がらなかったので~とのこと。
放置すんなや。
ショップに3度も充電しに行ったじゃん。。。これぞ無駄足。
ショップに行ったら困ってたんです、くらいは言おうとか思っていたが 結局そういうのも苦手で受け取りだけクールに済ます。
こうやって、いつも言葉を飲み込む。
小心者よの。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-10-06 16:25 | ひとりごと