ディープ京都

5連休中は隣家/京都。

21日、バスで京都入り。この日が最終のイイダ傘店の展示を見に恵文社へ。
春に日傘、秋に雨傘の受注会があって、いつか欲しいと思っている。実際に見てからじゃないとと思っていたので ちょうどいい機会で良かった。
布地や留め具や骨の部品を選んでセミオーダーできるようになっており、素材がとっても可愛くときめく!けれど、やはり想像通りの高値と、今シーズンの柄がイメージじゃなかったので断念す。傘貯金しなければ・・・。
他、やはり見たかったマメロンのアクセなどなども物色。

翌22日は京都音楽博覧会へ!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌々23日は京都めぐる。
普段 駆け足でショッピングばかりなので、今回はお寺を重点的に。
偽妹Mが会いたがってる千本釈迦堂のおかめ像も見る。ここのお寺は京都で現存する最古のお寺だそうで、仏像もちゃんとしたのがあったのに、ただ置いてあるだけな感じが否めずもったいない・・・。

東寺、三十三間堂、広隆寺などをまわる。
特に良かったのは東寺の講堂。朝一番のニュートラルな気持ちで見たのも良かったのかな。まさかそこにあると思わずに講堂に入ったら、メインの仏像さまがいて圧倒されました。
静か過ぎて、ミーーンて音が聞こえてくる(私だけ?)。
広隆寺の弥勒菩薩像。これも静かな佇まいでよかった。後ろにいる、腕が突き出した仏像さまも存在感ある。
穏やかな顔の仏像さまもいいけれど、個人的には くわっとした顔の像とか腕や腰に動きのある像が好きだなぁ。
同じ像を見てても不思議と飽きないもので楽しかった。
次にまた京都に行っても、東寺には必ず行きたい。


京都は方向が解りやすいはずなのに、なぜにそんなにストレンジャー。。。絶対に何が何でも辿り着く!っていう意思が弱いのかなぁ。人生全般的に。
しかししかし直近の迷いは、とっくに脱け出てた、実感。さらに跳ね返せるくらいの感じだ。
夏から、ライブにひとつ行く度ごとに 何かが落ちてゆく。よかった。
ありがとうありがとう。
コーヒーもおいしかった。いい京都だった。
[PR]
by orebic5_kyon | 2009-09-27 17:35 |