おんぱく!

22日は京都音楽博覧会へ。

ふちがみとふなと/Ben Kweller/矢野顕子/BO GUMBO3/奥田民生/石川さゆり(!)/くるり を見る。

ベン君見たさに行った音博であるが、やはり圧巻は石川さゆりさん!
登場とともに、「津軽海峡冬景色」だもの。
イントロだけで会場がどよめく。鳥肌。曲間のお話(いわゆるMC)なんて、普段見てるライブとは全く別質のもので面白かったなぁ。聞いたことない楽器(つづみとか)にも素直に感動。跳ねるさゆりさんが可愛いく、おぉ!と会場が一体となった瞬間もあって。だてに場数は踏んでないとゆーことでしょうか。
誰もが幼少の頃から見聞きして、知らず知らずの内に身についてることってあるもので、曲のいい所で みんながちゃんと好い拍手をする。好い合いの手を入れられる!この感覚に私はとても感動してしまったのでした。

肝心のベン君は1曲目にwalk on me だったです!くっすん。
聞きたかったsundress/ penny on the train truck も演ってて嬉しかったなぁ。ど・カントリーの新譜からのFightが一番盛り上がっていたような。そういうもん?
サポートにスライドギターを入れての演奏。間近でスライドギターなんて初めて見たんだけど、昼間の演奏でカントリー。。。おそらく周りはくるり目当ての人ばかりだったというのか何ていうか、一種シュールな感じすらしました。まぁ私は大いに楽しめたので満足。いいセットリスト。会場の温度が整ってゆく感じがしました。

奥田民生さんのセットでは岸田さんが入っての『息子』、岸田さんがハモりを!!そして 今カープが負けてるんですよ、とか言う話を盛り込みつつの 『ばらの花』 が、とてもとても素晴らしかった・・・。良かったなぁ、ほんとうに。勝て勝てカープやら宮島さんを歌ってくれても逆に面白かったのに。


さすがのくるりは盛り上がって、公園は人でいっぱい。嬉しそうな表情の岸田さんが印象に残る。サポートで入っているピアノが美しい。こういうの、いい。
『さよならリグレット』 『魂のゆくえ』 『三日月』、こんなに響く曲だったか。

シゲ+マサ+さゆりの新ユニットでもコラボ曲をやったり。
時々聞こえる汽笛が笑いを誘って、始終なごやかなムードで一日終わる。本当にいいフェスだったなぁと思う。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-09-28 15:30 | 音楽